男性心理の好意は態度やしぐさでわかる?気になる人のサインとは!?ジャンル別パターンを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

気になるあの人が自分のことをどう思っているのか、女性であれば誰でも気になることですよね?男性の好意のサインはわかりづらいことで知られていて、パッと見では好意に気付きにくいのです。しかし男性心理からくる好意のサインというものがあることをご存知でしょうか?男性が無意識のうちに行っている好きな人への好意のサイン、それは態度やしぐさなどから見抜けるのです。気になるあの人の好意のサインを見つけましょう!

男性心理の好意のサイン<態度・行動編>

じっと見つめてくる

男性は無意識のうちに好きな女性を目で追うそうです。誰かの視線を感じて探してみると、いつもじっと見つめてくる男性がいるといった経験はありませんか?男性心理では好意を持った女性をじっと見つめてくることがあるのです。なんだかいつも見つめてくる人がいれば、その人はあなたに好意を持っているかもしれません。

普段友達や知り合いと話をするときも、じっと見つめたままでいることはありません。いろんな場所へ視線を移しながら、たまに目が合うような感じであることがほとんどです。こっちが思わず目をそらしてしまいそうな熱視線で見つめてくる男性は、無意識のうちにあなたに好意のサインを送っていることになるのです。

学校や職場で誰かといつも目があったり、話しているときにやたら見つめてくる男性はいませんか?男友達やバイト先の男性が見つめていることに気が付くこともあるかと思います。その人たちはもしかしたら、あなたのことを好きなのかもしれませんよ。今後注意深く観察してみてください。いつもあなたのことを見つめていることに気が付くかもしれません。

目が合うとさっと視線をそらす

じっと見つめてくる人もいれば、目が合うと思わず視線をそらしてしまう男性もいるようです。自分の好意を本人に知られたくないと思っている男性は、じっと見つめていたということを悟られないためにも視線をそらしたりします。なんだか目がよく合うのに、さっと視線をそらされてしまう。そんな時は男性心理の好意なのかもしれません。

例えばみんなで楽しく話をしていて、その男性に話題を振った時になぜか視線をそらされてしまった。会社で話しかけたときに、目があった後すぐに視線をそらされてしまった。そんな経験がありませんか?特定の男性にだけいつも視線をそらされて、自分が嫌われているのか心配になっている人もいるかもしれませんね。

しかし会話の内容に敵意がない場合や、これといってトラブルがなかった場合は相手があなたのことを意識しすぎてしまい、まともに目を合わせられないのかもしれません。あなたのことが気になるけど、目を見て話すのが恥ずかしい。そんな男性心理が視線をそらす態度に隠されているのかもしれませんね。

いつも笑顔

誰にでも明るい笑顔で接している人もいるかと思いますが、男性によっては特定の人と話しているときだけやたら笑顔だなと感じる人もいると思います。「なんだかあの女性と話しているときだけ、いつも笑顔だな」と気が付いた人なら、その男性は相手の女性に好意を持っているとすぐに気が付くはずです。

どんなにまじめに仕事をしていても、自分が話しかけるとぱっと笑顔に変わってニコニコ受け答えをしてくれる男性はいませんか?いつも楽しそうな笑顔で会話してくれる男性は、こっちまでうれしくなってしまいますよね。でも単に楽しいから話をしているだけではないようです。

あなたのことがずっと気になっていて、顔を見て話ができるだけでもうれしいのです。男性心理の好意がいつも笑顔でいるという態度に出てしまうのです。あなたと話すときにいつも笑顔でいる男性がいるとわかったら、その人が自分に好意を持っているかどうか確かめてみてもいいかもしれませんね。

何かと世話を焼いてくれる

学校や職場で重いものを持ってくれたり、ちょっと大変な雑務を手伝ってくれる困ったときに助けてくれる男性はいませんか?男性はどんな些細なことであっても、好きな子のためならなんでも世話を焼いてくれるものなんだそうです。男性心理の好意の現れは、世話を焼くという態度にも現れるんですね。

ドラマや映画、少女マンガなどの王道の展開でも、好きな子がいる男性がなにかと世話を焼いてくれるシーンがありますね。「しょうがないな、君には任せておけないよ」と渋々といった態度で、いろいろと助けてくれることが多いです。これも、その男性が相手の女性に好意を持っているからやってあげているということが誰でもわかる描写ですよね。

実際の日常でも、好きな女性に世話を焼いてあげる男性は多いようです。好きな女性が困っているのをほっとけない男性の優しさが現れたうれしい行動ですよね。あなたが困っているときにいつも颯爽と現れて助けてくれる、ヒーローのような存在の男性はいませんか?その男性はもしかしたらあなたに好意をもっているかもしれませんよ。

ボディタッチが増える

世間でいう男性からのボディタッチはセクハラだといわれることもあります、しかし友人であったり仲の良い同僚などの場合多少のボディタッチは嫌がられるものではありません。自然と肩に手を置いたり、握手をするようなことなど日常的にあることです。このボディタッチも男性心理の好意の現れだといわれることがあるようです。

例えば頭をぽんぽんと撫でたり、ハイタッチを求めるようなことは好きでもない女性とはあまりしません。多少打ち解けている関係であり、好意を持っている女性であれば何かの拍子に思わず触ってしまうということもよくあることなのです。

なんだか話しているときにボディタッチが多いなと感じる男性はいませんか?いやな感じではなく、自然な感じで触ってくる男性がいれば、その男性はあなたに好意を持っているかもしれません。そういった男性はこちらからもボディタッチをしてみて、相手の気持ちを確かめてみてもいいかもしれませんね。

間接キスを意識する

仲の良い友達同士が飲み物をシェアしたり、食べさせてあげることは珍しくなく、意識している人はいないと思います。しかし男友達があなたが飲んだ後の飲み物を勧めても飲まなかったり、逆に自分の物をあげなかったりすることもあるようです。

そういった好意が苦手という人もいますが、他の友達とはできてもあなたとはできないという男性がいることもあると思います。なぜその男性はあなただけシェアすることを拒むのでしょうか?嫌われているのだろうかと不安になる人もいるかと思いますが、その男性心理は全く逆の好意からくる行動なのです。

好きな子の飲んだ飲み物や食べかけのものに口をつけるということは、間接キスに相当します。そんな些細なことでと思う人もいますが、男性にとっては、好きな女性との間接キスはとても気にするものなのだそうです。簡単に口をつけることなどできない、緊張してしまう出来事なのです。

男性心理の好意のサイン<言葉編>

優しい口調で話してくる

男性心理では、好意を持つ女性に対しては落ち着いたトーンで話をすることが多いといわれています。その口調も優しく、聞いていて気持ちがいいものです。男性は好きな人にいいイメージを持ってもらいたいと思っているのです。無意識のうちに他の人よりも優しい口調で話すことになってしまうようです。

このため、周りの人間から「あの人のことが好きなんでしょう?態度を見ればわかる」といわれてしまうこともあるようです。どんなに隠そうとしても、好意を持つ女性と他の人とでは態度が違ってしまうのです。それは好意を持つ女性側から見ても、「自分と話すときだけなんだか優しくなるな」と感じることがあるようです。

好意を持つ女性には無意識に優しくなってしまうというのは、女性から見てもちょっと嬉しいことですよね。そこまで気にしたことがなかった男性でも、なんだかいいなと思ってしまう人もいるようです。このことから見ても、男性心理からくるこの行動は、女性に対するアプローチとしては効果的であるということがわかりますね。

常に見てるから何でも気づいて褒めてくれる

ヘアスタイルを変えてみたり、ネイルを新しいものに変えたりすることは女性にはよくあることです。女性同士でかわいいとお互いを褒めあうようなことがあっても、男性にはなかなか気づかれないと不満に思っている人も多いことでしょう。しかし男性心理では好意がある人の変化には、些細なことでもすぐに気が付くものだといわれています。

「今日のヘアスタイル似合っているね」「ネイル綺麗にできているね」「今日の服装かわいいね」なんて男性から褒められると、女性として自信が持てます。ある特定の男性がいつもあなたのちょっとした変化に気が付いて、褒めてくれることはありませんか?

その男性はあなたを毎日よく見ているで、ちょっとした変化でもすぐに気が付くことができるのです。そして褒めることで男性は自分の存在を強くアピールしているのです。ここにあなたのことをいつも見つめている男性がいるよと小さいながらも主張しているんですね。

聞いてないのに彼女がいないことをアピール

「いま彼女がいないんだよね」「いい人いないかなぁ」なんて彼女募集中を強くアピールする人っていますよね?誰にでもいう人もいれば特定の女性の前でしかいわない人もいます。あなたといるときだけなぜか彼女募集中をアピールしてくる男性はいれば、その人はあなたに好意を持っているかもしれません。

男性心理には好意を持つ女性に対して、自分は今恋人がいない状態であるということを知らせたいのです。気になっている女性に自分の存在を強くアピールすることと、彼女が今いないからいつでもアプローチできますよとおすすめしているのです。

女性によっては「じゃあ私なんかどう?」なんて言ってくれる人もいるので、ダメもとで言ってみる男性もいるようです。あなたの周りにいる男性が、やたら彼女募集中をアピールしていることはありませんか?その男性に少なからず好意をもっているなら、「私なんかどう?」と返事をしてみてもいいかもしれませんね。

自分は誠実であることを熱心に伝えてくる

「彼女には一筋なんだ」「浮気は絶対にしないんだ」と誠実な男をアピールしてくる男性もいるかと思います。この男性は何が伝えたいかというと、あなたと恋人になったときに自分がどれだけあなたに夢中になれる存在であるかということをアピールしたいのです。これによって少しでもあなたに異性として意識してほしいという心理の現れなのです。

男性心理では好意を持つ人に対して、自分がどのような人間であるかをアピールすることが多いのです。その中で付き合った時のメリットをアピールする人もいるのだそうです。それがこの誠実な男をアピールするということにつながるのでしょう。確かに女性にとっても、付き合う男性は誠実な方がいいですよね。

あなたにこのようなアピールをしてくる場合、あなたに好意を持っていると思っていいと思います。あえて恋人になったらというシチュエーションでアピールしてくるということは、半ば口説いているとも取れるからです。

あなたがそれに対してどのように返事をするかによって、次の男性の行動が変わってくるので、よく考えてあなたの気持ちに沿った返事をしてあげてください。

他の女性の話題は口にしない

昔は好きなアイドルや女優の話をよくしていたはずなのに、気が付くとあなたの前では一切他の女性の話をしなくなったなと感じる男性はいませんか?女性によっては、自分の前で他の女性の話をされると嫌な気持になる人もいるようです。特に彼女の前で他の女性の話をすることはご法度といってもいいでしょう。

男性心理では好意を持つ女性の前では、自然と他の女性の話をしなくなるのだそうです。特に他の女性を褒めるということを極端にしなくなり、他の友達に「お前あの女優好きだったよな」なんて話題を振られても、「今は好きじゃなくなったんだ」など焦った様子で否定することもあるようです。

他の女性の話をすることで、少しでも好意をもつ女性が嫌な思いをすることを防いでいるのです。気が付けばあなたの興味のある話ばかりを選んで話しているということが多くなっているかもしれません。あなたがその男性と話している間は楽しい時間が共有できるように、少しでも嫌な思いをしそうな他の女性の話は意識的に封印するようです。

男性心理の好意のサイン<メールやLINE編>

返信が早い、遅れると謝ってくる

男性心理には好意を持つ女性に少しでも繋がっていたいという考え方があるようです。それは会って話している時だけではなく、メールやLINEで話をしているときでも同じなのです。好意を持つ女性が自分に意識を向けてくれている間は必ずそれに応えてあげたいと思うようです。

ですので日常のなにげないメールやLINEであっても、すぐに返信が返ってきます。いつ好意を持つ女性から連絡が来てもいいように、肌身離さず携帯電話やスマートフォンを持っている人もいるでしょう。そしてメールやLINEがくれば、即座に反応して返信を送るのです。

しかし日常生活の中でいつメールやLINEがくるかはわかりません。場合によっては返信が遅れることもあります。それに対して「ごめんちょっとお風呂入ってた」「用事をしてたら返信できなかった」と謝ってくるのだそうです。返信が遅れても問題ない内容のメールやLINEだった場合は、なぜ謝られるのかわかりませんよね。

せっかく自分にメールやLINEを送ってくれたのに、それにすぐに反応できなかったということが男性にとっては何よりもがっかりすることなのです。もしかしたら返信が遅れたことで、嫌われてしまうのではないかと心配になってしまうのです。

メールやLINEの内容が適当ではない

友達同士のメールやLINEは砕けた言葉を使ってみたり、短文だけを送るようなものもあるかと思います。それに対して絵文字やスタンプのみでコミュニケーションを送ったりすることもあり、だんだんと適当になってくることもあるようです。

しかし男性心理において好意を持った女性にたいしてメールやLINEで適当な返事をすることはタブーだと考えられているようです。自分に好印象を持ってほしいという心理が働き、どんなメールやLINEであってもきちんとした文章を使って返信をしてくれるのです。

よくみられるのは、短文や一文で返信せず、必ず質問形式で返すといった方法です。文末が質問形式や疑問形だった場合、人間は解答しないと違和感を覚えてしまうようです。ですのでメールやLINEが続くことになり、より長くコミュニケーションをとるのだといわれています。

そういった心理などを考えて、相手に不快なイメージを与えないように考えつくされた文面が返信されてくるのです。暇つぶしにメールやLINEを送って、相手からすごく丁寧な返信をもらえると、なんだか大事にされているような気分になりませんか?

まとめ

男性心理は一見わかりづらいものが多く、注意深く観察していないと見逃すものも多いようです。しかし、実際に態度や言葉などを見てみると「ああ!なるほど」と思えるものばかりです。もしかして自分のことが好きなのかなと感じる男性は、今回ご紹介したのと同じような態度や言葉を使っている場合があったかもしれませんね。

男性心理による好意の現れを確認できたら、自分はこれからそれに対してどのように応えていくべきかを真剣に考えなければならないと思います。好意を弄ぶような行動をとれば男性を傷つける原因にもなりますし、周りの人間からみても不快な行動になります。

自分も少なからず好意を持っていることがわかれば、自分からも行動や言葉でアプローチしてみてもいいかもしれません。残念ながら好意がない場合は、早い段階で自分の気持ちを素直に打ち明けておいたほうが相手を傷つけなくて済むかもしれませんね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加