吹ける?女性が気になる潮吹きの成分・コツ・仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アダルトビデオなどでおなじみの「潮吹き」。ビデオの中で女優さんたちが、とても気持ちよさそうに勢いよく潮を噴射していますが、そもそも潮ってなんなんでしょう。オシッコ?愛液?訓練すれば誰でも吹けるもの?吹くと気持ちよいの?今回は、そんな謎多き潮吹きを徹底分析します!

尿なのか愛液なのか謎に満ちた潮の成分

オシッコ説や、大量に分泌された愛液が膣内から尿道へ溢れだしたという愛液説が主流の潮吹き。その潮は「スキーン腺液」。別名、Gスポット分泌液と呼ばれる、尿道から噴出される、無色透明から乳白色の、比較的サラサラな液体です。

「え?尿道から出てるの?」と思ったアナタ。ビデオなどでは、視覚的効果を目的とした演出などで、女優さんの膣から噴出しているように見えますが、実際はそのほとんどが尿道から出ています。

「尿道から出てるならオシッコでしょう!」と思ったアナタ。尿に限りなく近い成分であるにも関わらず、潮には尿独自のアンモニア臭がほとんどありません。実際に、舐めてみると分りますが(!)尿の味は全くしません。いまだ謎多き潮の正体ですが、残念ながら医学的に解明はされていないのが現状です。

吹ける吹けないは体質

ある婦人科で働く女医さん曰く「女性でも吹ける人は70%。後の30%はどんなに頑張っても吹けない」そうです。実際、潮が簡単に吹けたり、個人の意思と関係なく吹いてしまうような「潮吹き体質の女性」や、逆にどう頑張っても、どんなに気持ちよくても吹けない女性もいます。

1回吹いたことがあるけどそれっきり……なんて女性も中にはいます。男性側のテクニックや女性の性の開花度に関係なく、やはり体質が大きく関係しているようです。

潮吹きイコール快感とは限らない!?

実際、潮を実際に吹いたことのある女性たちの意見を聞くと、気持ちよいと感じる派と、まったく気持ちよくない派の、まっぷたつに分かれるという、意外な事実が。以下に、潮吹きの主な感想をまとめてみました。

・オーガズムと潮吹きはまったく関係がない、別モノである
・潮吹きそのもの自体には快感はない
・Gスポットを刺激され気持ちよくなり、そのついでに何か(潮)が出たといった感覚
・イッたことがなくても、潮を吹ける
・シーツやベッドが濡れるので、終わった後や寝るときに困る

もちろん、気持ちよさには個人差があるので、「潮吹きの開放感が気持ちよい」といった意見や、「オーガズムと潮吹きが重なるとたまらない快感!」といった意見もあります。

潮吹きのためのポイント

最後に、潮吹きを切望する女性や、彼女にどうしても潮を吹かせたいという男性のために、潮吹きのポイントを簡単にご紹介します。「体質に関係なく、絶対吹いてみせる!」という意気込みがある人はぜひお試しを。

・潮吹きに必要なものは「Gスポットの刺激」と「女性の脱力」
・女性はベッドや椅子、ソファーに浅めに座り、背中が45℃になるようにもたれかかる体制を保つ
・女性がM字開脚の体制でGスポットを刺激
・女性が四つんばいの体制でGスポットを刺激

どんな体位がGスポットを刺激する?

もっともGスポットを見つけやすいのは、後ろから攻める体位。バック体位だけでなく、2人とも同じ方向を向いて横たわって交わる体位もOKです。挿入したら、女性の腰を少し持ち上げ加減でプレッシャーをあたえてみます。彼女が感じ始めたら、徐々に動きを強めましょう。

女性上位でもGスポットは見つけることができます。女性上位の体位は、女性がコントロールしやすい体位ですから、Gスポットがある辺りを女性が自分で刺激してみると気持ち良い所が見つかるかもしれませんね。

女性上位の場合、身体を少し後ろにそる感じにして、腕で体重を支えるようにしてみる。足を男性の肩まで上げて、上下運動してみる。など工夫をしながら、上手く気持ち良い場所を探してみてください。

Gスポットとクリトリス

Gスポットはクリトリスと違って、一点集中型の性感ではありません。クリトリスは口や指を使って、刺激することもできますが、Gスポットはそれに比べると簡単に気持ちよさを感じることができません。

女性によっては、Gスポットがあるのかないのか分からないと言う人もいるようです。まずは、やっぱりクリトリスを刺激して、オーガズムを感じ、それから挿入後にGスポットが運良く見つかればラッキーくらいに考えるのが良いかもしれません。

まとめ

世の中には、数々の潮吹きテクニックの指南書が出回り、潮吹きがステータス化されている風潮があり、潮を吹けない女性は、女として一人前じゃないような気分になったり、落ちんだりするものです。

一方、吹ける女性でも、快感云々に関係なく、イヤでも体が勝手に吹いてしまったり、男性を視覚的に喜ばせたり、満足させるために仕方なくで潮を吹いているケースも多くあります。潮を吹ける女性、吹けない女性それぞれに、悩みがあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加