付き合う前のデート回数や服装の正解を徹底解説!モテる男の模範解答とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

気になるあの人と付き合いたいけど付き合う前に失敗したくないという気持ちでどうしたらいいのか不安になることはないですか?今回はそんな不安もすぐに解決できる、モテる男のデート回数と場所、服装とマナーや連絡、告白タイミングについて徹底解説。アプローチポイントをご紹介します。これで失敗することはもうないでしょう。

あなたはデート中にテストされている

「どうせデートするなら失敗したくない!」と思うのはもちろんですが、それ以上に「どんなデートを心がければ女性を惹きつけられるのか?」について知りたくありませんか?そんなあなたのために、付き合う前のデートでやるべき行動プランをご紹介していきます!

「いきなりなんだよ?」と思われたかもしれませんね。実は女性というのはデートに対する考え方が男性とは”全く違う”ということを大前提として覚えておいてください。「デートに誘えたということはちょっと脈アリかも?」なんて調子に乗っていると必ず痛い目に合います。もちろん、デートに来てくれる女性は相手の男性のことを悪くは思っていませんが、そこまで良くも思っていません。

実はこれ、産経リビング新聞社の「シティリビングWEB」の調査で分かっているのですが、女性が興味のない男性からデートに誘われた時、「嫌いな人でなければ行く」という回答がなんと、7割以上!

7割の女性が、特に興味のない男性に誘われた場合でもデートを前向きに考えていることが、イザ!とサンケイリビング新聞社のサイト「シティリビングWeb」が実施した合同アンケートで明らかになった。

出典: sankei.jp.msn.com

付き合うまでの理想的なデート回数と頻度とは?

まずは付き合うまでのデート回数についてですが、これは3回くらいが最も成功しやすい回数です。さらに、頻度としては一週間に1回がベストなタイミングです。理由としては、女性があなたに対して飽きてしまうからですね。あまり頻繁過ぎてもダメ、あまり会い過ぎてもダメだということです。回数については女性との距離感を見ながらですね。

なかなか心を開いてくれない女性なら、3回ではなく5、6回はデートを重ねなければダメかもしれませんが、逆に6回以上だと飽きられる可能性があります。判断基準としては女性からあなたのことを積極的に質問してきたり、あなたからのスキンシップに対して受け入れ体制になっていればかなり心を開いている状態だと言えます。

3という数字を意識しましょう

女性はなにかと3という数字を境界線とします。3分、30分、3時間、3回などなど、3より大きい数字だと「多い」と感じ、3よりも少ない数字だと「少ない」と感じる生き物なのです。なので、たとえあなたが少ないと思っていることがあっても、それが3を越しているのかどうかを意識して判断するといいでしょう。

付き合う前の服装で気をつけること

デートの服装を考えた時に「ダサいと思われたくない!」「オシャレしないとダメだ!」とどうしても”オシャレ”という言葉に振り回されてしまっていませんか?実はそこまでオシャレにばかり気を使う必要ありません。ホントに大事なのは”清潔感”と最低限の服装です。

あくまで清潔感を大切にしてください。だからと言ってあまりにも適当な格好は絶対にNGです。なぜかというと、女性もあなたとデートするために頑張ってオシャレをしてきてくれているわけですから、誘ったあなたが適当な格好をして行くのは単純に失礼だからですね。デートに来てくれた女性への最低限の礼儀として考えてみましょう。

清潔感で重要なこと

男は清潔感と言ったら「身体を綺麗に洗えばOK!」と思い込みがちですが、男性の思う清潔感と女性の思っている清潔感は基準が違います。もちろん、体臭や口臭なども重要なので、身体を綺麗にすること自体は間違っていないのですが、それ以上のことを求められていることに気づき注意してください。女性の考えている清潔感と言うのは、寝癖がついてなく櫛で梳いた作られた髪型、眼鏡のレンズは綺麗に磨かれているなどなど、

ほかにも、爪は長すぎず、爪の間はなにも挟まっていなく綺麗である、乳首が透けていない、ベルトの穴が開きすぎてない、靴下に穴が開いていない、靴底が削れていないなど、チェック項目はたくさんあります。これらを全てクリアすることによって、ようやく清潔感のあるファッションだと思われるのです。

癖も注意!?

男から見たり自分では自覚のない癖でも、女性から見たら「この人フケツ!!」と思われる癖というのがあります。鼻の中がかゆくてちょっとだけでも指を鼻に入れたり、財布からお札を出すときに手汗が足りないから指を舐めて湿らせたり、トイレで手を洗ってぶんぶん振りながら自然乾燥をしたり、耳をほじったりなど、特に女性に触れるかもしれない機会がある手や指を使った癖がある人は気を付けましょう。

また、せっかくカッコよくスマートなファッションで決めてきたのに、がに股で肩を張りながら歩いたり、猫背になってしまってはもったいないです。立ち振る舞いの癖にも注意しましょう。

付き合う前のデート代はおごり?それとも割り勘?

これはハッキリ言えますが、男性がおごってください。ついでに言えば付き合う前のデートであまり高級なお店に行くのも避けてください。まだ付き合ってもいないのに高級なお店に連れて行かれても女性はちょっと引いてしまいますし、おごってもらった時にはかなり気を使ってしまいます。理想は1人3000~4000円くらいのお店で食事をするのがベストだと思います。2人合わせても1万円以内に収まる程度にしておきましょう。

それくらいなら女性に気負いさせることもありませんし、男性としても負担が大きな金額ではないはずです。ではなぜ割り勘ではダメなのか?この理由は単純なのですが、会計でモタモタした時点できっちりと減点されてしまうからです。

女性がお手洗いに行っている間に店員さんを呼んで支払うか、予めクレジットカードを渡しておいて、食事が終わった時に受け取るだけにするなど、スマートな会計を心がけましょう。

食事の際のマナーは要注意?

まず、食事の際のマナーは要注意してください。というのも、女性は男性より食事のマナーにすごく敏感で女性がこの人とは付き合いたくないと思うシーンでTOP5には必ず入るのが「食事の際のマナーが悪い」です。盛り上がってた気持ちも一気に冷めて最悪の場合もう連絡が取れないということにもなりかねませんので要注意しましょう。

①お店の予約

さて、まずお店を予約するときは男性がしましょう。なるべく窓際や個室を選ぶよう。窓際にすることによって外の景色を楽しむこともできます。個室にすることによって二人だけの空間が出来て周りを気にすることなく食事をすることができるからです。

②お店に入る時

次にお店に入る時は扉を開けて女性から入ってもらうようにしましょう。自分が入ったら予約した事を定員に伝え、席まで案内してもらいます。席に着いたら女性から座らせるようにしましょう。

③メニューを決める

まずは、メニューが1個しかない場合、女性の方にメニュー表を広げて注文するメニューを決めてもらいましょう。女性でなかなかメニューを決めれない人もいますが急かすようなことをいうのはご法度です。

逆にどのような料理が好きなのか?など会話をするチャンスにもなるので相手を喜ばせながら待ちましょう。この時にメニュー表が見にくいですが自分も注文する料理を決めておくと、スムーズに注文することができ、女性からも好感をもたれやすいです。

注意するのはオーダーをするとき、押しボタン式ではない場所では男性が店員さんを呼ぶように徹底しましょう。

④食事中の注意点

ここが一番女性の印象を変えやすいところで要注意ポイントです。今回は注意ポイントを7選に絞りました。どれも一つでもあると減点されるの間違いなしです。

①女性に一番嫌われやすいのが「音を立てて食べる」です。くちゃくちゃと音を立てながら食べていたら女性はそれだけで幻滅してしまいます。どんなにカッコイイ服装やエスコートをしてくれて良い印象を与えていてもこれをするだけで台無しです。

②口の中に食べ物が入っている状態で喋らないようにしましょう。会話したい気持ちもわかりますがもぐもぐしながら喋られたら女性はすごくそれが気になり、がさつな印象を与えてしまいます。

③食べ物はこぼさないようにしましょう。うっかり落としてしまったりもありますが、頻繁に食べ物を机に落とす人は育ちが悪いのかと思われてしまい減点対象になります。

④箸の持ち方が悪いと、あまりいい印象を与えないので極力綺麗にもつようにしましょう。

⑤食事中に携帯を触るのはやめましょう。せっかく二人で食事をしているのに携帯を触ることでもマナー違反ですし、相手に自分との会話はつまらないのかと思われます。

⑥好き嫌いはご法度です。たとえ嫌いなものが出てきた場合、お皿から除けていたらあまりいいように思われません。なるべく我慢して食べる方がいいです。作ってくれているシェフに対しても失礼です。

⑦食べる速度も注意しましょう。男性の中で食べるのが早い人がいますが二人でいるときは相手のスピードになるべく合わせるようにしましょう。男性の方が早く終わってしまった場合、女性を待つのはいいのですが女性からしたら急かして料理を食べないといけないと焦らせてしまいます。ちょっとした気遣いが出来る男の秘訣です。

長くなりましたが、食事をする際はこれほどの注意するポイントがあります。どれも当たり前じゃないか、と思われるかもしれないのですが男性が感じるより女性の方がよく見ています。ちょっとでも印象を下げないように気をつけたいですね。

⑤食後の注意点

食事中まで完璧だったのに、食後でやってしまってはもう救いようがありません。最後まで気を抜かずにかっこいいあなたを彼女に魅せてあげてください。

①口元は必ず拭くようにしましょう。もしかしたら付いているかもしれないし、仮に目立つものが付いていなくとも唇には料理の油がたっぷりと付いていることがあります。後でムードがよくなりキスを…となった際に油たっぷりの唇では彼女も拒んでしまいたくなります。

②爪楊枝を使う際は口元は必ず手で覆って隠して、奥歯の場合にはお手洗いに行きましょう。歯に挟まったものを取る時に爪楊枝を使うのはOKですが、できるだけ短時間で見られないような工夫をしてください。目の前で素早くやるのが難しいと思った場合には、トイレで行うことを選択しましょう。

③ナプキンは無造作に投げ置かないようにしましょう。フレンチのマナーでは、ナプキンをたたむこと=美味しくなかったという意味ですが、ここはフランスではなく日本です。たとえたたまなくても、ぽんっと投げ置くのではなく、丸めて丁寧にテーブルに置きましょう。

④食後には必ず女性にトイレに行くか尋ねましょう。男と違い、女性は身体の構造上トイレが近いものです。また、料理を楽しんだあとに口紅などのメイクの心配をしている人も多いので、食事中にトイレに立ったから大丈夫と思わずに、必ず化粧室に行くかどうかを聞いてください。聞く際にはトイレとは言わずに、お手洗いもしくは化粧室と言い換えた方が気遣いを感じられます。

デート中の会話で気を付けること

次に会話で気を付けることをご紹介します。おしゃれな場所や食事でいいムードを演出することが出来ていたとしても、せっかくのデートで会話がつまらなかったら次も一緒に行こうとはあまり思わないですよね?簡単にですがこれだけは気を付けたほうがいいというデート中の会話をご紹介します。

ネガティブな発言しかない。何を話していいかわからず黙る

あまりに自分に自信のない人は、ネガティブな発言を繰り返して女性に呆れられる傾向があります。俺なんかとご飯に来てもらってごめんねなんて言われても若干引いてしまいますよね。

さらに最悪なのが何を話していいのかわからなくなり黙り込むことです。会話が続かなければそれだけで気を使う時間も増えますし、気疲れしてもう次はないなと思われることは間違いないでしょう。

ネタを連発する

面白いと思ってやっているのか、気を使ってやっているのかわかりませんがネタを連発する姿は見苦しいです。あなたはデートに来ているのですから、女性をスマートにエスコートしてあげる必要がありますよね。

それにもかかわらず、自分のネタで笑わせることに必死になられても、反応に困ったり疲れてしまいもうこの人はいいや…と思ってしまいます。

会話をしていて悪口又は愚痴ばかりいう

「仕事が大変でさあ、上司がうざくて」など、仕事の愚痴やネガティブな発言しかしない男性は総じて女性から評価を下げられます。せっかく楽しい時間を過ごしに来ているのにマイナスな発言ばかりを聞かされていてはつまらないし、少なくとも楽しいとは思えません。例えばレストランに来ても美味しくないだとか店員の態度が悪いだとかいちいち色んなところに文句をつける人、いますよね。

いくらお店がイマイチだろうと、本来女性とご飯を食べに来ることを目的としているのですから、多少嫌なことがあったりしても目をつぶって寛大さをアピールしましょう。

自分の武勇伝や趣味の話しかしない。自慢話が多い

「へえ〜すご〜い!」とその場では女性が反応してくれるため、ついつい喋りがちになってしまう自分の武勇伝や趣味の話ですが、これは女性側からしたら一番しんどいこと。いくら興味のない話だからといってノーリアクションだったり否定するわけにもいきませんし、とりあえず持ち上げなければいけないという疲れがたまってしまいます。

返答がないまま他の話をする

結構無意識のうちにやってしまいがちなのがこれ。たとえば二択や、普通ならば明確に答えられる趣味についてなどを質問されたときに、それと関連しているような事柄が頭に浮かび、そのままそっちに関してを話してしまう人がいるのです。しかもその思考プロセスは本人の中だけで行われているため相手にとっては全く通じないことが多かったり。

これは「そういえば」や「それがさあ」といった口癖の人に多いので、当てはまる人は自分はちゃんと返答しているのかを注意して会話をしましょう。もしも本当に付き合いたいと思っている彼女ならば、会話の1つ1つを丁寧にキャッチして投げ返しましょう。その丁寧さが彼女に「この人は私の話をちゃんと聞いてくれているんだ!」という感動を与え、好印象へと変化していきます。

付き合う前の連絡方法や連絡頻度は?

気に入った女性に対してはどうしても頻繁にメールやLINEを送ったり、夜のちょっと暇な時間に電話をかけたいという気持ちはよく分かります。ですが、付き合うまでの連絡はできるだけデートの連絡事項だけをメールやLINEで送るくらいにしましょう。これも飽きられないための効果的な対策なので我慢してください。デートの約束を取り付けた後のメールやLINEの内容は「集合場所の確認」「集合時間」を送るぐらいで大丈夫です。

本当にデートするのかやや心配しながら集合場所に来てもらうと待っている男性を見るだけで女性は安心して笑顔にすることができます。それ以外に送るのはデート翌日に「昨日はありがとう」メールですね。なぜ翌日なのかというと、前日のデートを思い出してもらい、あなたのことを考える時間を増やすためです。これは人間心理を刺激する方法なのです。

人気の美容室に行ったら数日後にハガキが来ていて、「あ、そういえばこの間この店行ったな……」と思い出した経験があるかもしれませんが、これもその心理と同じなんです。メールとLINEの例として「昨日はありがとう。無事に家に帰れたかな?○○さんと、遊べてすごく楽しかったです。今度は△△で話した■■に行ってみたいですね。

お互いお仕事頑張りましょう。それでは失礼します。」など相手と一緒に居て楽しかったことを伝えるのも大切です。デート当日の出来事を思い出してもらうことと、デートの連絡事項のみということを忘れないようにしてくださいね。くれぐれも夜に感情的になって変なメールを送らないように気をつけましょう。

もっと話したかったと返事が来たら?

デートが終わってこちらからのメッセージも送ったあとに、女性から「もっとお話ししたかったな~」といった返事が来たときは、どのくらいで送り返されたか時間をチェックしましょう。実はこの返信までの時間と言うのはすごく重要なことで、この時間が早いほど気がある可能性が高いのです。もし相手がまだ寝る時間まで暇がありそうであれば、メールでのやりとりを楽しむのもありでしょう。また、次のデートのお誘いをしてもいいかもしれません。

逆に1時間以上時間が開くようでしたら、その日のデートで彼女は疲れてしまった場合が多いです。返事がくるのが遅かった場合や返信がない場合もありますが、その時は気にせずにその日はそっとしておいてください。女性はあなたのためにオシャレや会話に気を遣うことが多いですし、翌日大事な仕事が入っているのかもしれません。デートのために時間を割いてくれたことをありがたく思い、返信がなくても落ち込まないようにしましょう。

付き合う前に手をつなぐのっていいの?

女性は絶対にうれしいはず

「恋愛対象として見てくれているんだ!」と思い、女性はきっと嬉しいはずです。手をつないでも拒まれず、すぐに手を離されなければ脈ありと思ってもいいと思います。これなら女性だって付き合う前でもとても嬉しいこと間違いなしです!もうすぐカップルになれるのももうすぐかなと胸を弾ませていることと思います。しかし、まだ二人の距離も縮まっていないのにこういったスキンシップをすると、反対に嫌悪感を抱かせたりする恐れもあります。

また、女性は好意をもってないのに手をつながれると、スッと離されたりするかもしれませんね。そのような行動を取られると、素直に身を引きましょうね。

好意を示す行動の一つになる

女性の気持ちをはかることが出来る、一つの方法でもあります。お祭りや花火大会などの人ごみの多い中に出向くとき、さりげなく手を差し伸べてみましょう。それに応えてくれるようであれば、好意がある第一歩だと捉えてみてもいいかもしれませんね。もし好意がない男性であれば、女性は見て見ぬフリをして、差し伸べられた手に気付かないフリをすることでしょう。

女性からの好意があることを確かめる方法にもなりますが、あなたの好意を示す方法でもあるのです。「恋愛対象としてみている」「守ってあげたい」などという思いから、手をつなぐ行動へと表れているのです。まずは手をつなぐことからプローチしてみてはいかがですか?

付き合う前のキスってあり?

軽い男に見られるのを覚悟しましょう

欧米人ならまだしも、やはり日本人にとってキスというのは少しハードルが高いものです。男性でもキスをするというのは勇気のいることかもしれませんが、される側の女性にとっても受け止め方は様々です。

そもそも付き合う前にキスをする理由は何でしょうか?もし付き合う前にキスをしたとして、女性は何て感じると思いますか?「誰にでも気軽にキスしたりするのかしら?」「この人遊び人?」「私って遊びに思われてる?」と思われるのが当然です。

マイナスの事ばかりですね。そしてキスをしたら、今度は次の流れへこのまま行こうとしているのだろうと、簡単に想像がついてしまいます。女性はもっと大切に扱われたいものです。付き合うまでに大切にとっておいておいた方が賢明でしょう。

付き合うきっかけになる時も?

先ほどはマイナスの事ばかりを挙げましたが、中にはプラスにとる女性もいます。その多くは、すでにデートを何回も重ねている場合に多いでしょう。おそらく、お互い気持ちは通じ合っているのに、なかなか告白も出来ずに進展していない場合、女性の方がしびれをきらせている場合もあります。わざとキスをしてもらう様に仕向けるなんてこともあるかもしれませんね!

夜景の綺麗な場所に行きたいと女性から持ち出し、いつキスをしてもいいシチュエーションなのになかなか告白もキスもしてこない場合、「告白されるのずっと待ってるんだけどな」「キスしてもいいよ」などと言ってくる女性もいることでしょう。こうなると付き合うきっかけのキスになること間違いなしですね!あまりにも男性の方が奥手だと、女性から積極的にアプローチしてくるかもしれませんね!

じゃあ付き合う前にエッチはあり?

本命の彼女にしたいのなら・・・

キスは告白と同時だったりと、付き合うきっかけにもなるとお話ししましたが、エッチはどうでしょう…まず、本命の彼女にしたいと考えているのなら、付き合う前にエッチは絶対にやめておきましょう。女性の方も、もしあなたに好意があるのなら、その信頼を大きく損ねてしまいます。「私ってそこまでの女としてしか見られていなかったんだ」「要は体目当てでデートしてただけなんだ」と思われてもおかしくありません。

あなたの信頼を損ねるのはもちろんですが、もしエッチまでいったとしたら、その女性にも問題があると考えてもいいでしょう。貞操観念が低い女性の恐れがあるからです。あなたと付き合う事になっても、知らぬうちに違う男性と浮気して、あっという間に二股三股をかけられる可能性だってあるのです。いずれにしても、付き合う前のエッチは、お互いの信頼関係や価値観を大きく狂わせてしまうので、やめておいた方がいいでしょう。

女性からエッチにもってくる場合もある

女性だってエッチをしたいと思うものです。好きな人に抱かれたい、キスをされたい、朝まで一緒に寝ていたい… ごくごく普通の感情だと思います。最近の男性は自分に自信がないからと、なかなか最初の一歩を踏み出せないでいる人も多いと言います。メールや電話も何回もやり取りをして数か月たち、デートも何度も重ねてきた。それなのに指一本も触れてこない…「本当に私のこと好きなの?」と不安に思う女性も多いことでしょう。

そんな不安をもった女性が思い切って自らエッチにもっていく場合だってるのです。本当に私の事を好きなのか、そして何か進展をさせたい一心で思い切った行動をとる場合があるのです。知り合ってすぐのことだと、その女性の信頼も疑いますが、ある程度デートを重ねてお互いの事をわかっている関係なら、女性からエッチにもっていく可能性もあるということです。

付き合う前のデートのスマートな誘い方

付き合う前のデートは、やっぱり交際中のデートよりも誘い方が本当に大事です!付き合ってない関係でいかに自然にデートに誘えるかどうかがその後の展開を決めるといっても過言ではないでしょう。一番理想的なのは、会っている時にふわっとしたニュアンスで「今度どこかご飯でも行こうか」と誘うこと。詳細な日程を決めたりはLINEやメールでやり取りするとは思いますが、事前に声をかけていた分誘われる女性側からしても誘いに乗りやすくなります。

最初からLINEで誘う場合は、どれだけ自然にデートのお誘いの文脈まで持っていくかが肝!いきなり「デートしませんか?」「今度ご飯にでも行きませんか?」という誘いLINEが来たらどんな女性でもかなり身構えてしまいますよね。LINEで誘いたい場合、最初は何気ない話題を続けるようにしてください。日々のことでも何でもいいですし、他の話題で盛り上がってから好きな食べ物の話題などに持っていきましょう。

女性が好きな食べ物や、行きたいお店について話してきたら後はもう「食べに行こうよ!」でOK!流れとしてもとても自然でスマートな誘い方です。間違っても突然「〇〇いかない?」と誘わないでくださいね!

付き合う前のデートで避けたほうがいい場所

遊園地や動物園

付き合う前のデートで遊園地や動物園に行ってしまうと、どうしても1日コースのデートになりますよね。まだ付き合う前の二人が丸一日を一緒にすることはただでさえ難しく、ボロやアラが出やすくなります。せっかく最初は話も盛り上がっていたのに、1日の終わりには話すこともなくなり二人ともだんまり…なんてことになっては次はないでしょう。

付き合う前のデートは「まだ一緒にいたい」と思わせられるかどうかで今後の命運が決まってくるのです。そのため、一回のデートは長くても5時間程度で解散するのが良いと言われています。夜からディナーに行くのが丁度いい理由がまさにそれなのです。いくら遊園地が好きな二人でも、行くとしたら丸一日は避けましょう!

付き合う前のデートの告白方法

告白は帰り際に!

使う前のデートを3回ほど重ねて、雰囲気もいい感じ。いよいよ告白するぞ!と意気込んだとしても告白方法は勢い任せでなくしっかり計画を立てましょうね。まず告白ですが、ディナーを食べている居酒屋やレストランでの告白は絶対にNG!人が周りにたくさんいるところで告白されるのは恥ずかしいこともあり、女性が不機嫌になってしまう可能性も高くあります。

また、他の人も見ている中で振ってしまうこともできないし、今振ったらお会計とかどうなるんだろう?この後の食事は…?と考えてしまいとりあえずOKして、後から振ってしまうことが多いのです。一番いい告白タイミングは帰り際です!駅までもしくはお家まで送っていくよ、でもなんでもいいのですが帰り道を二人で歩いている時に告白しましょう。なるべく静かで人も少なめな場所がベストではありますが、どんな帰り道でもお店で告白するよりはかなりいいでしょう。

駅や彼女の自宅が近くなってきたところで、今日は本当にありがとうという言葉を添えて告白してあげてくださいね。スマートなあなたの振る舞いに成功率も大幅アップです!

付き合う前に彼女の誕生日が来たらどうする!?

まだ付き合ってないけど、気になる彼女の誕生日が近づいてきた!そんなときあなたはどうしますか?まだ彼氏ではないので、「誕生日は俺と過ごすでしょ」なんていうのはまだ早いですよね。かといって、友達と同じようにそのまま大切なイベントを見送ってしまうのは嫌だという人も多いはず。そんなときは、彼女にとって特別な印象を残しながらお祝いをしてあげるのが効果的です。その方法やタイミングをお伝えします♪

タイミングや方法を間違えてしまうと、「まだ付き合ってないのに勘違いしてるのかな・・」と女性は引いてしまうので気をつけてくださいね。

少し前に誕生日の予定を聞いてみる

気になる彼女が誕生日にどう過ごしているか気になりますよね。その反応によっても脈ありかないのかがわかるかもしれません。そんなときには、「○日って誕生日だよね?友達にお祝いしてもらうの〜?」などとラフな感じで少し前に聞いてみるのがおすすめです。なぜ”少し前”なのかと言うと、前過ぎると「いつもは友達に祝ってもらっているけどまだ友達の予定が出ていないから決まっていない」という返事が来る可能性があります。

それにあまりにギリギリに聞いてしまうと、彼女も予定を入れてしまっている可能性が高くなってしまいます。そのため、1週間〜2週間前くらいに予定を聞いておけばもしかしたらあなたに気があれば「予定ないんだ〜」と返信がくる可能性も。そうなったら「もしよかったら一緒に過ごさない?」と提案することができます♪誕生日を過ごす約束ができたら、きっとあなたに気が少しはある証拠。期待しちゃっても良いかもしれません♡

誕生日当日!メールは午前中のうちにスマートに送りましょう

さて、誕生日当日メールを送るならぜひ午前中に♪社会人になってくると、メールでのおめでとうの連絡も減ってきますよね。昼過ぎに落ち着いた頃に連絡をしてきてくれることは多いですが、なかなか日付が変わってから午前中の間に連絡をくれる人は少ないです。そのため、喜びも大きく、ちゃんと覚えていてくれたんだな〜と感じ取ってくれるはずです♪

朝から長々とした文章を送ると「暇なの?笑」と思わせてしまう可能性もあるので短くても大丈夫!覚えてたということをアピールするためにも、午前中がおすすめです♡夕方から夜に送ってしまうと、誰かと一緒にいるときにメールを受信する可能性があるのであまり印象に残りにくいんです。

あなたからの”おめでとう”を待っていたとしたら、朝のうちに来たら嬉しいですよね。もし予定がなかったとしたらそのまま夜に逢えるかもしれないというメリットもあるんです。

電話をするなら前日の夜に♡

直接おめでとうを言いたいな〜という電話派のあなたなら、前日夜がおすすめです!カウントダウンをしている可能性もありますが、だいたいは当日の夜にお祝いをしてもらっていることが多いので、前夜は家で普通に過ごしてる人も多いはず。そんなときにフライングでおめでとうの電話がきたら誰でもうれしいですよね♪そんなサプライズ感も込めて電話してみてはいかがでしょうか。

うまくいけば明日の予定も聞き出して一緒に過ごすこともできちゃうかもしれません!近ければ今そのまま会う!?なんてこともあるかも♪仕事が終わるころの時間や、自宅に帰ってホッとした頃にかけるのがおすすめです。きっと喜んでくれるはずですよ。

付き合う前に彼女をもっと知りたいなら、グループで旅行もあり!?

付き合う前に彼女のことを知りたいけど、二人で旅行は早すぎる・・という人は、お互いの友達を誘って旅行に行くのはいかがでしょうか?!周りとの立ち振舞や性格がわかる上に、24時間彼女と一緒にいられるという大きなメリットも♪

二人だけで過ごしていたときにはわからなかった彼女の良さを知ることもできますし、自分の頼りがいのあるところなどをアピールするチャンスもうまれます。

二人じゃなければ彼女も安心して行けます♪

二人での会話の中で、「○○行ったら楽しそうだよね〜」なんていう話になったときに泊まりがけじゃないといけないと言った場合、やっぱり女性側からしてもなかなか付き合う前の旅行は承諾しづらいものです。そんなときに、「じゃあお互いの友達誘っていかない?」といえば、彼女もきっとあなたのことが気になっていたら友達にも声をかけてくれるはず♪

”旅行をする”というハードルも下がるので、イェスがもらえる可能性も高くなりますよ♡夏なら少し遠くの海での花火大会に合わせていったり、バーベキューをしたりも良いですね。少し寒くなってきたときには、温泉旅行やスノボなど楽しみ方は無限大!お互いの趣味が合うかどうかもわかるのでおすすめです。

アクティブ派ならグッと距離を縮められるメリットもあります

そもそも自宅デート派ならこの旅行自体にも否定的だったりするかもしれません。そうなるとお付き合いができたとしてもお互いに不満がでてしまうかもしれません。そんなことにならないためにも、付き合う前のグループ旅行は良い相手との相性判断になるかもしれませんね。

付き合う前も後も大切に♡

いかがでしたか?今回は付き合う前のデート回数、服装、デート代、連絡の方法、デート場所や告白タイミングについてご紹介していきました。ただ、ホントに大切なことは相手の女性への気持ちだということを忘れないようにしてくださいね。あなたの恋愛が成功することを祈っています♪

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加