相性のいい組み合わせは?血液型別の相性ランキング♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

友達や恋人など、血液型の相性が気になる人も多いはずです。今回は、血液型による性格の解説や相性ランキングまで、徹底的に調べてみました!気になる人やパートナー、周りの友達との相性について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

血液型別占い・相性

血液型だけで相性を決めるなんて!と思う人も世の中にはいるとは思いますが、日本人の大半は血液型で相性を占うことが多いのではないでしょうか。また、血液型占いに絶対的な確証があるとは言えませんが、それでも実際に分析される性格や相性などは、割と当てはまっていることも多く、驚かされることが多々あるのも事実です。

血液型の相性を気にするしないは人にもよりますが、自分が気になる人や仲の良い・悪い人がいる場合には、つい相性を調べたくなってしまう人もいるはずです。今回はそんな血液型の相性を知りたい人のために、それぞれの血液型の性格から恋愛の相性・友達としての相性を調べてみました。

A型

A型の特徴

A型は日本の人口の約38%を占めていると言われており、基本的には真面目で几帳面であることが特徴であると言われています。責任感が強く、任された仕事などはきっちりこなす人が多いので、上司や目上の人から気に入られたり信頼をされる人が多いようです。

その反面、仕事や人間関係でトラブルが起きた場合には、精神的に参ってしまう人も多く、神経質な一面があるのも特徴です。自分にも他人にも厳しいため、自己の考え方やものさしで人を測ってしまう傾向があるので、人は人・自分は自分と割り切って考えるようにすることが大切です。

また、物事の道筋が通らないことを嫌い、何事においても自分の考えや理論を持っているため、リーダーなどのまとめ役に向いています。

慎重な性格であるため、恋愛は受け身であることが多いようです。相手に脈があるかどうかをきちんと見極めてからでないと行動を起こさないため、告白するタイミングを失ってしまうことも多々あると言われています。

そのため、控えめな性格で自分を表現することが下手である人も多く、誤解を招きやすいタイプでもあります。堅実で努力家な人が多いので、大器晩成型の血液型であると言えるでしょう。

A型の長所

・真面目・誠実・気配りができる・協調性が高い・責任感がある・一つのことに打ち込める・金銭感覚がシビア

A型の短所

・神経質・周囲を気にしすぎる・頑固・恋愛に消極的・誤解されやすい・人に考えを押し付ける

A型の適職

A型の人に向いている職業は、以下のようなものがあります。
・医療関係・弁護士・小説家・教師・調理師・管理職など

A型の健康

A型はその性格からストレスを溜めやすいため、癌になりやすい傾向があるので、気を付けるようにしてください。また、心臓病や動脈硬化にもなりやすいので、注意が必要です。

B型

B型の特徴

B型は日本の人口の約22%を占めていると言われており、よくも悪くもマイペースであることが最大の特徴です。好奇心が強く、自分がこれだ!と思ったものには、驚異的な集中力を発揮します。しかし、興味がないことに関しては全くの無関心になるため、それが仕事である場合には、作業が進まなかったりミスを何度もするなどの悪影響を与えてしまうことがあるようです。

対人面では周りをあまり気にしないため、誰とでもすぐに打ち解けることができます。しかし、周りを気にしない性格であるため、人によってはデリカシーがないと思われてしまうことも多く、気づいた時には嫌われている場合もあるので、他人とは適度な距離感を持つことが大切です。

また、集団よりも個人で動く仕事の方が才能を発揮できるため、自分の目標を持って突き進むことが幸せの鍵であると言えるでしょう。恋愛でも気になる人がいれば、積極的に行動をするタイプなので、とてもわかりやすい性格です。話し上手で明朗な人が多く、話題も豊富でユーモラスなところもあるため、とても魅力的であり、異性からは人気が高い人が多いようです。

B型の長所

・好奇心旺盛・独創的・社交的・恋愛に積極的・話し上手・面白い・マイペース

B型の短所

・好き嫌いが激しい・衝動的・自己中心的・ナルシスト・浪費家・ギャンブル好き

B型の適職

B型の人に向いている職業は、以下のようなものがあります。
・経営者・接客業・水商売・運動選手・芸能人・営業など

B型の健康

B型の人は、感染症に弱い傾向があるので、注意が必要です。肺炎や気管支炎にもなりやすいので、日頃から衛生面などには気を付ける必要があります。

O型

O型の特徴

O型は日本の人口の約31%を占めていると言われており、おおらかでバイタリティがあるのが特徴であると言われています。明るく適応力が抜群に良いので、どんな職場や環境でもすぐに自然と馴染むことができます。聞き上手というよりも話し上手である人が多く、一緒にいるといろいろな話題を提供してくれるので、とても楽しめる存在です。

自信家で負けず嫌いな人も多く、自分の目標を持てばそれに向かって前進しようと努力を惜しみません。また、親分肌でもあり、人間関係を大切にする傾向が高く他人の気持ちを優先するため、自分自身が犠牲になっても人のために尽くすことを惜しまないといった一面もあります。

恋愛には基本的にストレートで、気持ちを隠すことが苦手で態度にでてしまうため、恋をするとすぐにわかってしまう人が多いようです。

純粋で夢や理想を追い求めるロマンチストでもある反面、嫉妬深く独占欲も強いので、すぐに不機嫌になってしまう傾向があり、パートナーにはうんざりされてしまうことも多いようです。基本的に楽天家な性格であるため、人生に何か目標を持つと芯のある人生を送れるようになるでしょう。

O型の長所

・行動力がある・裏表がない・おおらか・誰とでもうまく付き合える・情熱家・負けず嫌い

O型の短所

・大雑把・自信家・金遣いがダイナミック・目立ちたがり・恋に奥手

O型の適職

O型の人に向いている職業は、以下のようなものがあります。
・画家・音楽家・美容関係・経営者・建築家・デザイナーなど

O型の健康

O型の人は免疫力が一番強いため、風邪などは引きにくいと言われています。ただし、胃腸が弱いため胃潰瘍や十二指腸潰瘍などになりやすいため、注意が必要です。

AB型

AB型の特徴

AB型は日本の人口の約9%を占めていると言われており、クールで知的な印象が特徴であると言われています。二面性を持ち、あらゆる面で物事を器用にこなせるのも特徴の一つであると言われています。本能的に損得勘定で物事を判断する傾向があるため、冷淡に見られがちですが、実際には思いやりが深く優しい一面も持っていると言われています。

対人面では社交的である一方、責任を持つのを嫌がるため、周りに合わせた会話はするものの、自分の本心や感情などを表に出すことは少ないようです。そのため、何を考えているのかわからないと相手に思われてしまうこともあるので、注意が必要です。また、なるがまま・流されるまま自然体で人生を歩んでいくスタイルも特徴であるようです。

多趣味な人も多く、いろいろなものに興味を持ち、才知に富んでいることも特徴です。純粋な面もありますが、ものごとに固執するタイプであるとも言われています。また、AB型の女性は奉仕することにより喜びを感じる人が多いので、尽くすことができるパートナーを見つけると幸せな人生が送れるでしょう。

AB型の長所

・感受性が強い・クール・独創的・目標が高い・おしゃれでセンスが良い

AB型の短所

・面倒なことが嫌い・打算的・理想が高く妄想癖がある・他人と距離を置く・凝りだすと出費がかさむ

AB型の適職

AB型の人に向いている職業は、以下のようなものがあります。
・教師・保育士・美容関係・イラストレーター・写真家・デザイナーなど

AB型の健康

AB型の人は、免疫力が一番弱いため、インフルエンザや感染症などには注意が必要です。また、心臓病にもなりやすいので、気を付けるようにしてください。

ベスト相性ランキング・恋愛編

1位 O型男性×A型女性

O型男性は人間味が豊かで親しみやすく、明るくて性格に裏表がないため、愛情表現もストレートです。そんなO型男性の好みは、包容力があり性格が控えめな女性であるため、A型女性の恋愛に対して真面目で控えめなところがまさにぴったりな相性なのです!

A型女性も、おおらかな男性が好みで、好きになった男性にはとことん尽くすため、O型の男性が理想の相手であると言えるでしょう。そのため、この組み合わせはお互いの好みが一致しており、とても相性の良いカップルになる可能性が高いでしょう。

O型男性の男らしく包容力がありおおらかな部分が、A型女性にとってはとても安らげる存在であり、A型女性の細やかな気遣いや控えめなところが、B型男性にとってはつい守りたくなってしまうような女性であるため、お互いに惹かれ合います。

また、O型男性は自分を立ててくれる女性が好きなため、A型女性のかいがいしく接してくれる部分を心から大切に思うことができ、自分らしさを存分に発揮することができます。そして、O型男性はこのようなA型女性を命がけで守りたいと思うようになり、その絆が二人の関係をいっそう強いものにすることができます。

2位 A型男性×O型女性

A型男性が、細かいところまで目が行き届き、とてもマメな性格である一方、O型女性は細かいところをあまり気にせずおおらかな性格のため、A型男性の細かい性格も気になりません。むしろ、自分の気づかない部分にまで気づいてくれると感じるために、A型男性の真面目な部分はO型女性にとっては、とても魅力的に映ります。

ただし、ポジティブな細かさや丁寧さはとてもよく好感を持たれますが、ネガティブなこだわりはO型女性にとっては面倒くさいものになってしまうので注意が必要です。また、O型女性は自分をストレートに出せるはっきりとした男性を好む傾向にありますが、A型男性の自分をうまく出せない性格も世話好きな性格から、かわいいと思ってしまうようです。

そのため、A型男性は無理をして主導権を握ろうとせず、O型女性の世話好きにうまく合わせた方が良いでしょう。母性本能が強く、好きな相手にはとことん尽くしたいO型女性は、世話を焼くことで喜びを感じるからです。

その反面、O型女性は甘えたがりな面もあるので、そのような時にはA型男性の丁寧な優しさがとても効果を発揮します。基本的には逆な性格ではあるものの、お互いがうまく噛み合う関係なので、ポイントさえ気を付ければとても良い相性であると言えるでしょう。

3位 A型男性×A型女性

A型男性は、自分を表現することは苦手であるものの、細かいところまで気づくため、女性に対してはとても優しく接することができます。A型女性も同じく奥手であり、自己表現が苦手ではありますが、堅実で気配りがうまいため、A型男性から見るととても控えめで可愛らしく、魅力的に感じます。

A型で似た者同士ではあるものの、この組み合わせはお互いが控えめかつ相手のために配慮し合えるカップルであるため、無難な相性であると言えるでしょう。ただし、お互いが控えめであるため、長くなるとマンネリ化し、付き合いがつまらないものとなってしまうおそれがあります。そのため、悪くもなければ際立って良い相性であるとも言えない部分があります。

マンネリ化を防ぐためにも、なるべく誕生日やイベントごとを多く行うようにすると良いでしょう。また、お互いに細かいところを気にする性格であるため、喧嘩をすると長引く傾向があり、それが原因となって破滅してしまうおそれもあるので、A型男性は喧嘩を長引かせないように注意する必要があります。

さらに、A型女性は軽い恋愛を嫌う傾向があるため、もし浮気などがバレた場合には、必ず復習するという執念深い面があるので、何をされるかわからないということを覚えておいた方が良いでしょう。しかし、普段はお互いの気持ちをお互いが理解できるため、ストレスなく穏やかに過ごせる相手です。

ワースト相性ランキング・恋愛編

1位 男性AB型×女性O型

AB型男性は、自分の時間と恋愛の時間をはっきりと分けるため、恋愛をするまでに少し時間がかかる人が多いのに対し、O型女性は細かいことを気にせず大らかな性格である人が多く、恋愛感情の表現がストレートであるため、AB型男性にとってはとても苦手なタイプであると言って良いでしょう。

O型女性はAB型男性のプライベートな時間までも関係になく立ち入ってしまうため、たとえ善意で行っていることであったとしても、AB型男性にはその一つ一つがストレスとなってしまうようです。O型女性はもともと世話好きな性格でもあるため、AB型男性が何かをしようとするたびに関わってこようとするため、とても煩わしく思ってしまう傾向があるようです。

すべての相性の中でも一番相性が良くないと言われており、この二人が恋愛を進める場合には、かなりの努力が必要となるでしょう。このようなことから、O型女性はAB型男性のプライベートな時間を尊重し、AB型男性はある程度思い切った割り切り方をしないと、お互いにうまく付き合うことは難しいかもしれません。

2位 B型男性×AB型女性

B型男性は異性に抵抗なく接することができ、ある意味男らしく自分のペースで進められる恋愛を好みます。それに対し、AB型女性は恋に奥手であまり積極的ではありませんが、理想が高く大人の男性を好む傾向があります。

通常であれば、B型男性のマイペースな部分が女性からは自己中心的であると見られてしまいがちですが、AB型女性からはとても男らしく見えることが多いようです。一方、AB型女性はあまり自分の気持ちを表に出さず、物事をクールにこなしていくので、B型男性にとっては細かいことをあまり言わず、冷静かつ知的な女性に見えるようです。

ワースト相性とは言われてはいるものの、意外と恋愛の好みはお互い合っている部分があるため、うまくいく場合にはとても自然に過ごせる相性であると言って良いでしょう。お互いに自分のペースを乱されることや、自分の領域に入られることを嫌うため、お互いに自由人であるということを理解し合えていれば問題なく過ごすことができます。

B型男性にとってはAB型女性はつい守りたくなってしまう存在であり、AB型女性にとってB型男性は、引っ張っていってくれる頼り甲斐のある男性であり、双方の距離感がうまく合えば、良い相性となる場合もあるでしょう。

3位 AB型男性×B型女性

クールで冷静なAB型男性は、気まぐれで型破りなB型女性の性格について行けない時もあり、B型女性もAB型男性の冷静さが冷たいと感じてしまうことがあるようです。

一番のロマンチストでもあるB型女性は、感情表現が苦手なAB型男性に不満を感じてしまうことがある一方、個性的な人に惹かれやすい部分もあるため、AB型の一風変わった雰囲気に魅力を感じることもあるようです。

ただし、自由に行動したいB型女性は、気分次第で言うことが変わるAB型男性に振り回されることが苦痛となってしまうこともあるので注意が必要です。また、ロマンチックでドラマチックな恋愛を好むB型女性にとっては、冷静な恋愛をするAB型男性に物足りなさを感じてしまうこともあるようです。そのため、AB型男性が関係をリーソすると良い関係になるでしょう。

気分屋なAB型男性と、気ままに行動したいB型女性は、お互いに縛られたくない者同士です。一見クールな恋愛をするように見えるAB型とドラマチックな恋愛を求めるB型は、かみ合わないように見えますが、お互いに理解し合い信頼を育てあげることができれば、意外とうまくまとまる場合もあるようです。

ベスト相性ランキング・友達編

1位 B型×AB型

同性のB型の人とAB型の人は、非常に良い相性であると言われています。男性同士であるか女性同士であるかで多少は異なるものの、同性同士の場合にはいろいろな面で意見や息があうため、とても良いコンビになることができるでしょう。

マイペースで行動的な自由人のB型の人を、AB型の人が欠点を補ってくれることから、仕事のパートナーとしても適していると言われています。必要以上につかず離れずを自然と実行することができる組み合わせでもあります。

B型特有の暴走してしまう部分を、AB型が冷静な一言で場を収めることができ、B型もそれに対して全く根に持つことがないので、まさにベストパートナーと言えるでしょう。また、AB型特有の人とは一線を置いてしまう部分も、B型と一緒にいれば自然と輪に馴染むことができます。

2位 A型×A型

一緒にいて最も信頼できる関係になれるのが、A型同士の同性です。信頼するためには、長い年月が必要であるため、大体の場合は幼馴染みなどであることが多いようです。幼い頃からなんとなく気が合って、そのままずっと一緒にいるという人が多いようで、昔からの親友といった関係の人に多い組み合わせです。

お互いに似た性格であるため、細かいところも気遣うことができ、お互いの気持ちも分かり合うことができるので、いつまでもこの関係を保つことができます。

ただし、A型同士で信頼関係を築き上げてしまうと、他の血液型の人を「わかっていない、常識がない」などと感じてしまい、自分たちの輪に入れようとしない傾向があります。また、逆に自分たちが周りから孤立してしまうという場合もあるので、他の人とのバランスにも気を使う必要があります。

3位 AB型×AB型

AB型は自分の感情を表に出すことがあまりなく、考え方も変わっている人が多いため、なかなか他の血液型の人に理解してもらえないことが多いようです。さらには、二面性も持っているため、突発的な行動や変な言動で相手から不審に思われてしまうこともあるようです。

このような性格であるため、自分たちの考えを理解できるのは同じAB型の人しかいないため、必然的にAB型同士が仲良くなることが多いようです。しかも、日本ではAB型は約10%程度しかいないと言われており、AB型同士が出会うのも稀であるため、出会ったときにお互いを分かり合えた感動はとても大きなものがあるのでしょう。

そのため、一度仲良くなれば、その関係は長く続くと言われています。ただし、自分たちだけの時間や空間を作りすぎて、他から孤立しないように注意する必要があります。ただでさえ、他者からなかなか理解されにくい部分があるため、自らさらに壁を作らないように気を付けるようにしましょう。

ワースト相性ランキング・友達編

1位 O型×AB型

同性の血液型の相性で、最も良くないと言われているのがAB型とO型です。プライベートや仕事・生活全般を他人にあまり干渉されたくないAB型の人にとって、なんでも白黒はっきりさせたいO型の人は性格的にも全く合わないことが多く、お互いを分かり合うことができないため、一定の距離を置いてしまうことが多いと言われています。

AB型からしてみれば、なんでもズケズケと勝手に人のプライベートゾーンに入ってくるO型の気持ちが理解できず、意思表示も常にはっきりしているO型からはAB型の何を考えているのかわからない部分が全く理解できないというところでしょう。

AB型は相手の考えがわからなくても特に気にすることはありませんが、O型は相手を理解したいと思う気持ちが強いため、AB型を理解しようと観察しますが、わかろうとすればするほどわからなくなってしまい、よりAB型との距離が離れてしまうという事態に陥ってしまいます。

しかし、何かのきっかけできちんとお互いの思いを話すことができれば、O型はAB型の頭の良さなどを羨ましく思い、AB型はO型の裏表のない性格に信頼を寄せることができ、歩み寄ることができる場合もあります。そのためには、まずはお互いにじっくりと話し合える仲になることが必要です。

AB型は基本的にじっくりと情を深めていきたい人であり、O型は友情を作ってより深めていきたいタイプであるため、スローテンポのAB型にO型が合わせるか、先に結論を求めるO型にAB型が合わせるかのどちらかの我慢で努力が必要な関係であると言えるでしょう。この場合、O型がAB型のテンポに合わせた方がうまくいく傾向が高いと言われています。

2位 O型×O型

性格は頑固ですが、他人を立てることが多く、八方美人であることも特徴であるO型は、実際には自分自身のような八方美人の人を嫌う傾向があるため、O型同士の相性はあまり良くないと言われています。

ただし、考え方が合う場合には最高のパートナーとなり、一緒に仕事などをこなしていける仲間になることもありますが、考え方が合わない場合には逆に敵対視をしてしまうこともあると言われています。

普段はぼーっとしているように見えるO型ですが、意外と自分を譲らない頑固な面が強いため、O型同士の場合にはその部分がお互いに強烈に出てしまい、敵か味方かの両極端になってしまう傾向が高いようです。

敵となってしまった場合には、お互いが派閥などを作り、全面戦争になってしまうこともあるようです。しかし、逆に仲間となった場合には、考え方だけでなく理想や将来像までもが同じ相手であるため、他のどの血液型との組み合わせよりも相手を強く信頼します。

このようなO型同士の場合にうまくいく秘訣は、お互いに隠し事をしないことがポイントになります。O型は八方美人と言われていますが、裏を返せば相手をよく観察しているということでもあり、どんな時でも良くも悪くも本音を出したいと思っています。

そのため、相手のことをよく知りたいと考えているので、駆け引きなどをせずお互いにストレートに感情を表すような付き合いができれば、この組み合わせでもうまくいくでしょう。変に相手を疑ったり探ったりせず、何かあればストレートに聞くようにしましょう。そのままのO型らしい自分でいることが、最も気心を知ることができる、わかりやすい仲間となれるからです。

3位 A型×AB型

AB型の人は、露骨なアプローチを嫌う傾向があり、A型の人も内向的で控えめな人が多いため、お互いに不愉快になることはない関係です。しかし、どちらも自分をアピールすることが得意ではないため、自分の意見を言えず、仲良くなるまでに時間がかかることが多いようです。

特にAB型は自分からアピールをしなくてはいけない場面であるとわかっていても、あえてアピールをしない人もいるため、A型から積極的にアピールをしなければ、なかなか仲良くなるチャンスはないと言えるでしょう。そのため、不愉快な気分にはなりませんが、お互いにどちらかが努力をしなければ仲良くなる可能性も低い関係であると言えるでしょう。

露骨なアピールを嫌う二人であるため、間に誰かを介した付き合いかたから始めるのがベストであると言えます。信頼できる友達を間に挟み、徐々に仲を深めていくのがおすすめです。はじめのうちは仲良くなるのもスローペースですが、仲良くなってしまえば一気に意気投合することもあるようです。

お互いの気持ちを察することができるため、何も言わずとも理解できるような関係になることができるでしょう。一緒に居て会話がなくても、居心地の良い状態を作ることができます。

ただし、A型は会話がなくても元々が話し上手でないというだけであって、本当は会話をしたいと思っている時もあるので、そのような状況を敏感なAB型が察知して話をうまく引き出してあげることも必要です。普段は言葉が少なくても成り立ちますが、時としてきちんとお互いにはっきりとした意思表示をすることも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。血液型別の性格から、恋愛や友達としての相性などを詳しくご紹介してきました。それぞれの血液型によって、性格から相性もさまざまに異なることがわかりました。

A型の人は真面目で責任感が強く、信頼される性格ではありますが、精神的にストレスを溜め込みやすいので、ストレスに気付いた時にはうまく解消するように心がけることが大切です。B型の人はマイペースであり、好奇心旺盛で自分が興味を持ったことに対しては、驚くほどの集中力や才能を発揮します。

ただし、マイペースさが自己中心的であるように映ってしまうこともあるため、周囲にはある程度の気遣いも必要です。O型の人はとてもおおらかでバイタリティがあり、どんな環境でも自然と馴染める素晴らしい才能を持っています。

しかし、自信過剰であったり独占欲が強い部分もあるため、他人のプライベートな部分まで関わりを持ちたいと思ってしまう傾向があるので、他人との距離感に注意が必要です。AB型の人は、常に冷静でクールな印象であるため、本当は純粋で優しい面もあるのに、いまいち周りの人からは理解されにくい部分があります。

そのため、自分の意見をたまには表に出すように心がけるようにした方が良いでしょう。それぞれの血液型によって、性格も大きく異なってくるため、恋愛や友達付き合いにおいても相性の良い悪いがあります。

そのため、どんな状況かにもよりますが、その血液型の性格にあった対応を心がけるようにすれば、どんな人ともうまく付き合っていくことができるのではないでしょうか。ぜひ、こちらの血液型別の性格や相性を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加