【完全版】蟹座女性の性格や特徴を徹底分析!蟹座女性の攻略法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

今回のターゲットは、12星座の中の一つである「蟹座」。蟹座の神話や、蟹座の人に多く共通する性格や傾向を、徹底解剖していきたいと思います。あなたの気になる人は一体何座でしょうか?身近に蟹座の人がいる場合は是非、参考にしてみてくださいね。

蟹座を性格を知っていますか?

2017年の蟹座 「星ダイアリー2017」より (一般書籍)

2017年の蟹座 「星ダイアリー2017」より (一般書籍)

朝のニュースの後や深夜番組の最後に、12星座占いを見かけることが多いですよね。日頃自分の星座を意識することはそこまでなくっても、占い番組を見かけるとなんとなく自分の星座をチェックしてしまったり…という経験、ありませんか?最近は星座占いの本などもたくさん出版され、星座占いは私たちの身近な占いの一つになっています。

今回のターゲットは、12星座の中の一つである「蟹座」。蟹座の神話や、蟹座の人に多く共通する性格や傾向を、徹底解剖していきたいと思います。あなたの気になる人は一体何座でしょうか?身近に蟹座の人がいる場合は是非、参考にしてみてくださいね。

黄道12星座、説明できますか?

私たちにとっては身近な存在である「星座」ですが、実際に12星座ってなんの意味?と聞くと、答えられない人がほとんどなのではないでしょうか。私たちが星座を使うことと言ったら、誕生日によって決められた自分の星座を、占いや本に照らし合わせて運勢や心理テストをチェックするくらい。12星座の本当の意味をなかなか知る機会はないですよね。

12星座って一体何のこと?

星占いに使われる12個の星座は、別名黄道12星座と呼ばれています。それら12個の星座が「黄道12星座」として親しまれるようになった歴史は、はるか約2000年前まで遡ります。ビルなどの明かりもなく、今より倍以上の星を観察することができていた古代の人々は、日々の星空鑑賞から、星の中には動かない星と動く天体があることに気づきます。

そして古代の人々は、恒星と呼ばれる「動かない星」よりも、水星、金星、火星、木星、土星、太陽、月などの「動く天体」に大きな意味があると考えていたそう。また、その動き回る天体の中でも、特に私たちの生活を豊かにし、恵みを与えてくれる「太陽」を神様のように神聖化し、拝んでいたと言われています。

黄道12星座の「黄道」とは、そんな太陽の通り道のこと。太陽はこの「黄道」を1年でほぼ1周して、1年前とほぼ同じ場所に戻ってきます。実際は太陽が1周しているのではなく、地球が太陽の回りを1年でほぼ1周する「公転運動」によっておきるもの。ですが、これを地球から見ると、太陽が黄道上にある星座のあいだを動いていくように見えるのです。

古代の人々は、まるで神様のような存在である「太陽」の不思議な動きに、何かメッセージがあるのかもしれないと考え、そんな太陽の通り道、「黄道」にある星座を12等分して謎を解こうとしていたそう。黄道上にあったそれら12個の星座が、黄道12星座として、現在も親しまれているというわけです。

誕生日の星座はどうやって決まるの?

先ほども説明したように、12星座とは太陽の通り道である「黄道」に存在する12個の星座。つまり1年のあいだの特定の時期に、太陽はその12星座のどこかに位置しているように見えるということ。生まれた日に、太陽がどの星座に位置していたか、ということが、神様のような存在である太陽からのメッセージであると考えるようになり、しだいに今でもおなじみの星占いとして、私たちの生活に定着していったのです。

そのため誕生日の星座は、その時期に太陽が位置していた星座であったといえます。しかし、これは星占いに基づくもので、実際に太陽が位置している星座とは、相当なズレがあります。それは、地球の自転軸は毎年ほんの少しずつ位置を変えていくため、太陽と星座の位置関係も時を経て少しずつ少しずつ変わっていくためです。

星占いにおいては3月21日〜4月19日までがおひつじ座、4月20日〜5月20日までがおうし座、5月21日〜6月21日までがふたご座、6月22日〜7月22日までがかに座、7月23日〜8月22日までがしし座、8月23日〜9月22日までがおとめ座、9月23日〜10月23日までがてんびん座、10月24日〜11月22日までがさそり座、11月23日〜12月21日までがいて座、12月22日〜1月19日までがやぎ座、1月20日〜2月18日までがみずがめ座、2月19日〜3月20日までがうお座となっており、それぞれ星座にまつわる神話も語り継がれています。

蟹座女性の性格・特徴って?

それでは、12星座の仕組みを理解したところで、今回のメイントピック「蟹座女性」さんの性格や特徴を見ていきましょう。まずは「蟹座の女性」の性格や特徴をそれぞれの血液型に分けてご紹介していきたいと思います。

蟹座のA型女性について

蟹座のA型女性は、愛情豊かな「お母さん」タイプであると言えます。面倒見が良く母性にあふれた、周りから愛される女性であることが多いんだとか。それでは蟹座のA型女性の長所・短所を詳しく見ていきましょう。

蟹座のA型女性ー長所ー

蟹座A型の女性は、12星座トップの母性を誇る「お母さん」タイプ。愛情豊かでとても面倒見が良く、特に家族や親しい友人に対する思いやりや優しさは人一倍なんだとか。場の雰囲気を敏感に察して、周りに気をくばったりと、さりげなく周りに優しさを発揮出来きるため、周りから好印象をもたれることが多いと言われています。

とても気が利いて、親切で世話焼きなので、家族や会社の中で信頼が深い傾向にあるそう。また、リスクを抱えるような冒険は好まず、大きな変化もあまり好まないことが多いんだとか。置かれた場所で自分のやるべきことを見つけたり、現実的に物事を考え、道をあまり踏み外すことのないタイプであるとも言えます。

蟹座のA型女性ー短所ー

A型の性格上、常識やマナーを重んじる愛情深い人ではありますが、感受性は強く、理性よりも、感情が強く働く傾向にあるんだとか。そのため、感情に左右されてしまうことも多く、やや気分屋のところがあり、喜怒哀楽が全面に表れてしまうことも。常識も重んじ、面倒見もよくしっかりはしているのですが、デリケートで傷つきやすい分、立ち直りが早くないのがたまにキズ。

そして、長所である「面倒見の良さ」と「母性」を発揮して、周りに気をくばり尽くしていくのは良いのですが、相手によっては、世話を焼きすぎたり干渉しすぎて、ありがた迷惑だと思われる可能性も。また、冒険を好まず、変化も求めず今の状況に満足してしまう傾向にあり、視野を広げ成長していく機会をあまり持たないことも、蟹座a型女性の欠点です。

蟹座のB型女性について

蟹座のB型女性は、和ませてくれたり明るくしてくれたりする「ムードメーカー」タイプ。自分の世界をしっかりと持っている自由奔放な女性が多いんだとか。それでは蟹座のB型女性の長所・短所を詳しく見ていきましょう。

蟹座のB型女性ー長所ー

蟹座のb型女性には、自由奔放なB型の気質に、人情味にあふれている蟹座の性格があいまったようなタイプが多いそう。気さくで面倒見の良い、親切な人柄であるとも言えます。

また、本当に自由奔放で、感情を押し殺すことをあまりせず、自分に素直に生きている方が多いんだとか。感情表現が豊かで、周りに合わせることなく自分の心に正直な、喜怒哀楽がハッキリしているタイプが多いです。自分の感情に素直で好き嫌いがハッキリしているため、自分の軸をしっかりともてているとも言えます。人情味あふれる蟹座気質から、家族や友人を大切にし、困っている人を見過ごすことは出来ない、「頼れる存在」でもあるんだとか。

蟹座のB型女性ー短所ー

自由奔放さが仇となり、情緒不安定になりがちなことが多い蟹座のB型女性。自分の感情を押し殺すことなく、自分に素直に生きている方が多いため、感受性が強すぎるあまり自分の基準で物事を見がちになってしまう傾向もあるんだとか。

独創性があり、自分を持っているということもできますが、場合によっては「協調性」が感じられなかったり、程よく「人に合わせる」ということを知らないのも特徴の一つ。自分が良しとした人にはとことん尽くし、合わないと感じた人とは距離を置いてしまうのもたまにキズ。仲間内なグループで固まってしまい、排他的な傾向が見られることもあるんだとか。

蟹座のO型女性について

蟹座のO型女性は、目標に向かって突き進む「一途」タイプであると言えます。自分の好みがはっきりしていて、鋭い感性を持ち合わせている女性であることが多いんだとか。それでは蟹座のO型女性の長所・短所を詳しく見ていきましょう。

蟹座のO型女性ー長所ー

世話好きで人情味に溢れた気質の強い蟹座に、とにかく一途!というO型の気質が加わり、一度「これ!」と決めたら、がむしゃらにとにかく突き進んでいくパワフルな一面が特徴。恋愛においても一途な傾向があり、一度恋に落ちたら情熱的な恋愛関係を築くことができるんだとか。

一つのものをとことん極めることに長けているため感性は鋭いのですが、きちんと現実を見据えられる現実主義で、夢や理想よりも実際の生活を重要視する傾向も強いそう。世話好きで相手に感情移入できたり、困っている人を見捨てられない人情味に溢れた性格から、「この人が居ると安心」「この人に相談したい」と他から頼られるリーダー気質であるともいえるでしょう。

蟹座のO型女性ー短所ー

蟹座のO型女性の一番の特徴である「一途」さが、時には仇となって出てしまうことも。人や物に執着するあまり、恋愛においては嫉妬やヤキモチが人より強すぎたり、独占欲が強くなりすぎてしまう傾向にあるそう。

また、自分ががむしゃらに頑張る決めた道を邪魔されたり、自分がこれだ!と思った意見に反発されるのが大嫌い。自分が把握したことしか信用できない傾向にあるため、他人から見るとちょっと嫌味な部分を感じたり、口うるさいと感じる部分もしばしば。蟹座のO型女性の長所である「一途さ」「世話好き」「人情味」が全面に出すぎてしまい、なかなか自分でコントロールすることができない、というのが一番の欠点といえるかもしれません。

蟹座のAB型女性について

蟹座のAB型女性は、目標に向かって突き進む「一途」タイプであると言えます。自分の好みがはっきりしていて、鋭い感性を持ち合わせている女性であることが多いんだとか。それでは蟹座のAB型女性の長所・短所を詳しく見ていきましょう。

蟹座のAB型女性ー長所ー

世話好きで親しみやすい、表面的にはすごく穏やかな印象のある蟹座気質と、クールな印象のあるAB型の気質が相まって、クールなようで世話焼きという、なかなか個性的なタイプが多いそう。また、AB型にはマイペースな一面があるため、人情には厚いマイペースな性格が見られます。

知的センスと程よい神経質さも持ち合わせているため、キャリアウーマン気質。世話焼きで人当たりも良いため、友人関係やビジネスにおいても、周りからよく信頼される人であることが多いでしょう。優れた金銭感覚もあり、ボランティア精神にも富んでいるんだとか。ビジネスにおいても結婚においても、苦労することのないセンスを持ち合わせたタイプであるといえるでしょう。

蟹座のAB型女性ー短所ー

蟹座の穏やかさ、そしてAB型のクールさという自分の中で二つの局面を持ち合わせている蟹座のAB型女性。どちらも非常にデリケートな気質が組み合わさっているため、周りから戸惑われることはしばしば、さらに自己矛盾に陥ってしまうことも。また、一見人当たりが良く穏やかに見えますが、「個人主義」の考えが強い傾向にあり、なんと防衛本能は12星座中トップ。

そのため、人付き合いは良いにも関わらず、周りから自分をしっかりと守っているため、それがあまり全面に出てしまうと周囲から孤立したりしてしまうことも考えられます。さらに、蟹座のab型女性はとてもデリケートで傷つきやすいタイプ。打たれ弱いため、仕事での失敗や、人間関係のもつれなど、精神的に負担がかかると、なかなかすぐには本調子を取り戻すことができません。

まとめ

当たりすぎて笑える!星座・誕生日占い 蟹座

当たりすぎて笑える!星座・誕生日占い 蟹座

今回は蟹座女性の特徴を血液型別にご紹介しました。あなたの周りの蟹座女性さんの性格と比べてみて、いかがでしたか?まとめると蟹座女性さんの性格はちょっと極端で複雑なのが基本のようです。星座や血液型以外にも、住んできた環境や経験してきたことなどが、その人の性格を作っているので、全員がこの通りに当てはまるとは限りませんが、周りに蟹座女性さんがいる場合、性格を照らし合わせてみるのも面白いですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加