夢に好きな人が出てくる方法と、好きな人が出てきた夢の意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

好きな人が夢に出てきた日は、なんだか一日ドキドキしてしまいますよね。普段は気にしない「夢」が持つ意味も、そういう時になって初めて、深く考え込んでしまうものです。今回は、一般的な夢占いに基づく、自分の夢に好きな人が出てくる理由、そしてその夢が持つ意味をご紹介していきます。

夢ってどうしてみるの?

そもそも私たちがなんで夢を見ているのか、考えたことはありますか?実は、覚えているか覚えていないかにかかわらず、ちゃんと眠っている限り、人は寝ている間に映画一本分くらいの夢を見ているそう。夢を見ていない人はほぼ皆無と言われているのだとか。自分はそんなに夢を見ないから関係ない、と思っていたあなたも、実は覚えていないだけで毎日いろんな夢を見ているんです。

どうして覚えていないの?

睡眠には、深い眠りであり脳も休息している状態の「ノンレム睡眠」と、浅い眠りであり脳は活発に動いている状態の「レム睡眠」に二分されます。夢は、脳が起きているレム睡眠の際に見られると考えられているんだとか。一晩眠ると一般的にレム睡眠は4?5回。そのため4?5回ほど夢を見ているということになります。

私たちは眠った後、レム睡眠中に夢を何回も見て、その夢がノンレム睡眠で途切れて…というのを一晩中繰り返しているため、朝起きるころには夢を見てからかなり時間が経っていることがほとんど。そのため、夢を覚えていることが少ないと言われています。たまにすごくショッキングな夢を見て、起きたときに覚えている時もありますが、実際に見た夢の1%にもすぎないんだとか。

その他にも、毎日見る膨大な夢を全部覚えていると、夢と現実が混同してしまって、日常生活に悪影響を及ぼす危険があるから。そして、記憶は人間が生きるための術ですが、夢の中で起こった現象や行動は現実とかけ離れているため覚えておく必要がないから、などという説もあります。

夢を見る理由は?

どうして人が夢を見るのか、まだはっきりとは解明されていませんが、その人の欲求不満が夢になって表れたり、現実に達成できなかったことを、夢の中で疑似的に体験することで心を満足させたり、夢の中で欲求を爆発させたりしているという説が有力だそう。

眠っている時は、「意識」も休んでいるため、いつもは気づくことの少ない自分の「無意識」な部分の影響を受けることが多いんだとか。同じ夢を何度もみたりする場合は、自分の「無意識」が何かを語りかけてきているのかもしれません。

好きな人が夢に出てくる理由は?

夢について少し理解できたところで、本題にうつってみましょう。「好きな人」が自分の夢に登場してくる理由とは一体何なのでしょうか?

理由1. 願望を夢の中で叶えるため

オーストリアの精神科医の「フロイト」は夢を研究した結果、夢は「自分の願望を表すもの」であると提唱しました。確かに、夢を見ている最中は自分の意識も働いていないので、「無意識」のうちに自分の欲しいもの(やって欲しいこと)が夢に反映された、という説も理解ができそうですね。

夢の中で彼とどこへ出かけたのが、どんな話をしたのか、二人で何をしていたのか…それこそ、あなたが無意識のうちに望んでいる、「好きな人」としたいことであるのかもしれませんね。日常生活で満たされない願望を夢で叶えることによって、心を落ち着かせ、より良い睡眠をとろうとした結果です。

理由2. 好きな人に会いたくてたまらない

特に、片思い中であったり、遠距離恋愛をしていてなかなか会えない時など、好きな人に対する「好き」という思いが、過剰に自分の中で高まってしまっている場合、その気持ちが反映され「好きな人」が夢に登場することがあるんだそうです。

片思い中の「こんなに思っているのに報われない」「会いたい時にすぐ会えない」というもどかしい思いが「好き」という感情を掻き立てた結果と言えるでしょう。理由1でご紹介した、自分の願望を夢の中で叶えようとしているという説と同じ原理であると言えますね。

理由3. 物事が上手くいかず落ち込んでいるから

「好き」という気持ちの高揚感や、意中の相手への思いの強さとは関係なく、ストレスが溜まってしまった場合にも、好きな人が夢に出てくることが多いそうです。

好きな人と最近会えていない、デートできていない…なんていうストレスだけでなく、課題に追われていたり、仕事がうまくいっていなかったり、悩み事があったりという単なる日常生活でのストレスも大きく影響するのだそう。

ストレスが溜まっていたり、辛い状況にあるとき、誰でも好きな人に慰めてもらったり、そばにいてもらえると安心ですよね。ストレスが多すぎることで、無意識のうちに「好きな人に癒されたい、頼りたい」という思いが働き、結果的に好きな人が夢に現れたということです。

理由4. 「無意識」からのメッセージ

スイスの心理学者「ユング」は、夢は「無意識からのメッセージである」と提唱しました。恋は盲目、という言葉があるように、好きな人ができるとその人のいいところばかり見えてしまって、その人の本性が見えなくなってしまったり、欠点までも美化されて素敵に見えてしまうことがありますよね。

そのように「意識」に左右されて見えていなかったものが、「無意識」が強くなる夢の中で表れるということ。もし夢の中の好きな人が、自分の思い描いている人と違う行動をしていたら、もしかしたらそれはあなたが無意識のうちに受け取っている、その人の素性であるのかもしれません。

理由5. 予知夢かも…?

「デジャブ」という言葉があります。この場面なんか遭遇したことがある気がする…、始めてきたはずなのに一度ここに来た覚えがある…など、将来起こることを夢の中で経験していることがあるんだそうです。

これは夢分析でも心理学的にも説明ができないことですが、実際に災害や事件に巻き込まれた人たちの中で、以前同じような夢を見たことがある人や、デジャブを実感したことのある人は本当に多いと言われています。

もしかすると、好きな人が出てきた夢と同じようなことが将来的に起こることを暗示している予知夢であるかもしれません。もしくは、その夢が無意識のうちにあなたに影響を与え、そうなるよう導かせているのかも、しれませんね。

好きな人が出てきた夢が持つ意味って?

それでは実際に夢に「好きな人」が出てきた時、夢占い的にはその夢がどういうことを示しているのでしょうか?夢のシチュエーションごとに、その意味をご紹介します。

好きな人と手を繋いでいた

誰かと手をつなぐ夢は、その相手がソウルメイトであることが多いんだそう。特に好きな人と手をつなぐということは、その人ともっともっと親密になりたいという思いが強いことの表れなんだとか。相手の手が温かいほど愛されている可能性は高いといいます。

逆に冷たい手であれば、悪いほうに引っ張っていこうとするマイナスな意味も含まれているようなので、注意が必要です。相手の方から手をつないできた場合は、両思いであるという説もあるんだとか。

知らない人で、その人に夢の中でとても良い印象を抱いた場合は、将来似た人と出会う可能性、そして結ばれる可能性があるそう。手をつないだ人が知り合いであれば、その人から愛されているなんてことも。

好きな人とおしゃべりしていた

今までの関係に満足していなく、もっと深く知りたい、もっと親密になりたいという心の表れ。隣に並んで話している場合は、仲間意識が強く協力し合おうという関係。向き合って話している場合は、対等な関係を築こうとしている表れなんだとか。

好きな人に嫌われてしまった

好きな人に嫌われてしまう夢なんて見た日には、なんだか一日どんよりした気分になってしまいそうですよね。しかし、夢占い(諸説あります)において、このような「いや?な気分になってしまう夢」は、恋愛における幸運が舞い込む前兆とされているんです。好きな人の中で、あなたの存在がどんどん大きくなっているというサインなんだとか。

また、好きな人に嫌われたくない!という気持ちが高まりすぎて、実際にそのような夢を見てしまうという解釈もあります。続けてそのような夢を見る場合には、「好きな人に嫌われたくない」という気持ちにとらわれすぎているのかも。一度冷静に考えて、心を整理してみてください。

好きな人とキスをしていた

夢の中でキスをしているなんて「すごくロマンティック!」と思いがちですが、ちょっと待ってくださいね。夢でのキスは、エネルギーを吸ったり吸われたりしていることを意味しているそうです。そして大抵のケースでは自分の方が吸われている立場だということです。好きな人からキスをされる、というのもその一例。

しかし、自分よりも優れている相手、自分が憧れている相手からのキスは、相手から良いエネルギーをもらえる兆しかもしれません。好きな人から夢の中でキスをされるということは、そうなってほしいという強い願望の表れ。いつの間にか相手のことばかりを考えるようになってしまっているというサインです。

そのため生気や魂を相手に取られてしまって、自分を見失ってしまわないよう、一度冷静になってみましょう。もし、現在付き合っている恋人・婚約者からのキスだった場合は、その相手との関係に何らかの不安があるか、マンネリ化している可能性も。

好きな人と喧嘩をした

喧嘩をする夢を見ると、実際にうまくいかないのではないか、予知夢ではないか…と変に疑ってしまいますが、夢占い(諸説あり)においては、実際には仲良くなれる可能性が高いことを示唆していると考えられているそう。今までの関係よりも、一歩踏み込んだコミュニケーションを取れるようになるかも。相手が喧嘩に対して一生懸命であればあるほど、その可能性は高いと言われています。

もし、前に付き合っていた相手、昔気になっていた相手であった場合は、自分の気持ちにカタがつき、吹っ切れようとしている合図なんだとか。終わった恋に対して整理がつき、次のステップへ踏み出そうとしている心の表れです。

好きな人からプレゼントをもらう

好きな人からプレゼントとして「卵」「花束」「お菓子」などをもらった場合、それは愛情をもらうサインであると考えられています。花束は、豪華であればあるほど強い愛情をもらうことができるそうで、お菓子も甘ければ甘いほど強い愛情を示唆しているそう。そっけない花束や、駄菓子などのお菓子をもらった場合は、恋人としてより「友情」としての愛情の意味が強いそう。

好きな人の夢を見るには…?

好きな人が夢に出てきた場合、その夢がどのような意味を持っているのか、ご紹介させていただきましたが、そんなことより「好きな人の夢を見たい!」「夢でもいいから会いたい!」という方もいらっしゃいますよね。最後に、好きな人の夢を見るためにはどうしたらいいのか、好きな人の夢を見やすくなる秘策をご紹介します。

眠る前に好きな人を強く思い描く

入眠前30分の強い記憶は夢に影響を与えると言われているそう。眠る前に好きな人のこと強く考えたり、夢の中で会えたら具体的に何をしたいか考えたり…。気持ちを高めておくことで、夢の中に連想していたことが反映される場合があります。また、連想は具体的であればあるほどいいんだそう。髪はどんな感じで…服装はこうで…話し方はこう…とベッドに入った後は細かいところまで、相手を頭に描いてみてください。

好きな人に関連するものを使う

頭の中でイメージするだけでなく、好きな人の写真、好きな人からもらったメール、好きな人の声が入ったデータや動画などがあると、より鮮明に記憶に焼きつき、夢を見やすくなると言われています。

特に私たちは、起きる直前に見た夢を覚えていることが多いため、夜明けごろに好きな人の声が耳に入るようにしておくと、その声が夢に取り入れられ、好きな人が夢に現れる場合もあるんだとか。また、「匂い」は記憶と特に深い関わりがあると言われているため、好きな人がつけている香水や香りを知っている場合は、その香りに包まれながら眠るのも効果的です。

まとめ

今回は、夢に好きな人が出てくる理由とその意味。そして、夢の中で好きな人に会う方法を少しご紹介しました。夢の分析や、夢占いには諸説あるため、私たちが100パーセント夢を理解し、コントロールすることはとても難しいですが、毎日の夢を前向きに捉え、現実世界での自信に変えるための参考にしてみてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加