女性がリードして男性をいかせる癒し型エッチの進め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セックスは男性が仕掛け、女性が受け身で応えると思ってはいませんか?確かに女性をイカせることで、快感を得るのが男性ですが、たまには役割が逆になってもいいのでは?もう男性主導のエッチは古い!?

女性がリードして、男性が受け身になることも必要です。特に関係が長い二人や、男性が疲労感でセックスする気になれない場合は、女性が性の女神になって、彼氏を癒しの快感に導いてあげてください。

癒し型エッチ3つの大切なポイント

大事なことは3つ。「気持ち」「オーラル」「体位」!

この3つを忘れずに上手に愛の表現をすれば、貴女も「性の癒し女神」になれるのです。

その1:気持ち

「〜してあげる」という気持ちを持つのはNGです。「彼は疲れているから私が癒してあげる」と思うより「彼は疲れているから、私が癒したい」と「したい」気持ちを持ちましょう。そうすると自然にいいムードになってきます。

彼氏がやる気の無いときでも「今はリラックスタイムだから力抜いて。」と話しかけて、徐々にエロチックな気持ちにさせていきましょう。

その2:オーラル

前戯はやっぱりフェラチオに勝るものはありません。彼氏がリラックスしている姿勢で、仕掛けていきます。例えば、彼氏が座っているとしたら、両足を開き、その間に女性が入ります。女性が跪いた状態でフェラチオをすると、男性は征服感を満足出来るので、ダブル効果の期待大!

フェラチオ中に、空いている手を使って、腿の付け根を軽くマッサージしたり、睾丸を摩ったりしてもいいかも!?男性によっては、乳首を軽く刺激されると余計に興奮感があると言う人もいるので、お試しあれ!

その3:体位

無理にベッドに誘うことはありません。ソファでリラックスしていたのであれば、そこでセックスしちゃいましょう。今回は、彼氏が受け身ですから、女性の方が積極的に動く体位をします。

男性がソファに深く座り、女性がバックでかぶさります。前にテーブルがあれば、そこに女性が両手で身体を支えるようにして、縦揺れするように腰を動かして、男性をいかせます。

ベッドでのバック体位

ベッドで普通にバック体位になった時、大抵は、男性が動き始めるのですが、癒しセックスでは、女性が腰を動かして、男性をイカせます。腰を落として挿入したら、上下や縦の動きを繰り返します。

男性の方でも快感を得るように動き出すかもしれませんので、その動きに合わせるようにすると、彼氏も気持ちよくイケルかも。

騎乗位

勿論、女性上位の体位は、男性には疲労感を少なくさせますね。彼氏の反応を見ながら出来るので、加減もしやすいかもしれません。「抱きつく様な姿勢」や「足を伸ばす姿勢」など、いつもより安らぐ感じで、男性を性の世界に導くのもいいですね。

まとめ

過労やストレスが続く現在社会。世の中「癒し」のための商品やサービスはたくさん市場に溢れているけれど、なかなか、本当に癒される空間や時間は少ないものです。

お金を出して買うものには、真心は付いてきません。だからこそ、女性リードの癒し系セックスが大事なのです。貴女の愛でリードを取るセックス。もう「まぐろ」なんて言わせない。これで、彼は貴女の性の虜!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加