彼氏と彼女が一緒に寝る時に分かる二人の恋愛心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼と一緒に寝る時、どういう寝相で二人が寝ているかで二人の恋愛心理が分かってしまうといわれています。あなたと彼はどんな寝相で一緒に寝ていますか?いま倦怠期かな、と思っている同棲カップルも必見の恋愛心理診断です。

腕まくらをして寝る

彼の腕の中で眠る。とても幸せな気分になりますよね。腕まくらをして寝る場合、男性としては途中から腕が痺れてきますので、いつの間にか腕まくらを外されるケースがほとんどです。つまり、腕まくらで寝る場合は主導権が男性にあるので、恋愛の優位性も男性にある心理状況と言えます。

向かい合ってくっついて寝る

イメージそのまま、ラブラブな二人ですが、お互いが離れていないということは不安感があるからの行為です。寝る時も深層心理では安心できていないため、付き合い始めによく見られる光景です。

背を向け合って寝る

背を向け合うことは悪いことではありません。睡眠は人間の3大欲の1つ。睡眠を邪魔しないように、お互いがお互いの時間を大切にしようと考えているカップルです。冷めたカップルでもよく見られますが、自分達は冷めてないと思っているカップルでしたら、お互いの時間を尊重し合えているいい関係の心理状況だと言えます。

女性を後ろからハグして寝る

女性としてはとても幸せに感じる寝相かと思います。後ろからハグされると守られていると感じますよね。彼が守ってあげたいと感じている心理状況であるからこその行為であり、この寝相から分かることは、恋愛の優位性が女性側にあるということです。

足を絡めて寝る

足を絡めるという行為は愛情表現の一つ。お互いが愛し合っている証拠と言えます。程よく足を絡めることは睡眠の妨げにもなりにくく、安心感を持って寝ることができます。とてもいい関係だと言えます。

彼と一緒に寝る時に分かる二人の恋愛心理まとめ

睡眠とは人間の3大欲求の1つであり、とても重要なもの。寝ている時にもその人の素が出るとも言われています。これらの寝相と心理が当てはまるとは一概には言えません。二人が寝やすい寝相が一番健康的ですので、自分達に合った寝相で寝てみるのがいいと思いますよ。参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加