好きな人とのlineの会話のコツは!?脈ありサインやあるあるネタを大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

lineをしていて幸せだと思える瞬間は、好きな人とのlineですよね。既読スルーされると不安になったり、話題のネタに困ったり……。そんなときの会話のコツや、脈ありサインの情報満載です!

好きな人とのlineあるある

好きな人とのlineは、とっても楽しくてワクワクする反面、既読スルーされたりすると一気に不安になったりしますよね。片想いならばなおさらです。思わず頷きたくなる、好きな人とのlineにありがちなことや、会話に行き詰ったときの対処法などをまとめてみました。今恋をしている人必見です。

「既読」にするタイミングを調整する

好きな人からlineがきたとき、嬉しくてすぐに確認したいという気持ちになりますが、lineがくるたびに「既読がつくのが早い!ひょっとして暇なの?」と思われたくないという気持ちもありますよね。また、「自分からのlineを待ち構えている?」と思われるのも嫌なので、駆け引きのためにすぐには既読をつけない女性もいます。

本当はすぐに読んで、返事をする余裕もあるのだけれど、毎回すぐに返事をすると軽く扱われてしまうかもしれないので、忙しいふりをしたり、別にlineを待ってないというふりをしたりしてしまいます。

返信に浮かれつつも、平静を装って返信

好きな人からlineが来たら、まさに「よっしゃー!」といった気持ちで、ニヤニヤしてしまうほど嬉しいことでしょう。しかしそれをあからさまに文章で表現したら重い人だと思われると考えたり、相手のことが好きな気持ちがばれてしまうと考え、気持ちを必死に押し殺して何気ない風に返信するということをあなたはしていないでしょうか。

けれど、あなたの心の中は祝杯をあげたい気分。特にそれが嬉しい内容だった場合、テンションはMAXになるでしょう。告白なんてされたときには、思わず嬉し泣きしてしまう人もいるかもしれませんね。

しかし、恋愛のゴールは告白されることではありません。告白されたらこれからもっと幸せな未来が待っているのかもしれないのです。付き合うとドキドキ感は薄れてしまうことが多いので、片想い中の好きな人とのlineは存分に楽しむとよいでしょう。

スタンプを間違って好きな人に送ってしまう

好きな人に送るメッセージを誤って他の人に送ってしまったという経験を持つ人もいるのではないのでしょうか。メッセージならば、それほど誤送信は起きませんが、スタンプだとそういった間違いが時々起こることがあります。しかも、そういうときに限って友達に送ろうとしたふざけたスタンプだったりすることがあるんですよね。誤送信だと気付いたとき、あなたはとても恥ずかしくなるでしょう。

好きな人には可愛らしいスタンプや、気持ちのこもったものを使いたくなるのが恋心というものです。好きな人とのline画面の背景を他の人と変えるなどして、対策を打つのも方法の一つかもしれません。好きな人とのline画面の「設定」から背景を選択することが出来ます。

スタンプだけ送られてきても、会話を続けようとする

こちらの返信に対してスタンプだけの返事だと、どうしてもそこで会話は一旦終わりがちになってしまいますよね。友達とならばスタンプにスタンプを返して、会話終了ということが多いかもしれませんが、好きな人とのlineは会話を終わらせたくないものです。そのスタンプに対する反応などを書いたり、新しい話題を提供したり……と、頭を使って会話を続けようと試みたことのある人は多いのではないでしょうか。

会話に行き詰ったときの対処法は後ほど記述しますので、合わせて見て下さると嬉しいです。

他の人からのlineだと残念に思う

好きな人からの返信を待っていて、lineの通知音がするとすぐさまスマホを見るという行為をあなたはしていないでしょうか。しかし、それが友達や兄弟など他の人からのメッセージだった場合、思わず落胆するでしょう。それくらい、好きな人からのlineは待ち遠しいものですよね。

相手が既読になったかを何回もチェックしている人も多いでしょう。既読になったのになかなか返信が来ないと落ち込むのもありがちと言えます。着信音のように、好きな人からのlineは通知音を変えられるようになったらいいなあと思ったことのある人も多いのではないでしょうか。

lineの「一言」をやたらと気にする

lineの「一言」を頻繁に変える人っていますよね。中には何も書いていない人もいますが、好きな人の一言が変わることがある場合、度々チェックしてしまうのが恋する人の特徴です。「眠い」などの何でもなかったものが、突然「幸せ」などに変わっていた場合、何があったの!?と動揺してしまう人も多いのではないのでしょうか。

それが更に露骨に「彼氏/彼女が出来ました」だったときには、片想いをしていたあなたの心は粉々に砕けてしまうでしょう。涙で枕を濡らすことにもなるかもしれませんね。「胸キュン中」など意味深なものだった場合は、ドキドキして本人に詳しく聞きたいところだけれども聞く勇気がない……といった事態になることもあります。

好きな人とのlineの会話のコツ

最後がスタンプはNG!

一般的に、lineでスタンプだけ送られてきたら会話終了の合図だと思っている人は多いようです。ネタなどではなくてスタンプを使い始めたら、会話終了の合図だと思うことが多いので、スタンプは会話の途中で入れるようにしましょう。スタンプだけ送らずにメッセージと共に送れば、きっと相手も返信してくれることでしょう。

スタンプも、相手が全く分からないネタやアニメキャラのものを使うより、相手も分かるようなものを選んだ方が会話も弾むかもしれません。今は有料でも一般の人が作った面白いスタンプなどが沢山あるので、自分の趣味だけで選ばず、好きな人も喜ばせたり面白いと思えるようなスタンプ選びをしてみるといいでしょう。

メッセージはテンポよく!

好きな人とのlineだと、伝えたいことや聞きたいことがたくさんあって、長文になってしまいがちな女性もいらっしゃるでしょう。しかし、lineは短文でテンポの良いやりとりが魅力です。長文だと、読むの面倒だな、と思われてしまうかもしれません。

特に1つのメッセージにいくつも質問が入っていると、丁寧に読んで返信しなくてはいけなくなってしまうので、後で暇なときに返信しようかな、と思われてしまうかもしれません。既読がついたから、すぐに返信くるかと思ったらなかなかこないということもありますが、それは自分が送った内容に問題があったのかもしれませんよ。

短文でテンポの良いやりとりをした方が楽しいですし、返信が面倒ということになりません。ついつい長文になりがちな女性は気を付けておきましょう。

返事が早すぎるのもよくない

好きな人からlineが来たときに、すぐに返信をする人も少なくないでしょう。しかし、返事が来るのが早すぎると、相手は見るのがめんどくさいと思ってなかなか既読を付けてくれなくなったりする事態に陥ることがあります。

そのため、相手の返信速度に合わせるのが一番無難でしょう。相手が30分後に返信してきたなら、自分も30分後に返すなど、時間の感覚を合わせるといいかもしれません。相手がすぐに返信をしてくれるなら、暇を持て余している証拠。こちらもすぐに返事を返して大丈夫なことが多いでしょう。

相手の興味のある話題を把握する

lineを上手く続けるコツは、相手の興味のある話題を把握し、それについて話を振ってあげることです。最初のうちに趣味などを聞いておくといいかもしれません。沢山話したくなる内容を見つけられたら、会話が弾んでlineを続けてくれるかもしれません。

好きな人の趣味がよく理解していないものだったら、時にはネットで検索するのも必要となります。そのとき、検索したことは相手に告げないようにしましょう。わざわざ調べてくれたんだ、と喜ぶ人もいますが、中にはそこまでするの?と引いてしまう人もいるからです。また、「詳しくは知らないけど」などと言い、知ったかぶりはしないようにするのもコツです。

「次」への期待を高める

1回のlineで全てを伝えてしまうと、次にlineをしたくても内容が思い浮かばなくて送れない、なんて事もありますよね。そこで、lineを続けるコツとして、内容を小出しにして「続きを期待させる」こというワザもあります。

例えば、「この前見た動画がすごく面白くてさー!」と言う切り口で送れば、相手はどんな動画なのかが気になって「どんな動画が気になるー!」と興味を持ってくれるはずです。もしくは、「友達が〇〇ちゃんのこと、大絶賛してたんだよー!」と言えば、具体的にどんな所が褒められたのかが気になって、「どんなこと言ってたの?」と続きを知りたがるでしょう。

ドラマなどで終盤にすごい展開になることを予想させて、次回に続くと視聴者は次週も必ず見ようという気になりますよね。lineでのやり取りも一緒で、相手に続きが気になるという気持ちにさせることが、長続きする秘訣です。

lineでの女性の脈ありサイン

返信が早い

女性は、好きな人とのlineは出来るだけ早く返して、たくさんやり取りしたいと思う人がほとんどです。なので、lineを送ってから相手からの返信が5分~10分くらいで来れば、相手の女性はあなたのことを好きな可能性が高いでしょう。

ただ、返信の内容や書き方によっては脈なしサインだったりするので注意しましょう。例えば、返信は早いけど、ただ相槌を打つだけで、それ以上会話を続けようとしない空気なら、相手は内心早くLINEを終わらせたいと思っているのかもしれません。

相槌を打ちつつ、さらに会話を続けようとしてくれたり、可愛いスタンプも一緒に送ってくれるなど、丁寧な印象があれば脈ありでしょう。

ただ、返信の速さはその時の状況で変わったり、もしくは駆け引きでわざと遅くしている場合もあります。なので、速さだけで脈ありかなしかを見抜くのは少し難しいかもしれません。他の行動と総合的に見て判断する必要はあるでしょう。

既読スルーしない

既読スルーというのは、どうでもよかったり、もっと会話をしたいという積極的な気持ちがないときにしてしまうものです。そういった既読スルーがないのは、あなたともっと会話をしたいと思っている合図かもしれません。また、律儀に返信をしてくれる相手だと好感度も上がりますよね。あなたも既読スルーすることなく、真摯に返事を送るとよいでしょう。

会話を一度終わらせたいな、ともし思うことがあったら、スタンプを使って終わらせるとよいでしょう。

日常的な会話を送ってくる

「今日可愛い猫ちゃんを見かけてさー」「夕食が美味しかった!」などと、日常的な会話を送ってくれることが増えたら、脈ありサインかもしれません。日常的な会話は、どうでもいい人にはまず送りません。あなたに好意を持ってくれている証拠だと言えるでしょう。

あなたも日常的な会話を送ることによって、やり取りが多くなり、共通の話題や趣味なども見つかるかもしれません。「おはよう」「おやすみ」など挨拶が出来る関係になれるのもいいですね。

質問が多い

男女問わず、興味のある人に関しては休日は何をしているのか、どんな趣味があるのかなど、色んな事を知りたいと思いますよね。反対に、好きじゃない人の趣味や日常生活に興味を持つ人はあまりいないと思います。ラインでのやり取りも一緒で、相手があなたに色んな事を聞いてくるのであれば、それはあなたの事をもっと知りたいと思ってくれているからです。

女性は自分に興味を持ってもらいたいと思っている人が多いので、こちらからも時々質問を投げかけてあげるといいでしょう。「自分に興味を持ってくれている!」と喜んでくれるかもしれません。ただ、質問のしすぎは返って面倒くさいと思われてしまうので、質問の頻度には気を付けましょう。

好きな人がいるか聞いてくる

「好きな人いるの?」と聞かれたら、かなり脈ありと考えられます。恋人がいないならアプローチしたいけれど、もし好きな人がいるのであれば、告白しても撃沈してしまうでしょう。その前に好きな人がいるのか確認したいという気持ちから、このような質問をしていると思われます。

また、女性にとっては好きな男性の好みのタイプが気になるものです。大勢集まったときに聞かれた場合は単なる好奇心ということもあるでしょうが、lineで2人だけのやりとりをしているときに聞かれた場合は脈ありと思われます。

もし、好意を持っている女性から「好きな女性のタイプは?」と聞かれたら、相手の特徴にあてはまるように答えてみてはいかがでしょうか。

写メを送って自分の顔をリマインドしてくる

自分が写っている写メをわざわざ送ってくるということは、「自分を見てほしい」という気持ちの表れなので、脈ありと考えられます。好きでもない男性に、自分の写真を送ろうとしませんよね。好きだからこそ、自分を印象付けるために写メを送ってくるのではないでしょうか。

一緒にいないときも、自分の写真を見て思い出してほしいのです。楽しそうな写真が送られてくると「一緒に行きたかったな」とか「今度は誘ってほしいな」など会話が盛り上がりますよね。ひょっとしたら友達と一緒に写っている写真かもしれませんが、自分1人で写っている写メは恥ずかしいから友達と一緒のものを送ってくるのかもしれませんよ。

ここでお返しにと思って男性の方からあまり自分の写メを送ると、ナルシストだと思われてしまうことがあるので注意しましょう。好きな女性から送られてきた写メは大事に保存し、時々見て日々の活力にするのもいいでしょう。

ハートマークが付く

女性が男性にハートマークを送るのには、重要な意味があることが多いです。女子は同性の友達にならハートマークを送ることがありますが、好きでもない男性にハートマークを送ることはほとんどありません。それは、勘違いされないようになどといった警戒でもあります。

なので、ハートマークを送ってこられたら「もしかして……」と思ってよいでしょう。告白する準備を進めてもいいかもしれません。

lineでの男性の脈ありサイン

自分は恋愛対象なのか探ってくる

好きな人ができたとき、自分は恋愛対象になれるのか気になりますよね。彼女はどんな男性がタイプなのか知りたいので、lineで好きなタイプを聞いてくる人もいます。

「どんな男がタイプなの?」と軽く聞ける人もいますが、相手に好意を持っている場合は聞くのも勇気がいります。もし気になる男性にこのようなことを聞かれたら、相手に近いタイプを伝えるとよいでしょう。そうすれば思い切って告白してくれるかもしれません。

男性への希望が多い女性もいるでしょうが、細かくいくつも並べ立てると、男性は「自分はあてはまらない」と諦めてしまうかもしれません。好きなタイプを聞くということは、自分があてはまるのか、努力すれば彼女の好きなタイプになれそうか、ということが知りたいので、必ずしも正直に答える必要はないでしょう。

日常会話に付き合ってくれる

男性は、何か用事がないと好きでもない人とはそんなに雑談をしたがらない生き物です。なので、日常の何気ないメッセージに付き合ってくれるのは、脈ありかもしれません。短い言葉のやり取りが続くのは、相性のいい証拠です。長文でなくとも、心は通じ合っている可能性があります。

男性は長文より短文を送りがちな傾向にあるので、テンポのいい会話を楽しむとよいでしょう。

飲み会の後などに、無事に帰宅したか確認してくる

例えばあなたが相手の男性に「今日は飲み会があるから帰りが遅くなるよー!」と伝えておいた時に、「飲み会はどうだった?ちゃんとお家に帰れたかな?」などの心配メールを送ってくれるのであれば、相手はあなたの事が気になっている証拠です。どうでもいい相手ならそこまで心配する言葉をかけませんよね。

少なくとも好意は持っているから、飲み会などの帰りは特に心配なのでしょう。なので、あなたも「家に着いたよ」などと報告をしてあげたら、相手も安心することが出来るでしょう。

些細な内容を報告してくる

「今日は○○をしているんだ~」などと個人的で些細な内容を送ってくることがあります。これはただの報告連絡などではなく自分の存在をアピールしたいと思う気持ちの表れでもあります。

グループトークでの反応率が高い

気になる相手と個人的にlineを交換できなくても、グループLINEなら気軽にメンバーに入れますよね。皆に見られる場所ではありますが、ここでこそ好意を伝えるチャンスと頑張る男性もいます。

例えば、あなたの発信したコメントに対して、いつも誰よりもいち早く返信してくれる男性がいれば、あなたに好意がある可能性が高いでしょう。ただ、誰に対してもそうなのか、自分に対してだけ特別なのかを見極める必要はありますよ!

恋の駆け引きをしてくる

lineならではの”わざと素っ気ない態度をとる”という恋の駆け引きもあります。次の日までlineを続けていたいという気持ちから「寝落ち」したなどの口実で引き伸ばしたりなどがあります。

それもこれも本当の狙いはギャップです。lineでは厳しい彼もあってみると優しいなどとそんなギャップを見せられたらドキッとしてしまいますよね?しかしここまでの駆け引きを仕掛けてくるのは男性側のあなたに対する強い気持ちがある時だけでしょう。

好きな人とのlineが途切れたときは!?

好きな人とのlineが途切れ、送りづらくなっている人もいることでしょう。前回は自分が送ったのが最後だったから、相手からlineが来るまで待とうなど、順番を守っている人もいるかもしれませんね。でも、lineを送りたいと思った時は素直に送っていいと思います。

もちろん、まだ付き合っていない状態で「連絡ないと寂しい」とは言いにくいですが、「元気にしてるかな?」と自分の近況を報告するくらいなら自然でいいと思います。それに対して相手が、「ごめんね、最近仕事が忙しくて返信する時間が作れなくて。など理由を教えてくれて、また今までどおり色んな質問をしてきてくれたなら、相手もあなたともっとlineを続けたい証拠です。

無理に話題を作ろうとすると時間だけが経ってしまうので、近況を聞くなどの自然体で会話を楽しむように心がけましょう。そうすることで、相手も気をあまり使わず、会話を楽しむことが出来るでしょう。

LINEの話題に困ったときは?

定番の「天気ネタ」

会話に困った時の定番ネタといえば、天気の話ですよね!lineでも同じように、「今日はいい天気だったね!」とか「今日は寒かったね。風邪とか引かないように気をつけようね」など天気ネタは会話を始める第一歩ともいえるでしょう。

ただ、毎回天気ネタばかりを送ってしまうと、相手には「無理に会話しようとしてきてる?」と思われてしまうので、天気ネタは時々がいいでしょう。もし、どうしても送る内容に困ってしまうのであれば、天気の会話からデートへのお誘いをしてみるのもいいでしょう。

例えば、「最近はいい天気が続いてるね!今度ドライブにでも一緒に行こうよ!」などと誘ってみてはいかがでしょうか?

時間に合わせたネタ

好きな人のライフスタイルを知っておくのもよいでしょう。そしたら、「お仕事お疲れ様」などと送ることが出来ます。また、「仕事疲れたよ」「お腹すいた」などと送ることで、「ご飯何食べるの?」のように会話を繋げることが出来ます。あなたが女性なら、自分が作った料理の写メを送ることで女子力があると見せられたり、「美味しそう」などと言われて嬉しい気持ちになるかもしれません。

共通の話題をする

好きな人と職場や学校が一緒だった場合、お互い知っている人の話題を出したりすると会話が盛り上がるでしょう。共通点があることは、大きな武器です。誰かの話題や設備・環境の話題を出すときは、愚痴や悪口になり過ぎないように気を付けましょう。悪口が嫌いな人も多いからです。あくまで冗談っぽく言い、相手に「やっぱり話が合うなあ」と思わすことが出来たらこっちのものです。

好きな人とのlineの適切な頻度って?

好きな人と、どれくらいの頻度でlineをしたらいいか悩んでいる人も少なくないかもしれません。しかし、これはそれほど悩む必要がない問題と言えます。相手が迷惑と思っていたり忙しかったら、返事を遅くしたり、既読スルーをしたりしているでしょう。lineの頻度は相手が調節出来ることでもあるのです。

もし、早すぎると相手に気分悪く思われるかな?と思うときは、一時間に一回程度にするとよいでしょう。相手の返事が早いときはこちらも早く、遅いときはこちらも遅くすることで、相手もマイペースでやり取りが出来るでしょう。

まとめ

好きな人とのlineはとても楽しいですよね。とても便利な反面、既読が付くことによって悩みが生まれたりすることもあります。快適なやり取りが出来るといいですね。特に片想い中のlineのドキドキ感は、存分に楽しむといいでしょう。交際中のカップルは、是非ともラブラブな会話を楽しんで下さい。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加