彼氏を傷つけずにエッチを断る5つのパターン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いくら大好きな彼氏とはいえ、エッチしたくない日もあります。例えば最近仕事がハードだからとか、会う時は必ずと言ってもいい程求められるので、もしかしたら体だけが目的なのかな?と疑ってしまったり、生理前後で気分最悪など、色々な理由がありますよね。

エッチを拒むと嫌われてしまうと思って、そんな気分ではないのについつい許してしまったりもします。少なからず、断られた彼氏も傷つきますしね。どうすれば彼氏を傷つけずにうまく断れるか、いくつか例を挙げてみましょう。

実は今日、危険日なの

女子ならではの一番の断り方です。結婚を前提としたお付き合いならともかく、恋人としての今の時間を大切にしたいと思っている男性なら、これを言われると仕方なく諦めることが出来ます。万が一、今妊娠をしてしまったら・・・と、そんな風に思うでしょう。

今日はちょっと体調が悪いの

誰にだって体調不良はあります。彼氏からしたら、こっちは全然元気だし…なんて思うかもしれませんが、大切な彼女が体調不良を訴えたなら、今日は仕方ないなとしぶしぶ諦めるでしょう。

ただ、頻繁に使える言い訳ではありません。毎回そんな風に断られたら、愛想をつかして離れていってしまう可能性もあります。「今日はちょっと体調が悪いけれど、今度たくさんしようね」など、次があるという期待を持たせてあげましょう。

生理なの

生理と言われればどうすることもできませんね。それでもしたいと思う男性もいるでしょうが、後始末も大変だから今日はいいやとあっさり引き下がります。

ねえ、相談があるの(深刻な顔をして)

彼氏の気持ちがだんだんと高揚してくるのが目に見えてしまうようなら、少し深刻な顔をして相談を持ち掛けてみましょう。現実的な仕事の事や家族の事がいいと思います。相手があまりにも深刻だと一緒に考えてあげなきゃと思でしょうし、現実的すぎてエッチな気分も消滅します。

ねえ、明日にしない(別の日を指定する)

ただ理由をつけて断ることでエッチを回避することは出来ますが、それでは彼氏もちょっとかわいそうですよね。今日はできないけれど今度のデートの時なら大丈夫…と分かれば彼氏も納得してくれます。本当に体調が悪いときもあるし、ただ単にしたくないと思うことは誰にでもあることです。

彼氏に同じように断られたらさみしいな・・・と、断られる彼氏の気持ちを考えながら上手に駆け引きをして、お互いの気分が合致した時に最高の時間を過ごしましょう。

さいごに

彼氏とのエッチ、めんどくさい時ってありますよね。毎回会うたびに求められても、、、って感じになってしまいます。断りたいけど、傷つくだろうから断りにくいって方も多いと思うんですが、したくない物はしたくないのだから断っていいんですよ!

でも、連続で断りすぎるとさすがにアレなんで、たまには彼氏さんにかまってあげましょうね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加