【後輩をかわいいと思う瞬間】かわいい後輩になる8つの方法と後輩に好かれる8つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

明るく素直で自分を頼ってくれる後輩は、先輩からかわいいと思われることが多いようです。このような、先輩が後輩をかわいいと思う瞬間とはどんな時なのかを調べてみました。また、かわいい後輩になる方法や、先輩が後輩に好かれる方法などもご紹介します!

後輩をかわいいと思う瞬間!

職場などで後輩ができ、その一生懸命に仕事をする姿などを見ていると、かわいいと思うときがありますよね。そんな先輩が後輩をかわいいと思う瞬間を調べてみました。男女共通・男女別の3つの視点別で紹介していきます。

男女共通・後輩をかわいいと思う瞬間

男女の先輩が共通で「後輩をかわいいと思う瞬間」は、一つには「頼られた時」というのが挙げられるのではないでしょうか。分からない時に教えて下さいと言われたり、自分では対応できない事案について相談されるなどすると、「可愛い奴だな」と思ってしまうものです。

また、自分に対する好意を感じるような場合にも、可愛い後輩だと思うことでしょう。例えば、いつも明るく挨拶をしてきたり、個人的なことを相談してきたり、ご飯でも食べにいきませんかなど、他の人とは違う接し方が見られるとこちらも好意を持つものです。

また、仕事に熱心に取り組み、失敗しても何度でもチャレンジするなど、一生懸命でひたむきな姿の後輩が、かわいいと思われる傾向が高いようです。また、やはり後輩に頼られることも、先輩としてはうれしく思う人が多いようです。

男性が女子の後輩をかわいいと思う瞬間

次に、男性の先輩が女子の後輩をかわいいと思う瞬間を紹介していきます。男性が女性の後輩を可愛く思うのはやはり、自分に対するなんとはなしの好意を感じた時ではないでしょうか。メールにハートマークがあったり、目を見つめて話しを聞いてくれたり、素敵な笑顔を向けられると、可愛いなと思いますよね。

また、ちょっとした気遣いなどが見られるのも、好感を持つことになりまし、単純なボディータッチがあったりすると、好意以上のものを持ってしまうかもしれません。まとめると、男性の先輩が女子の後輩をかわいいと思う場合には、先輩として尊敬の眼差しで見られた時や、女性であるかわいらしさが垣間見えたときなどに、かわいいと思うことが多いようです。

女性が男子の後輩をかわいいと思う瞬間

次に、女性の先輩が男子の後輩をかわいいと思う瞬間を紹介していきます。

・上司に話しかけるタイミングがわからず戸惑っている時
・ミスをして激しく落ち込んでいる時
・朝一に明るい笑顔で元気に挨拶をしてくれた時
・困り顔で質問をしてくる時
・酔っ払って甘えてきた時
・やる気が空回りして焦っている時
・わからないことを全て素直に聞いてくる時
・何も用事がないのにちょっかいを出してくる時

女性の先輩が男子の後輩をかわいいと思う場合には、母性本能をくすぐるような場面を見て、かわいいと思う傾向があるようです。困っている男子後輩を見ると、その初々しさからかわいらしいと思うことが多いようです。

かわいい後輩になる8つの方法

上記であげたような、先輩にかわいい後輩だなと思われるためには、どのような態度で毎日を過ごせば良いのでしょうか?次からは、かわいい後輩になるための方法を紹介していきます。

1.相手の性格を知る

先輩と一緒に過ごす時間を充実したものにするためには、事前のリサーチも重要となってきます。飲み会などの席で、先輩が話題にしていることなどに、きちんと耳を傾けるようにしてみてください。何気ない会話の中から、先輩が今夢中になっていることなどがわかるので、次に二人で話をする際にさりげなくその話題を振れば、先輩との会話も盛り上がるはずです。

先輩が好きな話題を多くすることにより、さらに好感度が増し、かわいい後輩だと思うようになってくれるでしょう。逆に、先輩が触れて欲しくないことなども、情報取集をすることによりわかるので、先輩にとってNGな会話は避けるように心がけるようにしましょう。

2.社交的になる

先輩からかわいい後輩だと思われるために一番大切なのは、共有する時間や話題を増やすことであると言われています。共有するものが多ければ多いほど、人間は親近感を持つものなので、先輩から飲みやお茶に誘われた際には、基本的には断らないようにしましょう。

もし、どうしても断らざるをえない場合には、その理由をきちんと説明し、本当は一緒に過ごしたかったという自分の気持ちも伝えるようにすると良いでしょう。次回は必ず行きたい!というような熱意が伝われば、先輩もまた必ず誘ってくれるはずです。

3.感謝の気持ちを伝える

先輩からアドバイスや何か意見をしてもらった時には、「わかりました」という答えだけではなく、自分にとってきちんとためになっているという意思を伝えるためにも、「勉強になります!」というような言葉も一緒に伝えるようにしましょう。

このようなことを伝えることにより、先輩は自尊心を満足することができ、アドバイスや教えることがとても楽しいと感じるようになり、かわいい後輩であると思うようになるからです。

4.表だった反抗の態度を示さない

人は誰でも同じ考えを持っているわけではありません。誰でも独自の考えや価値観を持っており、自分とは合わないと感じることもあるでしょう。

そのため先輩の言っていることがわからないと感じることもあるのではないでしょうか?その時にすぐに反論してしまうと、やはり先輩からすれば嫌な気分になってしまうものです。

もし先輩の言い分が違うと感じても、反論せずに先輩の話をきちんと聞いてみましょう。その上で自分の意見が必要だと感じた場合は、後輩であることを意識して下手にでるように自分の意見を主張してみてはどうでしょうか?

5.明るく笑顔で応対する

常に笑顔で明るく、誰に対しても気持ちの良い挨拶をすることができれば、きっと誰からも可愛がられることは間違いありません!先輩だけでなく、まずは職場の誰に対しても笑顔で挨拶をすることを心がけるようにしてください。

挨拶がきちんとできる人は、上司や先輩からは必ず可愛がられ、信用もされることが多いと言われています。そのため、どんな時でも誰に対しても笑顔で挨拶をすることが、人に好かれるための秘訣であると言えるでしょう。

6.嫌な気持ちを顔に出さない

忙しい時に先輩から仕事を頼まれた時には、やりたくないという態度がどうしても顔に出てしまいがちです。しかし、どちらにせよ引き受けなければいけない仕事である場合には、渋々引き受けるのではなく、笑顔で気持ち良く引き受けるようにしましょう。

このように、自分が忙しくても、先輩の仕事を笑顔で引き受けられるような後輩は、先輩からは間違いなくかわいい後輩であると思われるはずです。たとえ忙しくても、自分のことを真っ先に気遣ってくれる後輩を、先輩はきっと信頼し可愛がってくれることでしょう。

7.線引はしっかりとする

先輩に可愛がられる後輩は、先輩を上手に立てることができる人であると言われています。たとえ年の差が少なくても、重要な場面ではきちんと先輩として立てるようにし、発言にも気を使い相手を敬うことが大切です。

そういったことがちゃんとできていないと、先輩との関係も悪化し仕事もスムーズに進まなくなってしまうおそれがあります。このようなことにならないためにも、先輩と後輩の立場をきちんと意識し、先輩を必ず立てるようにしましょう。

8.先輩の気持ちを大事にする

先輩を交えて会話をする時には、空気を読むようにすることも忘れてはいけません。会話をしている最中に、何か違うなと感じた場合でも、とりあえずは先輩の話をさえぎるようなことはせず、他の人も特に何も言わない場合には、そのまま会話を終わらせるようにしましょう。

先輩の立場で後輩に何か指摘を受けることは、とてもショックで恥ずかしいことでもあるので、特に他の人も交えての会話の際には、先輩の気持ちを考えて空気を読むことを心がけるようにしましょう。

先輩が後輩に好かれるための8つの方法

先輩に好かれる方法を紹介してきましたが、次からは逆に先輩が後輩に好かれる方法を紹介します。先輩だってかわいい後輩からは好かれたいと思っているはずです。最近後輩ができた人、もしくはこれから後輩ができる人は参考にしてみてください。

1.常に笑顔を心がける

いつも笑顔でいる人は、先輩後輩関係なく好印象であることが多いと言われています。特に、後輩は先輩に話しかける時などは緊張をしているため、いつもニコニコしている先輩には話しかけやすいので、親しまれやすいと言われています。

常に笑顔でいることにより、優しい雰囲気になることができ、後輩だけでなくいろいろな人からも好かれるので、まずは笑顔でいることを心がけるようにしましょう。

2.挨拶をされたらきちんと返す

挨拶は先輩も後輩も関係なく、人間関係を円滑にするためには大切なコミュニケーションの一つです。後輩から挨拶された場合には、きちんと返すように心がけましょう。挨拶を返さないと嫌われているのかと勘違いしてしまう人もいるので、仕事に夢中になって挨拶に気づかないということがないように、注意をするようにしましょう。

3.気さくに声をかけてあげる

後輩から先輩に話しかけるのはなかなか難しいものなので、なるべく先輩の方から積極的に声をかけてあげるようにしましょう。仕事などで忙しいと、コミュニケーションをとる時間もあまりないため、何かのきっかけがないと話ができないという後輩もいるはずです。

そんな時には、やはり先輩の方から様子を見ながら、タイミングを見計らって声をかけてあげるようにすると良いでしょう。気さくで明るくノリの良い先輩は、後輩から必ず人気者になるはずです!

4.親身になって相談に乗ってあげる

後輩たちの悩み事や相談事には、親身になって聞いてあげるようにしましょう。その悩みが直接仕事と関係ないものであったとしても、きちんとした態度で親身に話を聞いてあげることにより、後輩との信頼関係も築くことができるからです。

たとえうまくアドバイスができなくても、親身に話を聞いてあげることにより、その真摯な姿から後輩は信頼感を感じるようになります。また、話を聞いてもらうだけでも後輩の心は軽くなるので、このような悩みなどを打ち明けることができるような体制を、常に先輩側が整えておくことも大切でしょう。

5.悪口や陰口を言わない

先輩は後輩にとって見本でもあり、憧れの存在であるべき立場の人です。そのような立場の人が悪口や陰口を言ってしまうと、今後仕事をしていく上での教育にも問題が生じてしまうおそれがあります。

また、そのような悪口などを言っている姿を見てしまうと、自分もどこかで言われているのでは、という不安も生じてしまい、後輩との信頼関係も一気に崩れてしまうこととなります。このようなことにならないためにも、先輩としての立場をわきまえた行動をとるように心がけることも大切です。

6.先輩ぶった態度をとらない

いくら先輩であるといっても、やたらと先輩ぶって威張ってばかりでは、後輩からは嫌われてしまうことでしょう。やたらと上から目線であったりなども、後輩からは不評であることが多いので、後輩と同じ立場に立って物事を考えることも、忘れないようにすることが大切です。

7.みんなに平等に接すること

前述もしたように、先輩は後輩の見本でもあります。相手によって態度を変えたり、嫌な人や苦手な人とは話さないなどの不平等な対応は、後輩にも影響してしまうおそれがあります。

また、このような態度の人は、仕事やプライベートもうまくこなすことができない人が多いため、後輩を育てるような立場であるべきではありません。このようなことから、人に接する時には誰にでも同じような態度で、平等に接するようにしましょう。

8.オンとオフのメリハリをつける

仕事の時には、しっかり真面目にそして時には厳しく指導し、休憩や休みの時などには思い切りリラックスし、楽しく会話をするなどオンとオフのメリハリをしっかりつけるようにしましょう。後輩は先輩の姿を見て育っていくので、先輩が自ら進んで行動で示す必要があります。

職場だからといって休憩時間まで仕事をしているのは、職場の環境自体にも悪く仕事の効率にも影響してくるので、きちんとオンとオフはメリハリをつけるように、後輩にも指導をすることが大切です。このように、きちんとオンとオフの切り替えができる先輩は、後輩からも仕事のできる先輩であるととても尊敬されることが多いと言われています。

まとめ

後輩をかわいいと思う瞬間や、かわいい後輩と思われる方法、後輩から好かれる方法などを紹介してきました。かわいい後輩だと思われるには、明るく元気で素直であり、先輩のことをきちんと立て空気を読んだ行動ができる人であるということがわかりました。

また、後輩から好かれる先輩とは、いつも笑顔であり、きさくに声をかけてくれ悩みや相談を親身に聞いてくれ、仕事のオンとオフの切り替えもうまい人であることがわかりました。このように、先輩後輩どちらの立場であったとしても、笑顔を忘れず他人に対して真摯な態度で向き合える人が、好かれる人であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加