【好きの伝え方】告白を大成功させるセリフ8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

今、好きな人はいますか?好きな人といつかは付き合いたいものですよね。だけど彼からの告白を待っているだけじゃダメなんです。女性からの告白だってアリなんですよ♡今回は、男性がキュンキュンしてしまう告白のセリフを8個集めました。これを言えばOKがもらえること間違いなしなセリフばかりです。あなたの恋がうまくいきますように…♡

女の子からの告白って、アリなの?

告白は男の子から。と思っている方いらっしゃいませんか?なんとなくそんな風潮があったりしますよね。だけど今は、女の子から告白したっていいんです!世の中の男性だって、女の子からのアプローチを待っているはず。恥ずかしいのを乗り越えて、男性がOKしたくなってしまうようなセリフで告白を成功させましょう♡

告白の前に気をつけたいこと

タイミングを見極める

告白をする前に、今が適切なタイミングかどうか一度考えてみましょう。
タイミングを間違うと、両思いであっても場合によっては断られることも…。
これはあなたが告白される時も同じだと思いますが、
恋人が必要ない時や、恋人という存在が障害になる時などがあるかもしれません。
相手にとってのタイミングをしっかりと見極めましょう。

男性には、仕事が忙しかったり前の恋愛の状況によって『今は彼女いらないかな…』というタイミングがあるようです。そんなタイミングで告白をすると逆効果になりかねません。告白をする前に、じっくり相手の状況を見てタイミングを計っておくことが大事です。

出典: www.weddingpark.net

事前のアピールをしっかり

急に告白しても、自分が相手の理想に相当マッチしない限り成功する可能性はほとんどありません。告白に踏み切る前に、しっかりと関係を築いて自分の気持ちをアピールしておくことが必要です。

女性からの告白に抵抗が無くても、予想外の人から急に告白をされると戸惑ってしまいます。告白の成功率を高める為にも、前もって彼へのアピールをしておきましょう。『俺のこと好きなのかな?』と事前に思わせておけば、告白もしやすくなりますよね。

出典: www.weddingpark.net

フラれたときのことも考えておく

どんなに頑張ってもうまくいかないことだってありますよね。成功する気でしかいなかったら、万が一振られた時、立ち直るのは相当難しくなってしまいます。失敗することばかり考えるのはダメですが、フラれた時のことを考えておくことも大事です。

さらに、1度目の告白が失敗しても、それからの関係に何か良い変化があるかもしれません。その時のことも考えておくといいかもしれません。

勿論、告白をするとフラレてしまう可能性もあります。しかし気をつけたいのが、告白をしたことで、あなたは彼にとって”気になる存在”になるということ。男性は女性ほど思い切った判断が出来ず、失った後に大切さに気づく…というパターンも多いんです。もしフラレてしまっても、今までと態度を変えず接する覚悟を事前にしておけると良いですね。

出典: www.weddingpark.net

思わず胸きゅんフレーズ

「えへへ…好きだよ!」

少し照れながら、可愛い笑顔で伝えれば、

相手はキュンキュンすること間違い無し!

ストレートな言葉に彼も心打たれるはず。

「何回も練習したんだけど、噛んじゃったらごめんね。好きです。」

自分のために何回も練習したと知ったら、

愛おしくならないわけがありません。

一途なあなたにドキドキするはず。

「付き合ってくれたら嬉しいけど、好きになってくれたらもっと嬉しい」

「嬉しい」という言葉がポイント。

素直な表現の仕方が素敵です。彼もグッとくるはず♡

「私のことだけ考えてくれる時間、作ってください」

控えめな告白の仕方に、彼も胸キュン♡
あなたのことを大切にしたいと思ってくれるはず。

「私、好きじゃない人と2人で遊んだりしないよ」

男性をドキッとさせるこの一言。
友達として仲の良い彼に、好きだということをわからせられますね。

「好きになっちゃった。…ダメかな?」

こんなこと言われたら、男性は悶絶すること間違いなし。
うるっとした瞳で見つめれば、彼もイチコロ♡

「私が好きなこと、わかってるでしょ?」

ツンデレ好きにはたまらないこの一言。
ちょっと強気な告白にキュンとするかもしれません♡

「好きです。付き合ってください」

やっぱり一番は、ストレートな言葉ですよね。
気持ちがこもっていれば、シンプルな言葉でも十分伝わるはずです。

OKしてもらいやすい告白セリフの特徴

言葉を短く、わかりやすく

告白を成功させたいがためにあれこれ考えてしまいがちですが、告白の言葉は短く簡潔にすることが大事です。好きになった経緯などを話しても時間の無駄。相手も聞く気がなくなってしまいます。できるだけ短い言葉で気持ちを込めて伝えましょう。

表情や仕草にも気を使う

相手をときめかせるためには言葉だけでなく表情や仕草も大事です。ただ「好き」と伝えるよりも、照れたような表情や仕草があった方がドキドキするものなのです。

告白は勇気です

勇気を持って、相手に気持ちを伝えてみましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加