【2016年運勢特集】双子座の男女別・血液型別の特徴と性格や各星座との相性を徹底解剖!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

双子座(ふたご座)のコミュニケーション能力が高いことご存知ですか?巧みな会話術で、周囲に注目されるなんてことも経験あるかもしれません。そんなふたご座は男女ともに一番モテる星座のようです。恋愛の経験も多いふたご座必見の、基本的な性質から血液型別の性質までまとめています。楽しみがらご覧ください。

ふたご座の性格・恋愛について

ふたご座の基本的な性質ってどんな物なのでしょうか?恋愛の性質はどうなのか?合わせて紹介していきます。

ふたご座の基本性格について

理性的に物ごとを見ることのできるふたご座は、頭も賢く、クールな印象のタイプが多いのが特徴です。インスピレーションが重要で、芸術的センスも兼ね備えていることも多いです。

情熱を持ちながらも、外に出さずに、内側に隠して秘めているふたご座が、熱い部分をみせるときは、少し捻くれたような態度になります。これは理性的に物ごとをみることが関係しています。

ふたご座はユーモアのセンスがあり、コミュニケーション能力が長けています。この能力の高さは、ふたご座が一番だと言われるほどです。

基本的な特徴として、「あっさり」「きっぱり」「こだわりなし」が特徴といえるふたご座は、飽きっぽいところがあり、立ち直りの早さはダントツです。

ふたご座について

ふたご座は精神を象徴する「水星」と、その要素である「風」により支配されている星となります。ふたご座は不安定な星座ですが、ふたご座は優れたコミュニケーションの第三ハウスに結びついている星座です。

ふたご座生まれは5月21から6月21日となり、3つのガーデンに分けられます。第一ガーデンとなる5月21日から5月31日生まれは、木星と水星の支配を受け、周囲とは別格の直観力を持ち、人道から外れるこをせず、それを意識する人道主義分野に進みます。

第二ガーデンとなる6月1日から6月10日生まれは、火星と水星の二つの支配を受け、ふたご座のガーデンの中で一番活発で大胆です。仕事では各地を飛び回るような職業を選びそうです。

第三ガーデンとなる6月11日から6月21日生まれは、太陽と水星の二つの支配を受け、知的センス、身体的センスを発揮する力をもち、自らの努力を周囲へ拡散させるため、豊富な情報をもつ社会的ネットワークがかかせません。

ふたご座全体の人に共通する部分として、頭の気転がよく働き、どんな情報ももらさず学ぶことができます。時にはその知識を周囲へ共有しようと、説明したがることがあります。あらゆる事柄への好奇心が強いため、豊富な知識を持ち合わせるふたご座は周囲でも目立ち、明るい存在となっていきます。

ふたご座は情熱的でありながら、時々集中力が欠けてしまうこともあり、仕事や友達との大事な場面でミスをするしてしまうことがあります。後悔をしてもすぐに忘れてしまう一面もあるようです。他のことに気が散り、慌ただしく常に行動するような性質を持っているので、まるで流れ星のような存在です。

ふたご座は、コミュニケーション能力にたけています。公私共に上手にコミュニケーションを図ることできるので、話がとぎれることがありません。会話を上手にこなし過ぎて、時々うわべだけや、嘘も混じっているのではと思われることもあります。

ふたご座には気分屋の一面があり、陽気なときと、悲しいときとの温暖差がありますが、水星の影響を受けることで、周囲の状況に上手に合わせる能力を備えています。

ふたご座にとって愛情は友情と同様にとても重大なポイントといえます。優れたトーク能力と、周囲への配慮で魅了することができます。

ふたご座の特徴

どんな環境にも適応能力が高いふたご座は、頭の回転が早いことで、コミュニケーション能力が高く、相手と会話の中での駆け引きを好みます。新しいことに興味を持ち、好奇心旺盛でありながら、ミステリアスな一面を持っています。深く情熱を傾けたかと思えば、曖昧な顔を覗かせます。

ふたご座の長所

ふたご座の長所は、さまざまな事柄に興味をもつ好奇心旺盛な一面です。その一面があるからそ、社交的であり、活発なのです。ふたご座は楽観的で幸せにくらしている人が多いのは、興味があることに対して、情熱を注げるからだといえます。

ふたご座の短所

コミュニケーション能力の高いふたご座は、どんな状況であっても、上手に切り抜けられる適応能力があるため、嘘をつく人や、操る側のサイドにみられがちです。

二面性があると勘違いされやすいタイプです。全ての情報を網羅しようとして、対人関係は広く浅い付き合いになることもあります。一揆に集中する反面、飽きっぽい性格だと言えるでしょう。

ふたご座の仕事ぶり

ふたご座の仕事に対する姿勢は勤勉です。同時に数種類の仕事をこなせる能力をもっています。そのため周囲からの信頼も厚いく、創造的に能力の高い働き手であると言えるでしょう。ただし、気分屋の一面をもっているため、気分を損ねると一瞬で怒りが爆発し、仕事の全てを失くしてしまう恐れがあります。

ふたご座の恋愛

ふたご座は孤独と静かな雰囲気が嫌いで、心はオープンであると言えます。情熱は激しく、お決まりの出来事は苦手で、常に新しいことに興味が沸きます。

ふたご座は動いていることが好きなので、楽しく過ごせる時間を共有するためなら、借金をもしてしまう勢いがあります。ふたご座が魅力的なのは、独創的で楽しく過ごせる相手となり、退屈などしないからです。

血液型別 ふたご座の女性の性格

ここでは、ふたご座女性の基本的な性格と血液型別の特徴を紹介してます。

ふたご座女性の基本の性格

ふたご座女性の基本的な性格は、女性らしいというよりは男性っぽく、サバサバしている印象が強いようです。なので、裏でネチネチと文句を言うような事は少なく、とても付き合いやすい性格と言えるでしょう。男女関係なく友達を作りやすい性格でもあります。

また、頭の回転が早く数多くの仕事をこなす才能もあるので、キャリアウーマンとしてバリバリと仕事をこなす人も、ふたご座女性には多いでしょう。他の人が、ふたご座女性と同じように一度にあらゆる事をこなそうとしても、その難しさに気付くことでしょう。これはふたご座女性が産まれながらに持った才能なのです。

A型ふたご座女性の性格

A型ふたご座女性の基本的な性格は、女性の憧れの要素を全て兼ね備えていると言えるでしょう。女性ならではの、相手の気持ちを汲み取る事が得意なうえ、やると決めた事に対しては決して諦めずに最後までやり通す、まさに周りの人のお手本といえる性格をしています。

チャレンジ精神も旺盛なので、友達からの誘いにも気軽に乗ってくれるフットワークの軽さもあります。なので、A型ふたご座女性と一緒にいると楽しいと思う人は多いでしょう。そして自分自身も、1人よりも友達と過ごす方が好きなタイプでもあるのです。ただ、恋愛でもその傾向が強くなりがちなので、度が過ぎると彼氏を束縛してしまう可能性もあり、注意が必要です。

B型ふたご座女性の性格

B型ふたご座女性の基本的性格は、何事も要領よくこなし、流行ものもさらっと着こなしてしまうような、かっこいい女性です。自分はそこまで努力をしなくても、ある程度のレベルまでは引き上げられるので、あまり必死になって何かに取り組む、という事は少ないようです。人によっては、少し嫌な印象を持ってしまう事もあるそうです。

恋愛では、相手に自分の気持がバレルのを嫌がったり、付き合っている相手に対しても甘えたい時に素直に甘えられないなど、少し天邪鬼な所があります。中には、わざとそっけない態度を取って相手の反応を見たがる小悪魔的な人もいると言われています。

落ち着いた関係よりは、自分も動き回る事が好きな性格なので、結婚しないで独身を貫くか、結婚しても働きたいタイプでしょう。

O型ふたご座女性の性格

O型ふたご座女性の基本的な性格は、その場にいるだけでその場が明るくなる、太陽のような性格です。いつも笑いが溢れる場所には、O型ふたご座女性がいることでしょう。ただ、自分でもそれを自覚している所があるようなので、下手をすれば「私がいないと寂しいでしょ」と自意識過剰になりかねないので、少し注意も必要です。

恋愛では、その人懐っこさから多くの男性が好意を持ちますが、本人のハードルはなかなか高く、実際交際にまで発展するまでには相当の時間がかかるようです。O型ふたご座女性は、明るいけれどとても慎重な性格でもあるのです。

AB型ふたご座女性の性格

AB型のふたご座女性の基本的な性格は、知的でクールです。他の人が苦労している事でも、難なくクリアしてしまうので、憧れの存在になるでしょう。しかし、本当の自分をさらけ出す事が苦手なので、周囲からは「よく分からない」と思われてしまうことも少なくないようです。男性によっては、そんなミステリアスな雰囲気に魅かれる人もいるでしょう。

そして恋愛でも、そのクールさは発揮されます。素直に甘えたりする時期ももちろんあるのですが、どことなく第三者的な目線で物事を見てしまう傾向があるので、付き合う男性は大人で包容力の大きい人の方がバランスがとれるでしょう。

血液型別 ふたご座の男性の性格

ふたご座男性の基本的な性格と、血液型別の特徴を紹介します。

ふたご座男性の基本の性格

ふたご座男性の基本的な性格は、とにかく陽気です。暗い話やネガティブな発言は苦手なので、いつも明るい会話を好みます。会話の中でもよく笑うので周囲の人を明るい気持ちにさせてくれます。

ただ、あまり物事を深く考えていないような所が「お調子者」という印象を持たれることもあうようです。しかし、基本的には、人を恨んだり悪口を言ったりするタイプではないので、憎めない人柄といえるでしょう。

A型ふたご座男性の性格

A型ふたご座男性の基本的な性格は、縁の下の力持ちです。自分がしゃしゃり出て目立つことは苦手なので、誰かのサポート役に自ら立候補するタイプです。しかし、産まれながらに知性的な魅力を持っているので、目立たない場所にいても好意を寄せる女性は少なくないでしょう。気持ちを読み取るのが得意なので、女性にもモテるタイプです。

ただ、あまりにも「完璧な男」なので、付き合う女性が自分に劣等感を感じてしまう問題もありえます。人間は、少し欠点がある方が可愛らしいですし親しみやすいものです。たまにはハメを外して、少しおかしな事をしてみてもいいでしょう。相手に気を遣いすぎてしまうA型ふたご座男性の緊張をほぐしてくれる、包容力のある女性となら上手くいくでしょう。

B型ふたご座男性の性格

B型ふたご座男性の基本的な性格は、自分で道を切り開いていける精神力を持った強い人です。世の中には、決まりきった事をするのが好きなタイプの人もいます。そのような人は環境の変化などに敏感で、適応するのにも時間が掛かるのですが、B型ふたご座男性の場合は自分がどのような状況におかれても、あまり左右されないのです。

そんな男らしい姿に魅力を感じる女性は少なくないでしょう。ただ、本人は恋愛におぼれる事はほとんどなく、色んな事をチャレンジしたいと思っています。なので、かまってちゃんタイプの女性だと、放っておかれるのが嫌で、喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

O型ふたご座男性の性格

O型ふたご座男性の基本的な性格は、好奇心旺盛な少年のような性格をしています。大人になっても子供の頃と変わらず色んな事に興味を持っているので、他の人が知らない情報も知っていたりします。そんな物知りなO型双子座男性に興味を持つ女性も少なくないでしょう。

明るくて人当たりのいい性格をしているので、付き合い始めてからも楽しいデートプランなどを考えてくれたりもするでしょう。ただ、本人は周りの人を楽しませる事を大切にしすぎるあまり、自分の気持に正直になれない所もあります。

付き合う女性が、ハキハキしたキツいタイプの女性だと、不満などを言われまくる一方で心にストレスをため込んでしまうので、心優しい女性となら上手くいくでしょう。

AB型ふたご座男性の性格

AB型ふたご座男性の基本的は性格は、真面目で慎重です。後先考えずにまずは行動、というタイプの男性もいますが、AB型ふたご座男性に限ってはそのような事はありません。あらゆる事を、あらゆる角度から分析し、どうするのが一番良いのかを考えるので、人によっては優柔不断、決断力が弱いといった印象を持つかもしれません。

また、物静かな性格でもあり、周りに状況を説明する事もないので、周囲の人間をモヤモヤさせる事もあるでしょうが、しっかり考えて行動する分失敗することはほぼありません。なので、職場では結果的には良い成績を収めるタイプのようです。そんな安定感のあるAB型ふたご座に魅かれる女性も多いことでしょう。

ただ、恋愛でも自分のペースは崩さないので、相手に心を開くまでには時間がかかったり、何気ない所で怒り出すなど、関係が安定するまでには辛抱が必要かもしれません。

ふたご座の恋愛の特徴

ふたご座における恋愛の性質について、特徴を紹介します。

ふたご座の基本の対人関係

ふたご座は多種多様な人と付き合い、多くの経験や知識を得ようと、広く浅く付き合うのが特徴的です。多くの人から得る知識に、感化されながらも楽しむ術を知っています。会話を上手くコントロールして、相手との距離感を保ちつつ、深い関係性になりすぎないようにしています。

ふたご座は、どんな相手であっても会話をすることができます。有名人や上司や部下などの肩書きや地位は気にしません。ふたご座の興味は、一目置かれる人たちの、道筋などの過程が重要なところです。多くの多種多様な人々と接することで、多くの人脈からネットワークを作ってしまうこともあるでしょう。

ふたご座にとって、多くの人と会話をすることは、楽しんでしていることだと言えます。多くの会話の中からポイントを押さえ、独自のスキルにプラスできるようにしていくのです。明るく軽やかに会話をしていても、程よい距離感が必要なふたご座は、独特の会話術を身に付けていると言えるかも知れません。

程よい距離感を崩されたり、テリトリー内を乱されることが嫌いなふたご座は、距離感を縮めてこようとする相手や、深刻な相談をしてきたり、常にべたべたしてくる様な相手とは、気づかれないように距離を離そうとします。

誰とでも仲良くなれると思われがちなふたご座は、重過ぎるような関係性にはならないようにしたいと願っているのです。その距離感を理解してもらえない場合は、冷静な態度をとることもあります。

ふたご座の恋人は大親友

知識が豊富なふたご座は会話することに長けていて、話をしている時間を忘れるほど、楽しませてくれます。相手とのコミュニケーションを大切に考え、楽しさを感じて欲しいと思っています。そのため、相手の会話も真剣に聴いています。軽いイメージとのギャップに惚れ直してしまうことがあるでしょう。

ふたご座は相手との会話を楽しみながら、徐々に距離を埋めていこうとします。みかけとは違い心の距離は時間をかけないと、埋めていけない一面をもっています。

急な接近で距離感は縮まることはなく、徐々に絆が深まるまでは、絶妙な距離感を保ちながら関係性を深めていくでしょう。

見た目の軽快さと心の信頼を置くまでとのギャップがあるため、肉体と心の距離感にズレがあることもあります。ほとんど肉体と心の関係はリンクしていないと言えます。

ふたご座は恋人に対して寛大であると言えるでしょう。相手の個性は大事にしたいと思っています。徐々にお互いの距離感を縮めて、相手のことがわかってきたとき、独特な個性があったり、考え方が固執しているよな相手でも、相手をすべて受け止め、理解しようと努力します。

相手の話たくないことも無理には聴かず、恋人でも相手に無理を求めない姿勢を持ち合わせていると言えます。生理的に無理でなければ、ふたご座は恋人には寛大でいられる特性をもっています。

ふたご座は恋人と共有する実際の時間は、楽しむことができれば良いのです。いつもべったりがいいとか、お互いの時間を大切にしたいとか、難しい恋愛ではなく、単純に楽しむことが共有できるかどうかがポイントなのです。

楽しむことにポイントを置くのは、相手に信頼を寄せているからこそなのです。大好きな人とは楽しい時間を共有できることが大事なのです。愛情の深さや相手への真剣さに重要性を置かないのは、未来へ繋がるかどうかは不透明なことであって、言葉で表現できないことも多いからだと言えるでしょう。

逆に相手がふたご座からの愛情表現を求めすぎたり、愛情の深さを確認ばかりしてくるような相手だと、うんざりすることもあるようです。

ふたご座は軽い恋や倫理観のない恋に走りがち

男女ともに恋愛経験が多く、モテる人が多いふたご座です。深くなるような関係性を避けたがる性質を持っているため、恋愛の経験は多いけれど、恋愛の深い本質は知らないと言う場合もあり、ほとんどが軽い恋愛傾向になりやすいです。別れを繰り返す恋愛は、傷つけてきた人も多いといえます。

ふたご座の男性はそんな軽い恋愛傾向から、遊び人タイプもしばしばいます。女性ではあまりあてはまらないようです。楽しいだけの恋愛ではいつまでたっても本物の愛を手に入れることができず、逃してしまうこともありそうです。

柔軟性な思考回路をもつふたご座は、恋愛にも柔軟な性質がでやすいです。好奇心が強い人だと、色んな恋愛経験がしたくて、恋人がいても本命と遊びをこなしてしまう勢いすらありそうです。ある意味怖い物知らずだとも言えるでしょう。

刺激を求める好奇心旺盛なタイプは、周囲を傷つけるような恋愛に陥らないように注意が必要です。倫理観を失わないように心がけなくてはなりません。

軽い恋愛傾向のふたご座も、いつかは結婚を望むときがくるでしょう。そのときには、楽しいばかりでは過ごせないことも理解しなくてはいけません。たくさんの時間をかけても生涯の人だと判断が付かないときには、フィーリングにまかせることも、ふたご座特有の選択であるかも知れません。

ふたご座の恋愛が長続きする秘訣

ふたご座が恋愛をする時は、自分同様か自分以上かぐらいの頭の回転の早さや、尊敬できそうな感触を感じた時に、相手へ感じる魅力が増すと言えます。ふたご座の男性でさえも、相手の女性の方が賢くても避けたりはしません。

賢い人が好きだというのは、ふたご座の男女ともにある共通点です。相手を尊敬できるようなフィーリングが恋に落ちる瞬間だと言えるでしょう。会話を通して、ユーモアを感じさせておきながら、途中エッジの効いたパンチのある瞬間には、グッと心を持っていかれることでしょう。

ふたご座は会話から、相手の魅力的な部分を繊細に感じ取り、声の高さや表情に注目しています。賢さを感じさせる会話の中で、笑わせてくれる中にふと見せるしぐさにとても弱いと言えます。

会話の中から相手の魅力を感じたいふたご座は、分かりやすいほど、明るいタイプを好みます。見た目がよくても会話が楽しくない相手は選びません。会話が少なく、クールな相手ではふたご座を満足させることは難しいでしょう。

周囲を惹きつけるほど明るく頭の回転が早いふたご座は、言葉のセンスを大事にし、恋愛のスタート地点にたどり着くまでは上手だと言えます。恋愛がスタートしてからは、「愛しぬく」などと意識はしないため、しばしばよそ見してしまうことがあり、相手を傷つけてしまうこともありそうです。

この恋愛を長続きさせたいと思ったら、意識的に自分自身をコントロールして、よそ見をすることがないようにしてみる努力をしましょう。大切な人を見つめな直し、自分の大切にしたい部分を変えていくことができれば、恋愛の関係性が長く続き、素晴らしい成長へと繋がるかも知れません。

2016年のふたご座の運勢

ふたご座の2016年の運勢から総合運、仕事運、恋愛運、金運、ラッキーカラーを紹介します。

総合運

ふたご座の2016年の総合運は、2015年後半から2016年前半ごろまでは、活発な行動は控え、内面的に見直す時期であるようです。自分自身に問いかけ、いつもの軽快さが物静かになり、のんびり過ごしている時間が多くなったことでしょう。

のんびり過ごす時間は、2016年後半からの幸運気の下準備になりそうです。退屈に感じてしまうようなら、後半のためにのんびりした時間を楽しむ努力をしましょう。自分自身の内面を見つめ直し、のんびり過ごすことに納得し始めたら、高い運気に乗り合わせる下準備が整ってくるタイミングです。

この時期に見つめ直すことをせずに、ただダラダラと怠けて過ごすと、後半の幸運気を逃してしまいそうですので、しっかりと自分と向き合いましょう。この時期を乗り切ると、後半の幸運気は大きく動き変化しそうです。ふたご座らしく楽しんで喜びを感じる時間が増えてきそうな予感です。

2016年の秋以降の後半は、これからの人生で探求しなければならない事がらを意識した、根の深いテーマを中心に思想を抱いてみましょう。そうすることで、自然と将来への幸運を呼びよせることができ、運気もさらにUPすることでしょう。

仕事運

2016年のふたご座の仕事運は、お金の問題より、納得のいく仕事の内容でなければやりたくないと、思えるような年です。経歴などのの問題ではなく、仕事についての姿勢を深く見つめ直したくなる時期でありそうです。

勉強家で情報収集を好み、幅広く活動したい行動派のふたご座ですが、2016年ではそこに重点的な意識は向かないようです。学ぶことより、心理学や人材開発などのコーチングが向いている年になりそうです。

仕事運は決して悪い訳ではなく、メンタル面の影響をうけてしまい、同僚との対人関係に考え込むことになったり、思っている以上には実際の仕事に焦点を合わせられず、停滞気味になりそうです。

2016年は同僚の良い点を見つけ、謙虚な姿勢で見つけなおすと良いかもしれません。転職は時間をかけた決断が望ましく、慌てて2016年に決断しない方が無難だと言えます。

恋愛運

これまで軽い恋愛傾向だった2016年のふたご座の恋愛運は、2015年後半から2016年前半頃まで、誠実な恋愛を望み、しっかりとした堅実さを意識してしまうようです。

好みの男性なら誰でも良いのではなく、長い時間を共に誠実に過ごせる相手であるのかどうかを、見極めたいと考えているようです。このような心の経験をしたことがなく、内面の心の変化に慌ててしまうかもしれませんが、良い恋愛運が舞い込んでくる暗示ですので、その感情をしっかりと大切にしましょう。

恋人がすでにいる方だと、結婚してもよいのかどうかと、見極めようとしてしまうでしょう。その結果が別れや話合いになることで、辛い思いをしてしまうこともあるかも知れません。

運命の相手ではないと感じたのなら、その直感を信じてみても良さそうです。お互いにプラスとなるはずです。運命の相手と感じたのであれば、今の関係を今以上に大事にしていきましょう。

結婚するタイミングは2016年後半から2017年以降がより良い決断へと結びつくはずですので、焦らずに結婚への行動を起こしましょう。

独身や思っている人がいる方は、2016年の後半から恋愛運が急上昇しそうですので、期待して楽しみ待っていて良さそうです。そのとても良い恋愛運を逃さないためにも、2016年前半は自分磨きは怠らずに、しっかりと下準備をしておきましょう。

服装などのおしゃれよりも、自分自身の内面を磨き、思いやることを忘れず、日々のボディケアが大切です。努力することで、高い恋愛運の流れに上手に乗り込めそうです。2016年は誠実を忘れずに行動しましょう。

金運

ふたご座の2016年の金運は安定していて、困ることはあまりないようです。出費が積み重なっても不思議と金銭面の援助が受けられそうです。仕事での昇給があったりするなど、ボーナスなども多く入ってくる可能性もありそうなので、夏の出費は心配しなくても大丈夫そうです。

出費に対して大きな心配はなくても、臨時収入的な部分がありますので、貯蓄も意識した方が良さそうです。無駄な浪費は避けましょう。

秋の後半頃からは冬の時期に、必要なアイテムの買い替えが起こりそうです。仕事も忙しくなる時期に入り込んでいくため、残業代が見込めるかも知れません。質の良さを重視し、機能的な面で丈夫な商品購入を検討した方が良いでしょう。

金運の幸運期は2017年以降が本格的になりそうなので、2016年は使い方を考えた方が良さそうです。長い目でみて、今後の良い投資になるようであれば、習い事などの自己投資に良いかも知れません。

ラッキーカラー

ふたご座のラッキーカラーは、2色が合わさった美しい色合いのものです。混ざりあわずに軽やかさを感じる、薄ピンク色、空色、黄色などの青みがかったトーンの色です。

ふたご座のカラーは、ふたご座を支配しいている「水星」の影響を受けています。その色が、青い色となるため、ラッキーカラーには青がベースとなっています。頑固に主張する色合いではなく、ふたご座らしい軽やかな柔軟な色合いであると言えます。

まとめ

ふたご座はコミュニケーション能力が高く、いつでも楽しいこと探しに興味がいきます。そんなふたご座は周囲には明るさをもたらし、暗い雰囲気も吹き飛ばせそうです。ふたご座の特徴をいかしてムードメーカーにもなれるので、いつのまにか頼りにされているかも知れません。

周囲を明るい輪にしてしまうことは、もはや天職であるとも言えるかもしれません。ただし、調子に乗りすぎたりせずに、周囲の反応をみることも忘れずにしましょう。やりすぎはあまり好ましくないんので注意しましょう。

2016年秋ごろまでは、自分自身を見つめ直すチャンスです。幸運期を良い状態で迎えるためにも、しっかり自分と向き合いましょう。

恋愛はある程度の年齢まできたら、軽い恋愛傾向は考えて行動すべき時かも知れません。結婚を望むのであれば、相手に対してきちんと自分の答えを探しましょう。恋人がいない人は、自分の内面を磨き、後半に訪れるとても良い恋愛運を逃さないでください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加