賢い女のオーラルセックス上級者向けテクニック10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性は本当にオーラルセックス(フ〇ラ)が好きですよね。なかには、普通のセックスより好きだという人もいるほどです。頭でイク女性としては、時に義務感でやってる感もありますが、体でイク男が、それほどオーラルセックスが好きならば、とことん満足いくオーラルセックスを身につけて、男をとりこにしてしまいましょう!

ただモノをくわえて、しゃぶるだけでも、男は喜ぶでしょうが、今回は、賢い女のマスター上級オーラルセックスを学びましょう!これから、賢い上級オーラルセックス10か条を挙げていきますが、これは、あくまでガイドラインです。男だって、マニュアル通りで、感情も情熱もないオーラルセックスでは、そこまで燃えません。彼らも、あなた自身が、彼ら同様にオーラルセックスを楽しんでいる姿に萌えるのです!

1.センシティブエリアをねらえっ!

彼らのサオが敏感なのは承知の上ですが、実は、シークレットスポットがあるのをご存知ですか?ちょうど、彼らのタマ(睾丸)と、肛門の間は、まさに敏感エリア!優しくなめてあげてくださいっ!

2.ゴッドハンドを使えっ!

彼のものが大きくて、口に含みきれないときは、神の手を借りましょう。まさに貴方の手がゴッドハンド!手を使って、口に収まりきらない部分をフォローアップ!口と手を両方使うのは、どのサイズのモノにもOKです。手を使う場合、たっぷりと食用のオイルかローションを塗って、スムースにしごけるようにしましょう。

3.他のエリアもせめてっ!

彼のペニスだけではなく、優しく他も攻めてみてください。優しく彼のタマをしゃぶって、陰部に軽くキスして、スーパーシークレットエリアのタマと肛門の間を舐めれば、彼は完全に貴方の支配下になること、間違いなしです。

4.Hot & Cold(温度差攻撃!)

温度差を利用して、オーラルセックスのスパイスアップ!温かいお茶を口に20秒間含んで飲み込み、彼のモノを即座に含みましょう。そして次は、冷たいお水で、同様に繰り返します。

この温かいと冷たいの温度差が、彼を刺激して、オーマイゴッドですっ!シャンペンや、炭酸水、アイスキューブや、アイスクリームなどを使うと、もう、予想も出来ないセンセーションを起こして楽しめるでしょう!

5.ボディーペインティング

どうしても、男の人のモノを味わうことができない人もいます。そういうことからオーラルセックスが義務感になり、楽しめません。でも、ちょっとしたアイデアで、苦痛なオーラルセックスを楽しめる方法があります。日本人には、まだ奇抜すぎて抵抗あるかもしれませんが……、チョコレートボディペインティング!ホイップクリームや、アイスクーリームなんかもよいですね。

彼と一緒に、スイーツボディーペインティングを楽しんで、デザートな彼をなめ上げましょう!パートナーがお堅い方で、そこまでフランクにできないと言う人は、フレイバーローションや、コンドームを使って、味わってみましょう!

6.嘔吐反射の告知

彼のモノで喉の奥まで突かれて、戻してしまいそうになることもありますが、それは恥ずかしいことではありません。逆に、彼のモノが大きいのだと、彼に自信すら与えます。

素直に彼にそのことを伝えたら、彼の大きなモノのエゴは高まり、優越感に浸って、貴方のことが可愛くていとおしくでたまらなくなるでしょう。頻繁に嘔吐反射が起こる人は、手を使ってしごき続けましょう。

7.射精時の心構え

さて、どこで発射(射精)させ、それを飲み込むか否か?たいていの男は、女が飲み込むことにファンタジーを抱いているようですが、賢い女は、そんな幻想に惑わされる必要なしです。飲み込みたくなかったら、飲み込む必要性は一切ありません。発射も、口で受けとめたくなかったら、その必要性もありません。

どの道、男は既にイってるわけですから、そのことで快楽を味わえなかったということはありませんので、吐き出して構いません。なかには、自分の胸やお腹に発射するのが好きな男もいます。顔射などといって、女の顔の上に発射させたがる男もいますが、これはもうエゴの世界ですから、お互いで、どこに発射するか、話し合っておくべきです。

これは義務ではないのですから、男だけに楽しませる必要はありませんし、自分が苦痛と思うことはする必要もありません。お互いが楽しむものであることを、忘れないのが、賢い女のオーラルセックスです。

8.テイスティング

何を食べたか飲んだかによって、彼の樹液の味が変わってきます。アルコール、カフェイン、ニコチンなどは精液に独特な強い臭みを持たせます。飲みすぎの翌日は、オーラルセックスは控えたほうがよさそうです。これらは、健康にもよくないので、オーラルセックスのためだけでなく、控えてもらう方がよろしいです。

・その他、控えたい食品
カリフラワー、ブロッコリー、アスパラガス、
ニンニク、タマネギ(口臭と同様に臭みを持たせます)

また、果物は、果糖によって精子に甘味をつけます(パイナップルジュースはベストです!)。甘味と香りをつける食品、ハーブ、パセリ、セロリ、シナモン、ペパーミント、レモン。甘い夜を期待するならば、果物とハーブを彼に、たくさん食べさせましょう!

9.感染症の注意

オーラルセックスでも、エイズや、B型肝炎、その他の性病の感染の可能性は十分にあります。もし、パートナーの過去のセックス暦や、感染症暦が定かでなければ、コンドームを使用しましょう。口の中の炎症も、感染症を引き起こします。口唇ヘルペスなどがある場合は、彼に移る可能性があるので、控えましょう。

10.抵抗の克服

どうしても、オーラルセックスができないという方もいると思います。これはあくまで、パートナーとお互いに刺激し合って楽しむものの一部ですから、苦痛な思いをしてまでやる必要はありません。ただ、そうすることで、彼と貴方のセックスが、数倍楽しくなるオプションとして考えてみれば、トライする価値はありますよね。

前戯の一部として、一緒にシャワーを浴びて、クリーンなモノをくわえることからオーラルセックスに望んでみるのもいいかもしれません。ただ、貴方が無理してやっていれば、彼にもそれは伝わり、オーラルセックスが、本当の楽しい快楽ではなくなってしまいます。

まとめ

賢い貴方ならおわかりでしょうが、オーラルセックスは義務ではありません、これは、快楽のシェアです。彼とじっくり話し合ってみましょう。気持ちが変わるかもしれません。オーラルセックスは、2人の快楽でなくてはなりません。貴方が彼を燃えさせれば、2人のオーラルセックスが燃えるということで、2人で快楽を楽しんでイケるということです。

義務感やパフォーマンスといったことを忘れ、目を閉じて、パートナーと2人で原始生物になったような気持ちで戯れる。そこに流れる安心した親密な時間は、会話やセックステクニックでは補填できない絆を生み出してくれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加