元カレ元カノと復縁する可能性を高める9つの方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

別れた今でも元カレや元カノを忘れられないという人もいますよね。そんな時には多くの人が復縁をしたいと思うようになるかと思います。元カレや元カノと復縁する可能性はあるのでしょうか?少しでも復縁の可能性を高く出来る方法を紹介します。

別れた恋人との復縁の可能性はあるの!?

自分は相手の事が大好きなのに、相手から別れを告げられてしまった。自分から別れを告げたのにまだ元カレや元カノの事を忘れる事が出来ない。という人もいますよね。このような場合には、どうにかして元カレや元カノと復縁をしたいと思うようになる人が多いかと思います。しかし、この時に復縁できる可能性はあるのでしょうか?

もし相手に新しい恋人がいたり、自分の事を完全に嫌いだと思っている場合には復縁をする事は難しくなってしまいますよね。また、復縁の方法を間違える事で可能性を低くしてしまう事も考えられます。本当に復縁をしたいと思っている時には適切な方法でアプローチが出来るようになるといいかと思います。

元恋人と復縁する可能性と復縁の可能性を高くする9つの方法を紹介します。今復縁をしたいと考えている人は是非参考にしてみてください。元恋人と復縁をして再び幸せな毎日が送れるようになるといいですね。復縁をしたいと思っている時には、自分の気持ちに素直になって行動を起こすようにしましょう。

復縁の可能性がない場合もある

自分は復縁したいと持っていても相手が同じ気持ちでいてくれているという訳ではありませんよね。場合によっては、相手に新しい恋人が出来たり、自分の事を何とも思っていないという可能性もあります。そうなってしまえば、元カノや元カレと復縁する可能性はないと判断する事が出来るのかもしれませんね。

元恋人との復縁の可能性がない場合には、ある程度のところで区切りを付けて諦めて前に進むという事も大切なのです。しっかりと可能性があるのかどうかを判断出来るようになるといいかもしれませんね。

復縁の可能性を高くする9つの方法

1.本当に相手の事を想っているのかを考えるようにする

復縁のための行動に移る前にぜひじっくり考えておきたいのが、本当にその相手でないとダメなのか?ということです。復縁を希望する人は、別れてみてやっぱり彼(彼女)でなくてはダメだと気付いたケースもあるでしょう。

失って初めて大切さに気付くということはよくありますよね。いつも一緒にいることが当たり前になって幸福感を感じることがなくなっていた人も、別れてみて相手が自分の中で大きな存在だったことに気付くこともあるでしょう。

しかし、復縁を希望する人は、必ずしもそのような理由ではないことがあります。別れてもすぐに新しい相手が見つかると思っていたけれど、なかなかできないので寂しくなった。このような人は、復縁するのが手っ取り早いと思ってしまうでしょう。

恋人がいないという状況が思ったより寂しいものだったので、寂しさを埋めるために復縁したいという人もいます。しかし、どうしてもこの人じゃなきゃダメだというわけではなく、寂しさを解消するために復縁しようという人は、もし復縁できたとしても時間が経てばまた同じことの繰り返しとなってしまうかもしれません。

そうなると結局復縁しなければよかった、ということになりかねません。復縁を申し出る前に、本当にその相手でなくてはいけないのか?ということをじっくり考えておきましょう。

2.別れた理由について理解しておく

恋人と別れる時には必ず理由がありますよね。何も理由がなければ今でも恋人関係でいられたのではないでしょうか?相手に振られて別れたのであれば、なぜ振られたのか理由を理解しておくことが大切です。自分に不満があったのか、それとも彼女の都合なのか、もし不満があったのならそれは何なのか知っておかなくては改善しようがありません。

別れる時に恋人から言われた理由が必ずしも正解だという事でもありません。自分を傷つけないように嘘をついている可能性も考えられるのです。

どうして自分が振られたのかをしっかりと理解する事が出来なければ、復縁の可能性も低くなってしまいますよね。反対に理由をしっかりと理解できれば、今後自分がどうしていけばいいのかを見つけ出す事が出来るようになるのです。

別れた原因を理解できないまま復縁をしたとしても、また同じ事を繰り返すような結果になってしまうかもしれませんよ。そうなってしまえば、お互いに復縁が良い結果だったと判断する事は出来なくなってしまいますよね。そうならないようにするためにも、まずは自分でしっかりと別れた原因を理解するように努力をしましょう。

3.急いで復縁をしようとしない

別れた恋人のことがどうしても諦められず復縁を望む場合、焦って行動に移してしまう人も多いでしょう。もし元カレや元カノに新しい恋人ができてしまったら望みが絶たれてしまいます。そのため少しでも早く復縁したいと思ってしまう人も多いでしょう。

別れた恋人といっても、別れてすぐの頃はまだ恋人気分が抜けていないこともあります。そのため今までのように電話をしてしまったり、家まで直接行ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、元恋人が復縁を考えていない場合、別れたのにしつこくつきまとわれていることに嫌悪感や恐怖感を感じてしまうかもしれません。しつこいと思われることで、復縁の望みがなくなってしまうかもしれません。そのため焦って復縁を急ぐのはよくないそうです。復縁を望むなら、焦らずにタイミングを見計らって行動に移すのがよいでしょう。

4.復縁の可能性を高めるためには別れ方も重要

復縁の可能性を高めるためには別れ方というものも重要になります。相手と別れる時にあまり良い別れ方ではなかったという事もありますよね。このような場合には相手が「この人と付き合ったのは間違いであった」と思ってしまっている可能性もあります。そんな状態では復縁をする事は難しくなってしまいますよね。

話し合いで別れた場合、爽やかな別れ方をしたのなら、最後に良い印象を与えることができます。最後に醜態を見せてしまい「なんであんな相手と付き合ったんだろう」「別れて正解だった」と思われてしまうような別れ方をすると、もう一度やり直したいと思ってもらえないかもしれません。

いい別れ方をしたのであれば、別れた後に後悔することもあるでしょう。なんであんないい人と別れてしまったんだろう?と相手も感じているかもしれません。別れてみて相手の大切さに気付くのは、このような別れ方をしたときでしょう。

このようなケースでは、比較的早く復縁の好機が訪れる可能性があります。事情があって別れたけれど、お互いに嫌いになったわけではない場合も早い時期に復縁のチャンスがが訪れるかもしれません。

以上のようなことを考えると、復縁を成功させるには別れる前から気をつけておかなくてはいけないということになります。別れた後にもう一度やり直したいと思うかもしれないので、険悪な別れ方をしないようにしておきたいですね。

5.タイミングを見計らう

復縁したいという思いを伝えるのは、タイミングが重要です。しかし、タイミングをどうやって見計らえばいいのでしょう?焦ってはダメといっても、冷却期間を置きすぎると新恋人ができてしまう可能性があります。

期間としては1~3ヶ月が目安となるようですが、別れた理由や別れたときの険悪度なども考えてタイミングを見計らいましょう。また、イベントに便乗してタイミングを見計らうこともできます。

たとえば相手の誕生日に連絡してみると、誕生日を覚えていたということで、まだ相手のことを想っていることが伝わります。クリスマスや2人の記念日などに連絡するという方法もあります。上手にタイミングを見計らって、さりげなく連絡をしてみれば、懐かしいという気持ちから、また連絡を取り合えるようになるかもしれません。

6.相手に短いメールやLINEを送ってみる

復縁をするときは、まずメールやLINEで元恋人に接触することになるでしょう。このときに注意したいのが、自分の思いをギッシリ詰め込んだ長文メールにしてはいけない、ということです。

相手が復縁を考えたことがなかった場合、自分の思いを延々と書き綴ったメールをもらっても「重い」と思ってしまうのではないでしょうか。久しぶりのメールなのにいきなり復縁したいという気持ちが伝わるような内容だと相手も用心してしまいます。

復縁するために必死な印象が伝わり、反省の気持ちが書かれていても信用してもらえず、返信さえもらえないかもしれません。返信してもらえなければ、復縁の可能性もなくなってしまいます。

このようなことを考えると、最初に送るメールは短いものにしておきましょう。復縁を期待していることはにおわさずに、挨拶程度のメールや用件だけのメールにしておきます。もし返信がない場合、何度も送ると嫌がられますのでその時は数ヶ月様子を見るようにしましょう。

7.傷が癒るまでは焦らないで待つ

恋人と別れると振った方も振られた方も心が傷つきます。そのため復縁したいと思っても、相手の傷が癒えるまで待ってからの方がよいでしょう。自分から降った場合は、相手の傷が癒えないうちに復縁を申し込んでも受け入れてはくれないでしょう。振られたことによって相手は裏切られたという気持ちになってしまっているかもしれないので、傷も癒えないうちに復縁したいと言われても身勝手に思えて嫌気がさしてしまうかもしれません。

また、自分が振られた場合は、相手が罪悪感を持っているかもしれません。その心の傷を癒すためには自分が落ち込んではおらず、恋愛なしの生活を楽しんでいる姿を見せるようにしましょう。友達と遊びに行ったり趣味を楽しんだりして、失恋したことに執着しないようにしてください。そのように過ごすことで自分が立ち直るだけでなく、相手を罪悪感から解放して別れたことによる傷を癒すことができます。

8.欠点を直して相手に嫌な思いをさせない

相手が望んで別れた場合、自分に不満な点があったと考えられます。復縁したいのなら、何が相手にとって不満だったのかを理解して、もし復縁できたら今後は同じような思いをさせないようにしなくてはいけません。

そうしなければ、復縁しても同じことが原因でまた別れたくなってしまうでしょう。どうしても復縁したいのであれば、相手を不快にしていた原因を取り除くようにしなくてはいけません。

もしかしたら、何が原因で別れたいのか相手が教えてくれないかもしれません。言うと相手を傷つけてしまうかもしれないという理由で教えてくれないこともありますが、言ったら相手が感情的になってしまったり、暴れたりして冷静に話し合いができないことが心配で言わないこともあるようです。

何が問題で別れることになったのかわからない場合は、自分の欠点を分析してみましょう。または親しい友達に自分の欠点を指摘してもらうのもよいかもしれません。

復縁できそうなら、前に付き合っていたときに相手を不快にしたことをこれからは絶対しないと心に誓わなくてはいけません。そうしなければ同じことの繰り返しとなってしまうでしょう。自分は変わったのだということをわかってもらうことで、復縁の可能性が高まるでしょう。

9.復縁話を切り出すときは冷静に落ち着いて

復縁話ができそうな時期がきたら、自分から話してみましょう。このときに気を付けたいのは、冷静に話をするということです。別れた頃に比べると、冷却期間があったためにずいぶん冷静になれたのではないでしょうか。その間に相手への愛情を再確認したり、自分の欠点を分析したりする時間はあったはずです。

別れるときは感情的になってしまう人もいるでしょう。怒ったり泣いたりして、自分の悲しみをぶつけてしまう人もいるでしょうが、今なら落ち着いて会話ができるのではないでしょうか。相手を責めたり自分がどんなに辛いかを話すよりも、落ち着いて復縁したい気持ちを伝えるようにしましょう。

復縁したいという気持ちを切り出せなければ、いつまでも友達のまま発展することはありません。タイミングを逃すと言いにくくなることもあるでしょうから、時期を見て自分の思いを冷静に伝えましょう。

自分に自信を持って適切なアプローチをしよう!

このように、別れた元カノや元カレと復縁をしたいと思った時には、気持ちに余裕を持って適切な方法でアプローチを行う事が大切になります。方法を間違えてしまったり、自分に余裕がなくなったりすれば復縁の可能性をなくしてしまう事もあるので注意をしましょう。

復縁をしたいと思っている時には自分の人生を楽しんで、より魅力的な人になる事を忘れないようにしましょう。適切な方法で好きな人と復縁をして、今よりも更に幸せな毎日を送れるようになるといいですね。自分には無理だと思うのではなく、復縁の為に努力を行うようにする事も大切ですよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加