【モテる男はやっている】女性を落とす恋の駆け引き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

恋愛はゲームではありませんが、女性を落とすためには、ときには恋の駆け引きも必要なこともあります。恋愛のドキドキは、あなたが仕掛ければ実は簡単につくることができます。気になっている女性がいるのなら、これを読んで恋の駆け引きをしてみてはいかがでしょうか。

駆け引きってする必要あるの??

そもそも、恋愛に駆け引きなんて必要ない! そう思っている人も多いでしょう。実際、駆け引きなんてせずに、恋愛がはじまるのが理想の恋のはじめ方でしょう。ただし、そんなに簡単には相思相愛にはなれないのが現実。自分が気に入っていても、相手に恋人がいたり、自分に対して興味をもってもらえなかったりと、一筋縄ではいきません。

そんなときに、駆け引きをすれば、相手の気持ちを確かめることができたり、自分には少し高嶺の花の存在である女性を口説き落とすことができたりしちゃいます♪つまり、本来であれば始まらなかったであろう恋をゲットすることができるチャンスを、自分でつくることができるのです。

恋は戦いです!気になる女性がいるのなら、駆け引きをして、相手が自分に恋をする状態を作ってみてはいかがでしょうか。

恋の駆け引きはばれないことが鉄則!

「この人もしかして駆け引きしてる!?」

そう女性に思われてしまったら、その恋は残念ながら失敗に終わります。自分を振り向かせるために、わざと気を引くような態度を男性がとっている姿は、からくりを知ってしまえば女性の目には滑稽にうつるだけです。それどころか、自分のことをゲーム感覚で攻略しようとしているだけの、薄っぺらい男に見られてしまう可能性があります。

恋の駆け引きは大切ですが、駆け引きをしていることは決して女性には悟られないようにすることが鉄則です。例え彼女のことをおとせたとしても、絶対に種明かしはしないようにしてください。

デートの日程は自分が決める

好きな女性とデートしたいあまり、全ての予定を彼女にあわせようとしていませんか?

彼女のことをおとしたいのなら、彼女に振り回される男になってはいけません。デートの主導権を握るのはあなたでなくてはいけないのです。

例え毎日仕事が終わるのが定時であったとしても、仕事が忙しいふりをしてください。そのうえで、デートができる日にちが○日と○日しかないと日付を指定しましょう。相手がその日に予定がないときを狙うためにも、先にいつ頃なら大丈夫なのかをリサーチをして、仕事の予定を確認してから(確認するふりをして)返事をしてください。

毎日暇ななかでデートの日にちを決めるのと、仕事が忙しいなかで、デートのために自分との時間をつくってくれるのでは、後者のほうがあなたとのデートの価値がぐっと上がります。あなたに会うためには、自分が合わせないといけないと、女性には思わせるようにしましょう。

行き先をあらかじめリサーチしておく

気になる女性とのデートですから、途中でヘマをしていたのでは男の価値が下がってしまいます。「いや〜映画の時間まで大分あるね」なんてことがないように、しっかりと映画館のリサーチや、できることならば観る映画の内容など(シリーズものならテレビなどで復習)も頭に入れておきましょう!

そうすることで後々の会話の流れもスムーズになりますし、何より雑学が得意であることを印象付けることができます。テレビや映画をたくさん見ているからといって遊び人だとは思われることはありません。勉強ができるよりも、小さな雑学を多く身につけていた方が女性からはウケルということを覚えておきましょう。デート先の店の情報や、豆知識があるとさらにGOODです!

片思い中にメールで相手の気をひくテクニック

気になる女性とのメールのやり取り。あなたはどんなふうにしていますか?まずは仲良くなるために、メールでのキャッチボールをする必要があります。そのために、メールのなかに簡単な質問をいれて、彼女が必ずメールを返す状態をつくりましょう。

このときのメールで、だらだらと今日会ったことを送るのはダメです。メールを読むのも、それに対して返事を返すのも長く続くほど面倒に思われてしまいます。「長くなるから今度会ったときに話すよ」と切り上げて、自然にデートの約束に持ち込むようにしましょう。

また、その日のメールの最後は必ず相手で終わらすことがメールでの駆け引きには必須です。送ったメールに対して、返信がこないと相手は物足りなさを感じたり、何か変なことを入れてしまったかもしれないと、不安に思います。これによって、相手の女性はあなたからのメールの返信を待つことになり、結果としてあなたのことが気になってしまうのです。

もちろん、もらったメールの返事は次の日に必ず返しましょう。そうやって、メールのキャッチボールを続けていく習慣をつけてください。

【ポイント】

●メールは質問をして次のメールにつなげる

●その日のメールは自分で終わらせる

●次の日に返信は忘れずにする

●会って話すためにメールは簡潔に

一緒にいる時間と離れている時間のギャップ

メールでは自分に気がある素振りを見せるのに、実際に会うと何もアクションをおこさずただの友達の距離感でいる男性や、反対に、デートでは自分のことを好きというオーラを隠すことなく出す男性が、メールではそっけない。そんなふうに、会っているときと離れているときのギャップがある男性に女性は翻弄され、相手のことが気になっていきます。

どちらが本心なのかわからないからこそ、メールをしたり会って気持ちを確かめたくなり、あなたのことを好きではなかったはずなのに、いつの間にか彼女があなたを追いかける形になっていくのです。

常に彼女のことを好きというアピールは、彼女があなたに気があれば成功しますが、その気がないときにされても、上手くかわされるかキープにされてしまうだけです。また、わざとそっけない態度をとっても、気がなければ気にもされずに終わってしまうでしょう。このギャップをうまく使い分けて、恋のチャンスを自分にむけてください。

喜怒哀楽をしっかり!表現力でせめる

喜ぶ時には最高の笑顔で、悲しい時には涙を流したっていい!人間らしい表情に女性は惹かれてしまうものです。プレゼントをされて無表情で「ありがとう」を言われても全く嬉しくもありません。同じ「ありがとう」を言うのであれば、満面の笑みで言われた方が絶対に嬉しいに決まっています。

飼っているペットが死んでしまって悲しい時には我慢をするのではなく、時には弱い部分も見せてもらいたいと彼女は思っています。そんな時には顔がぐちゃぐちゃになるくらい泣いてあげて下さい。感情を表に出さないと逆に彼女の事を不安にさせてしまう事もあるのです。

喜ぶことや悲しむことはモテ男は自然とやってのけてしまいますが、慣れていない人では不自然な形になってしまうでしょう。喜怒哀楽は訓練によって改善が見込めるので、ご自宅など鏡の前で練習をしてみて下さいね。

気遣いで差をつける

女性といるときの気遣いで大切なことは、彼女を守る王子様になった気持ちになって接することです。こんなことを書くとハードルが上がってしまい、何をすればいいのかわからないかもしれませんが簡単なことです。

たとえば、一緒にいるときは彼女が風邪をひかないように気遣いましょう。春夏秋冬、どの季節も女性は冷えと戦っている人が多いです。とくにデートの間はスカートや薄着の服装をしていることが多いので、空調だったり外気が冷たいとすぐに体が冷えてしまいます。「寒くない?」という言葉を彼女にかけ、空調が直接あたって寒いのであれば席をかわってあげたり、外を歩いているときは上着を貸してあげてください。

また、帰り道でもドライブデートなら、彼女のことを家まで送ってあげるのは当たり前ですが、電車でのデートでも、最寄の駅とまではいかなくても、彼女が利用する路線の改札までは送るようにしてあげましょう。間違っても、お店の前で解散なんてことはしてはいけません。迷子になったり、酔っ払いに絡まれることから守るためにも、彼女が安全だと思える場所まではきちんと送り届けるようにしてください。

デート中はかかってきた電話は出ない

彼女と一緒にいる時間程大切なものなんてありえません。よほど重要な人からの電話以外のものは極力無視をするようにして下さい。お互いの時間を共有しているわけですから、第三者が突然参入してきてはせっかくのデートに水を差すようなものです。もし彼女に電話出なくて平気なの?と聞かれたら「君と一緒にいる時間の方が大切だから」と息を吐くくらい自然に言ってみましょう。

何も言わないで携帯を取り出し隠してしまっては、他の女性からの電話と勘違いをしてしまい浮気を疑われてもおかしくはありませんよ。ただ一回の電話で彼女の気を惹くか、浮気を疑われてしまうかの差が出てきてしまうこともあるのです。モテ男はそこをスマートにやり過ごすのです。

さりげないボディタッチで距離を縮める

古典的ではありますが、やはり身体が触れる行為は、異性ということを改めて感じさせるため、恋の駆け引きには必要不可欠です。ただし、気を付けなければいけないのは、わざとらしく過度なボディタッチをすることです。

女性は、気がない男性にも自分から触って話すことはできますが、相手から触れられることは本能的に嫌がります。彼女があなたに対して心を開いていない状態で、腰に手をまわしたり、膝に触れると、あなたの下心に拒絶反応を示して、二度と二人で会ってくれなくなる可能性があります。

彼女が拒否しているかどうかは、彼女のあなたに対する視線や会話から読み取ることができますが、もし不安を感じるようなら彼女の膝の向きをみてください。膝があなたの方向を向いている場合、彼女はあなたに対して好意を持っています。反対に、身体はあなたの方向を向いているのに膝は外側を向いている場合は、あなたに対してまだ心を開いていない状態です。

また、一緒に歩いているとき彼女が腕を組んでいるようなら、あなたに触れられることを拒絶している状態なので、安易に身体にふれないようにしてください。身体に触れることに抵抗があるのなら、わざと小声で話しかけて彼女に近づくのもいいでしょう。

いずれも、触れたり近寄ったりするのは少しの時間にして、一瞬ドキリとさせることを狙ってください。もちろん、彼女がその行為に対して拒絶せずに好感触だと思うのなら、手をつないだり肩を寄せたりと、次のステップに進むことはOKです。

モテる男だと自分で演出する

あなたが誰にも相手にされない売れ残り物件だったとしても、それをわざわざ気になっている女性に言う必要はありません。シングルなのは仕事が忙しくて時間が作れなかったから、この人だという人になかなか出会えなかったから、あなたが自分で選択したシングルの道だということを相手に思わせてください。

誰からも相手にされない男性には女性は興味を持ちませんが、誰かが目を付けていたのだと思うと、それだけであなたに対する好感度が上がります。さらに、そんな男性に選んでもらえたという特別感が、恋を盛り上げてくれます。その気になれば、彼女はいつでもできるという気持ちになって、女性とデートするようにしましょう。

小さな秘密を共有する

どんなくだらない話でもいいので、気になっている女性との間に、秘密を共有してみてください。

「こんなこと君にしか話せないんだけど」「誰にも言ってないんだけど」

こんなセリフを使って彼女に話をふれば、あなたと彼女しか知らない秘密の話ができます。そうすることで、二人で会ったときに話すネタが増えたり、特別な仲になったような錯覚を彼女ももち、二人の距離は近くっていきます。

ただし、本当に深刻な秘密は仲良くない段階で話されても彼女が困るだけなので、笑い話にできるような軽い話をふるようにしましょう。

ヤキモチはやいたふりをする

女性は自分のことを特別扱いしてくれることが大好きです。気になっている女性が、誰か他の男性の話をふってくるのなら、やきもちをやいてしまったと伝えてみましょう。

ポイントは、本当に嫉妬をしていないときにすることです。本当に嫉妬しているときは、相手を責めるような態度になってしまいがちです。あくまでも、本当なのか冗談なのかわからないような、軽い口調でやきもちを伝えることが大切です。

「ちょっと嫉妬しちゃった」「なんか気になっちゃった」などと笑顔で話して、相手をドキリとさせてしまいましょう。

隙を逃さない男になる

あなたが気になっている女性も、実はあなたからのアプローチを待っているかもしれません。彼女が酔っぱらって少し無防備になっていたり、あなたに甘えた素振りを見せるのなら、その隙を逃してはいけません。普段は紳士でも、この隙を見つけたのなら多少強引でも、行動に移すようにしてください。

いつまでも、受け身の状態で女性に接していると、うまくいくはずの恋もうまくいきません。好きな女性には、きちんとアピールをするようにしましょう。

女性の変化にすぐ気づく

モテ男の鉄則中の鉄則と言えるでしょう。よく会う女性の前であれば、彼女がどう変わったのかは一目瞭然のはずです。ロングヘアーがショートヘアーにになっていたら当然気づくでしょうし、髪の毛の色を微妙に変えてきても、気づけるような目を養いましょう。男性にとっては気づかないような小さな変化でも、女性にしたら大きな変化であることもあります。

髪の毛だけではなく、洋服だったりネックレスだったりと観察する場所はいくらでもあります。観察するのは「機嫌」や「表情」など内面から出てくるものでもみることができるでしょう。この小さな変化に気づける男性がモテるのです。

気づけたとしても口に出さないでスルーしてしまう人が多いので、あえて「今日の髪の色綺麗だね」などと声を掛けてあげるとさらに好感度も上がります。駆け引きではありませんが、何か変化に気づいたら言葉にするというテクニックを身につけておきましょう。

飴と鞭を使い分ける

どんな時も飴ばかりを与えているようでは相手の思うツボです。都合の良い男だと思われないようにモテ男は鞭を3回に1回は入れるようにしています。「鞭なんて入れたら彼女に嫌われてしまうよ」って?そんな小さな事を考えてはいけません。その1回で嫌われるくらいなら、そんな女性はこっちから願い下げと言わんばかりの態度をとっても平気なのです。なぜかというと、残り2回は美味しい飴を与えてあげているからなのです。

ただ注意も必要で、鞭を与える時には理不尽なものであってはいけません。例えばイライラしている時に手を出してしまったりは完璧NGです。鞭はささやかなもので十分。いつもは手を繋いでくれるのに何故か今回は繋いでくれないみたいなもので良いのです。1日一回必ず入れているメールをサボってみるなどでも良いかもしれません。そのパワーバランスが3:1くらいがベストなのです。

誰にでも優しくする

自分だけを特別扱いしてくれるのは嬉しいことです。だからといって自分にだけ優しい男というのは必ず裏があるというもの。下心が見え見えな男性は嫌われてしまいます。本当のモテ男は、特別な存在がいるにも関わらず赤の他人にも優しく接することを徹底しています。

困っている人がいれば助けてあげる!これを軸にしていれば、彼女もあなたの優しさに気づいてもっと好きになってしまいますよ。ただ優しくし過ぎてしまうと嫉妬心を覚えさせてしまうので注意も必要です。

【上級編】恋の駆け引きテクニック3選

次に恋の駆け引きの上級テクニックをご紹介します。慣れていないと逆効果なので、これらのテクニックを使うには注意が必要です。他のテクニックを使いこなした後にアクセントとして使ってみましょう。

適度な遊び人はやはりモテる

やはり昔から遊びを知っている男性はモテます。なので実際に遊び人かどうかは別にして、少しくらい遊びを知っているよと見せるのは恋愛の駆け引きとしてはありです。一つのスポットでいいので、ちょっとくらい通って詳しくなっておきましょう。

見た目がまじめでもちょっとした遊びスポットの常連と言うことになるとギャップで女性の見る目も変わってくるでしょう。しかし、ある程度の年齢になってくると遊びと仕事両方できるというのが一番モテるのです。遊びがいくら得意だからと言っても、遊びだけでアピールするのは危険なのでやめておきましょう。

キスを強引にしてしまう

女性は男性側から口説いて欲しいと思っている方が多いので、強引に行くことは重要です。もちろん完全に嫌がっている場合はまずいですが、二人で何度か遊んでいる仲であればキスくらいはある程度強引にしてもそれほど怒ることもないのではないでしょうか。また、強引にでもキスをすると今まで友達としてしか見ていなかった男性も突然恋愛対象へ格上げになることもあります。

キスをしたのに友達のままと言うのはやはりおかしいですからね。イチかバチかでキスを迫ってみてはどうでしょうか。機会が来ればやるという人はいつまで経ってもその機会は来ません。未来への扉は自分でこじ開けるしかない場合もあるのです。

あえてちょっとした喧嘩をしてみる

あえてちょっとした喧嘩をしてみるのも上級テクニックの一つです。なぜ喧嘩をするかと言うと喧嘩をすると彼女の本音がわかるからです。彼女が心の底ではこうして欲しいとか、不満に思っていることを吐き出してくれるので、改善点がよくわかるのです。

仲直りした時に彼女が喧嘩の時にぶちまけた不満をすべて改善すれば、彼女は言い過ぎたと思うと同時にあなたの誠意ある態度にベタ惚れになってしまうことでしょう。あえて軽い喧嘩をして相手を惚れさせるのはモテる男が使う手なのですが、加減を間違えると大喧嘩になることがありますので、注意してください。そうなると関係が修復不能になることもあります。

また喧嘩の時はあえて喧嘩にしているのですから、あなたは心の中では冷静なままでなくてはなりません。彼女の言葉を聞いてかっとしてあなたまで切れてしまっては意味がありませんので、注意してください。この方法はあまり短気な人には向かないでしょう。

こんな駆け引きはNG!女性に嫌がられる駆け引きとは!?

恋の駆け引きは必要といいましたが、やり方を間違えると面倒な男だと思われ、反対に女性を遠ざけてしまうことになります。では、女性に嫌がられる恋の駆け引きとはなんでしょうか。

女性の影をちらつかせる

モテる男を演じるあまり、他の女性とデートをしていることや、自分のモテエピソードなどを披露してしまうことがありますが、これは逆効果になります。

前述しましたが、女性は特別扱いをされることが好きです。何人もいるなかの一人になりたいわけではありません。女性の影がちらついた段階で、あなたへの興味が消えてフェードアウトされてしまうこともあるので気を付けましょう。

終電を逃そうとする

下心を全面に出して、いつまでも帰ろうとしなかったり、遠回りして帰ろうとするのはやめましょう。自分のことを好きな男性と、自分をものにしたいだけの男性かを、女性はきちんと見極めています。こんなことをすれば、避けられるだけでなく、あなたの評判も落とすことになってしまいます。女性がOKのサインを出してこないかぎりは、紳士でいることを心がけてください。

わざと冷たくする

彼女の気を引きたいために、突き放して反応を見るのはやめましょう。よっぽどあなたに好意をもっている女性なら追いかけてきてくれるかもしれませんが、冷たくされても不愉快な思いをさせるだけで、恋がうまくいく可能性があるわけでありません。

とくに女性の勘は鋭いので、自分のことを試すような行為には不信感を抱きます。女性に敵と思われないためにも、冷たくする行為はやめましょう。

連絡をしない

メールを返すのを、わざと遅らせてなかな連絡をとらないのも間違いです。連絡をとれない間に、マメに連絡がくれる男性がいれば、そちらに彼女の気持ちはどんどん傾いていってしまいます。そのとき慌てて連絡をしても、女性の気持ちは戻ってきません。手をのばせば届くかもしれない距離にいることを心がけましょう。

何もしなくても好きな人とうまくいくことが理想ではありますが、恋がうまくいかなそうなときに助けてくれるのが恋の駆け引きです。とはいえ、相手が自分に対して気があると思うのなら、駆け引きはせずに素直な気持ちをぶつけることも大切です。そうでないのなら、上手にこのテクニックを利用して、彼女の気持ちを自分に向けてみてください♪

▼関連記事

駆け引きされてる? 女性が思わずひいてしまう男性の行動7選

【失敗しない!】恋の駆け引きに必須のLINEのやり取り2選

1日に1回はテンポのいいやり取りをする

LINEはチャットアプリなので、お互いに時間がある時にはテンポのいいやり取りが可能になります。1日に1回くらいはテンポのいいやり取りをするようにしましょう。それが日常になれば、彼女はあなたとのやり取りが楽しみになってくるので、それが会いたいという気持ちに繋がってくるはずです。何度かやり取りをしていれば彼女の生活リズムがわかってくると思いますので、彼女の暇そうな時間にメッセージを毎日送るようにしましょう。

あまりにすぐに返事をしない

LINEは読むと既読がついてしまうため、ついついすぐに返事を返したくなります。しかし、いつもメッセージがすぐに既読になり、すぐに返信していると女性は「この人いつも返事来るけど、暇なの?」と思ってしまいます。LINEのメッセージが来ると気になるところですが、LINEを全く見ない時間も作るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?モテる男性は小さな努力の積み重ねから出来上がっていることがご理解いただけたのではないでしょうか?ただ「格好が良い」とか、「性格が良い」とかの理由だけではなく、ちょっとした行動でモテ男になることができるのです。

彼女がいる人もいない人も仕草ひとつでこんなにも変化があるんですね。彼女のいない人は、身近にいる女性で構いません。あなたの方からモテ行動を実践すれば彼女ゲットの道もそう遠くはないはずですよ♪恋の駆け引きは恋愛においては必要不可欠な事なのですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加