最高の快感!魅惑の中イキ(ポルチオオーガズム)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性のイキ方には「膣イキ」と「クリイキ」がありますが、実はもうひとつ、オーガズムの中でも最高峰といわれる「ポルチオイキ」というものがあるのをご存知ですか。慣れていないとただただ痛いだけですが、1度味わうと脳がぶっ飛びそうな快感を得られるポルチオオーガズムについてご紹介します。

ポルチオとは

ポルチオとは、ラテン語で子宮膣部を意味します。子宮膣部とは、子宮頸部に飛び出た子宮の細い下方部分で、指で触ると軟骨のようにコリコリしているのが分ります。そしてこのポルチオ、クリトリスやGスポットの何十倍ともいわれる性的快感が得られる究極の性感帯となりえるのです。

以前のコラムで中イキとクリイキの快感の度合いを比較を紹介しましたが、ポルチオイキでは頭のてっぺんからつま先までと、全身に行き渡る絶頂感を得ることができます。オーガズムも他の2つとは比べ物にならないほど深く長く続きます。

文字通り頭が真っ白になり、全身がガクガクと痙攣するようなオーガズムは、ポルチオイキの場合がほとんどです。

ポルチオについて知っておきたいこと

ポルチオはセックス経験が少なかったり出産経験のない女性は硬いという特徴があります。硬いポルチオでは、クリトリスやGスポットを上回る快感を感じることはおろか、逆に激しく突かれたり刺激されると、子宮にまで響く痛みが走ります。

SEXの体位で、男性の肩に女性の脚を乗せる「屈曲位」と呼ばれるものがあります。ペニスを深く挿入できるため、亀頭の先端が子宮の入り口に当たり男性にとっても非常に気持ちが良いため、屈曲位を好む男性も多くいます。しかし、「屈曲位をすると痛い」を感じる女性は、ポルチオがまだ未開発で硬い状態であるといえます。

ポルチオ性感帯を制す

ポルチオオーガズムを体感するためには『ポルチオの開発』が必要です。といっても、最初からむやみやたらに膣奥をガンガン刺激しても、女性にとっては苦痛なだけで嬉しくも気持ちよくもありません。

また、人体の一部を柔らかくする行為ですから、時間がかかることを頭に入れておきましょう。焦りや無理は禁物です。ポルチオを刺激する場合は指やペニスをポルチオに当て、上下にこするように、または円を描くように刺激しましょう。

ペニスで刺激するには、よっぽどの巨根持ちでない限り、通常の正常位でポルチオに到達することは不可能。よって、上記の屈曲位またはバックがおすすめの体位となります。

まとめ

究極の快感と呼ばれるポルチオ。経験者によっては、クリトリスやGスポットのオーガズムでは物足りなくなってしまったという女性も。「そんな贅沢な悩みを抱えてみたい!」という女性はぜひ、パートナーとポルチオ開発に勤しんでみてください。

ちなみにポルチオは膣の奥にあるため、指やペニスが短い男性では残念ながら到達できない場合もあります。パートナが短小君でも「どうしてもポルチオを経験してみたい!」という女性は、バイブを使ってのポルチオ開発やオーガズムを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加